« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月26日 (日)

富田茶臼山古墳

Sp12504162

山から降りてきて、近くの古墳に寄ってみた。
全国にたくさんある前方後円墳の茶臼山古墳の一つでさぬき市にある富田茶臼山古墳。
鳥居をくぐって石段を上ると…

Simg_63262

丸い広場の隅に祠があって。

Sp12504182

鳥居の奥に前方後円墳の前方の地形が見える。
先日、徳島の国見山から降りてきて歩危マートに寄った際に
茶臼で挽いた抹茶をいただいたが、前方後円墳は
その茶臼の形に似ている。

茶臼は茶の葉を挽く専用の石臼で、昔は
ソバや小麦や大豆を挽く石臼が各家庭にあったらしい。
因みにコーヒーを挽く石臼もあるらしいが、結構高価な代物。
豆などを直に挽いたものをすぐに使うので、コーヒーにかぎらず、
ソバやきな粉なども香り高く味もおいしいらしい。

2020年1月22日 (水)

よもやま話し

Simg_62692

先日、国見山の帰りに児啼き爺のいる大歩危駅に寄った。

Simg_6241-22

駅の傍には歩危マートがある。
そのお店には固い固い岩のような豆腐と、祖谷こんにゃくと
祖谷ソバとそば粉などが置いてある。
そしてもひとつ変わったものでぼけあげというのが売られている。

ぼけあげというのはお揚げのことだが、大きくて長ーい。
顔より長くて30cmくらいある。
ちなみにジャイアント馬場さんの足は16文だが、
顔の長さもたいしたもんで、そのくらいはあるんじゃないかと思う。

ぼけあげを焼いて大根おろしとねぎを載せて食べるとおいしいが、
ぼけ鍋といって、鍋に水を入れて火にかけて
ぼけあげを切ったりちぎったりして鍋に入れ
他に野菜やキノコや岩豆腐などなどをいれて
味噌か醤油で味付けして食べると、イヤー、これがおいしいのだ。


2020年1月19日 (日)

国見山

Simg_61812

晴れたそれーってなもんで、昨日、国見山へ出かけた。
ところが後山峠登山口までの車道には雪なし。
そのまま上の登山口まで走った。
なんとなんと、この時期に積雪がないとは驚いた。
車道沿いの樹木にもほとんど雪はついてなく、あじゃーという感じ。
気を取り直して登山口から登ってゆくと、ブナに霧氷が…間に合ってよかったねー。

Simg_61962

山頂直下の岩の下の祠はこんな感じ

Simg_62272

三嶺は山頂付近がなんとか白く積もっている。
眺めていると歩いた頃の懐かしさがこみあげてくる。

Simg_62122

北には遠くに薄く薄く飯野山と瀬戸大橋が見えていた。
まだまだこれから雪は降るとは思うが、なんだかすっかり春のような様子でした。

2020年1月17日 (金)

韓国風鶏手羽先の煮込み

Sdscn48262

今日の料理は黒いお皿
韓国風鶏手羽先の煮込み
手羽先の先っちょを切ってお肉がついているところを
白菜のキムチで煮込みます。

材料は…(4人分)
手羽先8本
大豆萌やし150g
白菜のキムチ200g
干し椎茸(もどして半分に切る)3枚
ねぎ(小口切り)少々
しょうが(スライス)少々
醬油 小匙1
酒 大匙1
水+しいたけのもどし汁 3カップ

作り方は簡単
鍋にすべてぶち込んでゴトゴト煮込めば出来上がり。
(※萌やしとねぎは鶏肉が柔らくなってからいれたほうがしゃきり感が保たれる)

手羽先は柔らくておいしい、コラーゲンたっぷり、美肌ですぞ。
そして大豆もやしがしゃきしゃきと歯ごたえがあります。

今日したことはこれだけ、あとは気に入った音楽をダウンロードして
聴きながら昼寝をこいてましたー。


2020年1月14日 (火)

牛の子堂山

Simg_61092

綾川町(香川県)にある牛の子堂山の三等三角点・行道。
標高418.4m、ここへ昨日登ってきた。
スマホの山アプリや地図、コンパスを持って、
電力鉄塔保線路やテープなどの施された登山道を歩いたのだが、
牛の子堂山の山頂から、隣の陣ケ峰への下りルートで
道迷いはしなかったもののハラドキもんでした~

S2_20200114211701

山頂から東への薄い踏み跡やテープの施されたルートを辿って
水の流れる小さな谷に降り、再び小さな尾根に上って…、さてここからです。
気持ちとしては②のコースをとって牛の子堂にある神社へ下りたかったのですが、
踏み跡なく藪でした。
藪を突っ切る勇気なく、一旦尾根を神社とは反対方向へ登って、
偶然に見つけた鉄塔保線路を辿って、車道に降りたのです。

地形図からは①へ下るか、②を下るかなんですが、
この山の場合は少し遠回りして③の尾根(はっきりした踏み跡とテープなどあり)を
辿って鉄塔保線路へ出るのが正しい歩き方だったようです。
山というのは、地形図だけを読んで歩けばいいっていうもんではないことを学びました。
最近の山はとんでもない藪が待ち構えているっていうことも
頭に入れて歩かないといけないということですね。

もちろんそれなりの道具を持って、藪覚悟で歩くということもありなのですが、
最近の放置された山の荒れ具合は半端ではないですね。


2020年1月12日 (日)

造田城

Simg_6018-22

昨日登った城山にはかつて造田城があったそうな。
その西側の登り口は旧首切峠にあって、
そこから山頂の西中腹に向かって伸びている四電
鉄塔保線路を辿って登るのだが、旧首切峠には
首切地蔵さんが大切に祀られている。
この首切地蔵さんは、造田城城主であった備中守造田宗俊
縁のお地蔵さんだ。

S2_20200112193401

こちらは備中守宗俊が長曾我部元親に攻められ、自害し埋葬された造田大明神社。
首切峠から東へ下った県道17号線沿いにひっそり佇んでいる。

Simg_60282

こちらは城山の北側にある曲輪の一角だが、意外と狭い。
展望は良くて、造田大明神社のある角ヶ内や高鉢山、そして
遠く五色台方面を望むことができる。

Simg_60362

そしてこちらが三角点が設えられている城山山頂。
こちらも思ったより狭くて、戦時の際の飲料水や
食料などをどのように確保したのか、乏しい頭で
推敲したが、思い浮かばなかった。
もともと、持久戦ではなく、短期決戦を想定した山城だったのだろうか。

※もともとの首切峠は旧首切峠ではなく、旧々首切峠であったらしいのだが
はっきりとはわからなかった。

2020年1月11日 (土)

城山(じょうやま)…まんのう町・綾川町境

Simg_6035-22

標高428.1m城山山頂三角点
石の上に乗っかっているのは今年の干支、ハリネズミ君

Img_6081-2

渋柿も熟れて、いまにも落ちそうになっていた。
突っついいてるのはメジロ

Sp1110155-22

今日のお昼は、近くの峠にあるそば茶屋で食べた鴨せいろと
そば団子、むっひゃっひゃっひゃー、おいしかった。


2020年1月10日 (金)

豚肉と小松菜のポン酢風味

Sdscn48222 

今日の料理のメインは左のビーフシチューではなくて
右の豚肉と小松菜のポン酢風味。
ポン酢風味というからにはポン酢をつかってるんだろう
と思いがちだが実はそうではなくて、
オレンジのしぼり汁(大匙2)と酢(大匙2)と醤油(大匙3)とごま油(小匙1)を調味したもの。

ご近所にあるカフェーレストランへ行ったところ
雑誌コーナーに「暮らしの手帖」を置いてあった。
豚肉と小松菜のポン酢風味はこれに載っていたものだ。
むかし、どれほど多くの主婦の方たちがこの本を読んで
子育てや料理をしたり、商品や生活の知恵を学んだことだろう。
私の母もこの本を読んでドーナッツを作ったり、
着物をほどいては自分で洗濯して、竹のひごのようなものでピンと張って
庭いっぱいに張り巡らして干したりしていた。

暮らしの手帖は隔月刊で、戦後から購読者多く、ながーく人気が保たれていて、
特徴は広告が一切ないという珍しい本だ。


2020年1月 8日 (水)

春の嵐?

Spc1301032

朝から酷い強風で、外は吹き荒れている。
ぐぉーっと唸ったと思うたら、窓や雨戸などががたがたゆうて、
電線がヴォービューと唸っとる。
こういう日は買い物にも行けんし、家でジッとしとるのが一番ええ。

瞬間最大風速30m~35m吹くとかテレビではゆうとった。
屋根が飛ばされへんか思うのやけど
心配してもしょうがない、なるようになれだ。
わし、徹底した無神論者なので
神よ仏よなどとお願いすることも祈ることもない。
なんせ、大晦日やお正月に混雑したお寺や神社に行くのはごめんなのだ。
ときたま行ったときなどは、ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃーと言って
一番軽い小銭を投げ入れる。
というのはウソですが、末成由美さん元気にしてるかな~。

2020年1月 6日 (月)

今日の料理

Sdscn48192


白菜と豚肉のうま煮《テキストはNHK今日の料理1月号、(左は煮込みハンバーグ)》。
中華風なのでご飯にかけて中華丼やあんあけ焼きそばにもOKという料理。

この料理の作り方のポイントはお湯たっぷりの鍋にサラダ油(大匙2)と
塩(小匙1)を入れ、白菜(1/4)や椎茸(3~4枚)、パプリカ(赤1/2個)
うずらの卵(10~12個)、かまぼこ(1/2本)を
次々と茹で、最後に片栗粉(大匙1)をまぶした豚もも肉(150g)も茹で、ざるに上げる。


次にフライパンにチキンスープ(カップ2と1/2)を入れて、かたくり粉・酒(各大匙2)
醬油(大匙1強)、オイスターソース・しょうが汁(各大匙1)、砂糖(小匙2)
ごま油(小匙1)、塩(小匙1弱)を入れて中火で煮立て
ざるに上げた材料を加えて混ぜれば出来上がり。

材料をごま油と塩入りのお湯であらかじめ茹で上げるという作業工程の
調理は初めての経験、こういう方法があるんですね。
さっぱりとした味になります。

いい勉強になりました(材料は4人分)。

2020年1月 2日 (木)

王子が岳と瀬戸大橋

Sp10200462

今日、王子が岳に登ったあと…

Sp10201362

鷲羽山を歩いた。
瀬戸大橋を真上から眺められて、景色のいいところだと
聞いていたが、初めて行くことが出来た。
感激。
ここからはこの時期、夕日が見られるらしい。
もう少し下へ行くと、真横から眺めることが出来て
走っている電車が綺麗に見える。
夕日と橋を渡る電車、想像してみた。
いいですねー。


2020年1月 1日 (水)

夕景

Sp10100012

散歩を終えて、走りに出かけようとしたら
窓の外は西に大きく傾いたお日さん。
急いでカメラを手に取り車に飛び乗る。
駐車場に車を止めて浜辺へ走って
息を切らせながら撮ったが、間に合わず、なんとなく冴えない写真になった。

Sp10100222

太陽が沈んだ後も、浜辺のあちこちで散歩を楽しまれる人たちの姿が…
2020年1月1日の夕景でした。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »