« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

コガラ(銅山越)

Spa3100992

今日は天気がよくて、いろんな鳥が梢の上を飛び交うが
姿が見えなくて撮影するところまでいかない。
銅山越から東山へ登ったところで、松の木が賑わしく
松の実をついばんではしきりと行き交いしている小鳥がいる。

遠目には白っぽくて尾が長く見えたのでエナガかなと思った。
チチッツーツージジー
2~3種類の小鳥がいるのかなと思ったが、違った。
これは一種類だけの小鳥の鳴き声だったようで、
帰宅後写真をアップしてみるとコガラでした。
シジュウカラやヒガラにはよく出合ってるのですが、コガラは初めて。
今日はラッキーな山歩きでした。



2019年10月30日 (水)

オオバン

Spa2900172

川下を自転車でひょこひょこ走っていると
葦の中で黒っぽい鳥が動いている。
鵜かなと思ったのだが、嘴のあたりが白いのでバンだと思った。
写して引き寄せてみると間違いなくオオバン。

この鳥は一年中見かけることもあるがその数はわずかで
ほとんどは夏になると北海道へ飛び立ってしまう。
香川ではあちこちの河川や池でちょくちょく見かけるのだが
近年数を減らしているらしくて絶滅が心配されているとのこと。

20060605_blaesshuhn

ネットで写真を拝借しましたが、
オオバンの脚はこんな形をしていて、ちょっと見にも
へーってな感じだ。
一度見てみたいのだが、残念ながら泳いでる姿かもしくは
脚が水の中に浸かってるところしかお目にかかったことがない。




2019年10月29日 (火)

夕日

Pa290024

朝には雨だったが、その後晴れて青空が広がった。
これは行かねばなるまい
夕方にカメラを持って、荘内半島のサンビーチへ出かけた。

浜辺に降りて三脚をセットしたが、いまいちうまくいかない。
ええーいこてだ、どうだ、いや間違った、めんどう、手持ちで撮影だ。

ぐふふふ、うまい具合に西の空は焼けてきたぞ。
先ずはこてだめし、いや間違った腕試しに沖を走る船をパシャリ。
これでは定番過ぎていかんのー。
夕日が沈むのを待つのだぞ。

Pa290048 

3分待って撮った。
出来具合はどうじゃ。
うまい!
やっぱ金ちゃんラーメンじゃのー。
違うっつーんじゃ!

地平線に分厚い雲が覆い被さりピンク色の太陽になってしまった。
なんだかなー、だるま夕日にはほど遠い。
がっくし!





2019年10月28日 (月)

矢筈山(徳島県)

Simg_52032 

日曜日、午後から晴れ間が出るというので矢筈山を歩いてきた。
香川から猪ノ鼻と桟敷峠を越え、紅葉真っ盛りの深淵川をくねくねと
遡り、標高1520mの落合峠にある登山口へ。

朝方は山にはガスが湧き
落合峠から見える三嶺や烏帽子山方向の稜線は真っ白
12時前に山頂に到着したが、まだ晴れず景色はダメ
諦めて下山しだした頃に、青空が広がり、太陽が山肌を照らしてくれた。
天気予報どおりに晴れ、しばし紅葉を満喫。
日が照りつけると暑くて汗が滲みましたが
来てよかった、そんな一日でした。

2019年10月26日 (土)

な~んだー

Spa2600012

川面を草陰から白っぽい鳥が…
それっ!
急いでカメラを手元に手繰り寄せパシャリ!
画像を引き寄せてみると、カルガモでした。
ガックリ

この鳥はこちら四国では北の方から移動してくるため
あちこちでたくさん見かけるようになるのだが
基本的には留鳥で一年中見ることが出来る
しかし、夏には数は少ない。
11月に入ると川下あたりでグンと数を増してくるでしょう。

仁尾の父母ヶ浜ではカモメが群れてるのを
見ましたので、いよいよこれからが冬鳥の到来
楽しみな季節になってきました。



2019年10月25日 (金)

クロコノマチョウ

Simg_5112-22 

ジャノメ科のクロコノマチョウを見つけることが出来た。
このチョウ、日中はほとんど飛ぶことをせず
枯れ草や落ち葉の間で息を潜めている。
腐食し始めた落ち葉と同じ色合いのこの羽、ほとんど見分けがつかない。
うまい具合に運んだ靴が潜めていた落ち葉のすぐ傍を
踏んづけたらしくて、驚いたこのチョウが飛び立ったのです。
そして、次の隠れ場所に止まったのを確認してパチリ
レンズを向けたときもカメラから何度も目を離し
直接目視で確認しないとすぐに分からなくなるほどだった。
ラッキーラッキー!

今日は昨日から降り続いていた雨が午前中に止み
秋晴れのいい天気でした。
紅葉はだいぶ降りてきているようで
標高1600m前後の辺りが楽しみな感じです。


2019年10月24日 (木)

筋肉痛

Simg_51312

昨日、広域基幹林道五郷財田線沿いの登山口から
中蓮寺峰へ登った。
過去に2度ほど歩いたことがあるが10年以上も前のこと
もみじ橋という大きな楓のある橋があるが
そこから山頂までの間の四国の道は
土の流れ止めとして作った丸太の階段になっている
距離はおおよそ900m、標高差400m
ここを往復してまだ青い葉の楓を見上げたときには
足の筋肉が小刻みにプルプル震えていた。

帰宅後、お風呂に長めに浸かり
疲れをとったのだが、翌日は筋肉が張ってかったるかった。
金比羅さんの階段数が、本宮までが785段、まあそれほどでもない。
しかし、奥社まで上ると1368段
ここを往復するとやっぱり筋肉がプルプルする
段数は金比羅さんの方が多いが、足への負担度合いは変わらないような
気がするがどうだろう。
足を鍛えたい方には打って付けの山だ。


2019年10月23日 (水)

いがぐり

Simg_51582

野鳥を撮りに阿讃山脈の中蓮寺峰を歩いてきた。
カケスやヤマガラなど姿は見かけるのだが
撮るところまでいかない。
メジロの大群がわーっと押しかけてきたが
わーっと言いながら去って行った。

撮れたのは道に落ちている栗の殻ばかりで
中身はイノシシが全部平らげていた。
ここのイノシシはでっぷり肥え太って
牡丹鍋にするとさぞかしおいしいだろうに。

 

2019年10月22日 (火)

ちきちきちきー

Spa2200192

今日は快晴、散歩に出かけると
電線でけたたましく鳴くのはモズ
そしてヒヨドリが梢でヒーヨヒーヨ
モズはこのあとさっと逃げていった
ヒヨドリもそーっと近寄って行った
木の下でジッとチャンスを伺ったが簡単には撮らせてくれない
あの間欠羽ばたきの独特の飛び方で逃げていった。


Spa2200062

その点タテハチョウはジッとしてくれてるので撮りやすい。
これはキタテハ、羽根の表は黄色地に黒い斑点
裏羽は茶色っぽい模様に小さな白班
判りやすい。

キャッシュレスカードでポイントを3000点ゲットした。
このポイントは期間限定で、その間に使わないと一か月後には消滅する。
とりあえず、やったー、急げ。

2019年10月21日 (月)

トリカブト

Spa0101232

久しぶりに炊き込みご飯を作った。
炊き込みといえば、まったけ
そんな贅沢なものはようしない
家計はエンゲル係数90%だ
消費税が10%になってからというものは
ただいまのところの支出は軽減税率商品オンリー
いつ10%のものを買うことになるか。

で、炊き込みの具材は
牛蒡、干し椎茸、にんじん、お揚げ
そしてメインにさつま芋にしようかそれとも…
時季のものではないが牡蠣にした
さつま芋が美味しい季節なのだが、うーん

副食には、里芋が店頭に並び出したので
里芋と手羽先の甘辛煮

ところが料理が下手糞で
里芋がほくほくっと仕上がらず
ごりごり
あ~あ~、やっぱりな、やってしまった。
煮立てる前に、チンしておけばよかったと、後悔先に立たず。


2019年10月19日 (土)

真言

Simg_50712 

おん ばざら たらま きりく
おん しゃれい そんでい そわか
おん ばらだ はんど めいうん
おん まきゃろ にきゃ そわか
おん あろりきや そわか

さぬきの三谷寺にはミニ三十三観音霊場巡りの道があって
お地蔵さんが並んでいる

大日如来さんのことを おん ばざらだとばん と言う。
こんな具合にお地蔵さんの傍らには説明板が立てられているのだが
一つ覚えるのに10回ほど繰り返し唱え
次のお地蔵さんでも10回唱えると、前のものはすっかり
忘れてしまって、いつまで経っても覚えられない。

この ぼろのうみそ どうすりゃいいの
こういうのだったら1回で覚えられるのだが
あきません。
たぶん、365回巡って唱えても覚えられないに違いない。
まあ、癪に障るのだが仕方ない。
諦めてます。

Simg_50722


 

 

2019年10月18日 (金)

カマツカの実

Simg_50982

別名 ウシコロシ という名がつけられているくらいに
硬くて強靭な木で、牛が誤って角を木の幹や枝に絡ませてしまうと
そこから抜け出せなくなってしまう。

春には葉の縁が少し赤い新葉が出て、やがて白い小さな花が
モコモコっと咲き、秋になると葉は紅葉する。
赤くなる木と黄色くなる木とがあるらしいのだが
残念ながらまだ見たことはない。
実はやがて真っ赤に熟し、メジロやツグミなど鳥に食べられる。

3日前に荘内半島の妙見山ー博智山のときに野鳥狙いのため
望遠レンズを持ち歩いたが今日の城山にも持参。
んがーっ!両日とも空振り。
ただただヒヨドリが騒がしいだけだった。


2019年10月15日 (火)

カマキリ

Simg_5040-22

ジーッとジョロウグモを見つめるカマキリ
このあと自慢のカマでさっとジョロウグモを捕らえて
口元へ持っていった
そのまま食べてしまうのかと思ったが
次の瞬間には放り投げてしまった
お気に召さなかったようだ

消費税増税の10月1日以後、ポイントオタクになってしまった
どこへ行ってもこのお店はポイントがいくら付く
頭の中で計算して、品物を買ったあとレシートでポイント獲得点数を
確認している
あーあ、なんとみみっちくてセコイのじゃ
こんな人間ではなかった、元のおれに返してくれー




2019年10月12日 (土)

ノブドウ

Simg_4992-22

ケタミン、この薬は動物用の薬で
飲むとケタケタケタと笑う…うそです。
麻酔薬として活用されているのだが、変った性質があって
大脳皮質に作用し、悪夢や幻覚を見るらしい

人が飲むとどうなるかといえば体外離脱や臨死体験が得られる
体外離脱といえばそうです、体外離脱です
あたかも自分の躰から離れてゆき、上から自分の体を眺めたり
他人の部屋に壁をすり抜けて入ってゆき
ベッドに横たわっている人物を眺めたりするあれなのだ

臨死体験というのは
同じく死んでしまった自分を別のところから眺めたり
自分の葬式を経験したりもする
また三途の川を渡って、対岸に咲く花を見たり
亡くなってしまった知人や親や親せきと対面したりする

私の母も亡くなる少し前に、夢をみたといっては
同じような話をしていた
どうやら脳内ホルモンの何らかの作用でケタミンと同様に
そういう夢を見させてくれているのかもしれない
不思議なことだ




2019年10月11日 (金)

ツチガエル?

Spa0101362

尾瀬はトンボもたくさん棲んでいるがカエルもたくさんいる
緑色をしたモリアオガエルやイボイボで眼がグッと突き出たアズマヒキガエル
カジカガエルにヤマアカガエル、そしてタゴガエル
雪解けが始まった頃の池塘にはあのにょろにょろっとした
ゼリー状の長い卵がぷかぷか
初夏の夜には大合唱が聞こえるそうだ
湿原てなんだかいいですねー

 

2019年10月10日 (木)

イトトンボ

Spa0102132

尾瀬には池塘がたくさんあって、水生動物がたくさん棲んでいる
イモリ池っていう池があるようにイモリはもちろん
サンショウウオやモリアオガエルやホタルもいる

しかし、なんといっても日本でも有数の生息地と知られているのは
トンボたちでおおよそその数は34種と云われている

シオカラトンボ、アキアカネ、ルリボシヤンマ、ハッチョウトンボなどなど
この日もたくさん飛んでましたが、撮れたのは
ジッと止まっているイトトンボだけでした
たぶん、クロイトトンボだと思われるが、はっきりしない

イトトンボもたくさんの種類がいてるらしくて
他にはルリイトトンボ、エゾイトトンボ、アオイトトンボ
オゼイトトンボなどなど
もう、トンボの大宝庫ですね

40~50年ほど昔だろうか、尾瀬ヶ原の環境が深刻になった時期があった
どっと人が押しかけ、生活排水などが湿原を汚染しはじめたのだ
その後、規制がかかり汚染は止まった
おかげできれいな環境が保たれ、今日に至っている




2019年10月 8日 (火)

水鳥

Sp93000352 

尾瀬にはウやカイツブリの仲間などたくさんの水鳥が棲んでいる

Spa0100992


こちらはヒドリガモかもしくはメジロガモ
望遠レンズをリュックに入れてはいるのだが
取り出して付け替えるのがどうも億劫だ
一人で歩いているときはいいのだが、
一緒に歩いている人がいるとできない

Spa0102212


こちらはカルガモ
夫婦だろうか仲良く泳いでいた
水面にはヒツジグサかもしくはオゼコウホネと思われる水連の仲間が浮かんでいる
オゼコウホネは夏になると黄色い花をつけるが
白い花のヒツジグサは花期が長く、6月から11月まで咲くようだ
10月のこの時期に花が見られないということは
オゼコウホネの葉の可能性が高いようです


2019年10月 7日 (月)

朝靄

Spa0100582

尾瀬では霧や靄がよく立つ
1日2日の二日とも湿原に霧が湧いた
尾瀬で霧といえば白い虹(flogbow)が有名だが
見ることができるのは春から初夏にかけて
秋は残念ながら見ることは適わないようだ

普通の虹(レインボウ)も白い虹(フロッグボウ)もブロッケンも
理屈は同じ原理だそうで
太陽を背にして前方が雨ならレインボウ、霧ならフロッグボウ、
靄ならブロッケン現象が起きるというわけだ
条件は太陽側が晴れていて、高さが40度あたりで
その反対側には雨か霧か靄によって
起きる現象が異なる

雨のように水滴の粒が大きいと光の屈折によって
色がよりシャープに見えて
それより小さいとぼやけて白く見え
靄のように細かいと光が回析してブロッケンになる
春や初夏に見ることが出来て、秋には見られないというのは
太陽の高さの問題だそうで、霧が発生しても
太陽の位置が低い秋では発生しないということだそうで 
太陽が40度の位置に昇った頃には霧は終わっているのだ

分かったような分からないような、なんとも不思議な現象です
見てみたいものですね


2019年10月 6日 (日)

池塘

Spa0102112

尾瀬ヶ原の池塘にはオゼコウホネやヒツジグサなどの花が咲くが
木道脇に一か所湧水がでるところがあって
そこには小魚が泳いでいた
調べてみるとアブラハヤという魚で食べられるらしいが
清流に棲む魚で数を次第に減らしているようだ

四国路はあちこちで秋まつり
獅子のお囃子や太鼓の音が聞こえてくる
神輿も賑わしく
この季節になると町ですれ違う若者に活気が漲り
威勢がいいのだが
祭りが終わるととたんに静かになってしまうのが寂しい


2019年10月 5日 (土)

ダケカンバとシラカバ

Spa0101482

尾瀬に行くとダケカンバとシラカバの両方の木を
見ることが出来る
葉や樹の高さ、形もよく似ているのでパッと見には
間違えやすいが
二つの点で見分けがつく
一つは木の肌色で、ダケカンバは艶があってちょっぴり茶色い
そして木の皮が薄く剥がれてゆく
それに比べ白樺は皮が剥がれることもなく
ペンキを塗ったように白い
ただし、若い木はダケカンバの木の皮は剥がれていない

二つ目の違いは白樺の木の幹は全体的に白いのだが
ところどころが黒いハの字になっている

上の写真は真ん中の雪の重みで歪んだ木が白樺で
左右の木がダケカンバだ

ついでに白樺の木を青空を背景に撮ったのが下の写真だ

Spa0101612

幹が真っ白だが、ところどころに黒い模様が入っているのがわかる
ダケカンバにはこれがない

2019年10月 4日 (金)

尾瀬ヶ原草紅葉

Spa0102062
         <後方に至仏山>

今年は熊の目撃情報が多い
噂では、昨年山での食べ物が多かったらしくて
そのせいで熊たちは栄養が行き届き、小熊がたくさん産まれたそうだ
そこへもってきて今年は山での食べ物が不足しているとのこと
したがって餌をもとめて麓へ降りてきているそうな

おもな食料は春はタケノコや水芭蕉の花や新芽など
秋はブナやミズナラなどの実を食べる
熊の食事時間帯は朝は5時から9時頃、夕方は4時から7時頃
場所は食べ物の豊富な山裾や川岸などの林の中

尾瀬における熊の目撃情報はおおよそ年間平均100件弱
ということは尾瀬では、熊は当たり前のように棲息しているということのようだ

尾瀬の山荘スタッフの方のお話では
今年は特に多く、スタッフの方ご自身がすでに10件ほど
目撃したとのこと
また、なぜか熊は木道にうんちをするらしい
ふんふん、糞があればご用心

木道では熊以外にもウンチをする動物がたくさんいる
テンやイタチやオコジョなど
こちらは熊と違って、小さくてかわいいのだ




2019年10月 3日 (木)

熊棚

Sp93000122
                       <熊避けの鐘>
大清水から入り、尾瀬沼へと歩いた。
車道歩きはイヤだなと思って、旧道へ入ったところ
道の傍には熊避けの鐘があって、鐘を叩く金槌がぶら下げられている
カンカンカーンと三つほど叩いた

Sp93000052
               <熊棚>
すると、道にはミズナラだろうか、折れた枝がポロポロ落ちている
切ったものではなく折れたものだ
なかにはドングリの実の付いた枝もある
おかしいなー、これはひょっとしてと思って上を見上げると
幹の上の方の又になった枝には折られた枝が
たくさん積み重ねられている
あらららー、噂に聞いていた熊棚じゃない
初めて見た
あんなに高くて細い枝のところに人がわざわざ折った枝を重ねるはずがない
熊はドングリの付いた細い枝を手元に引き寄せ
折って、実を食べたあと
その枝を体の近くの枝に引っ掛け、積み重ねる習性がある
そのとき、たまたま地面に落としてしまう枝もあるので
歩いていて、すぐにそれとなく解かるというわけだ


« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »