« イヨノミツバイワガサ | トップページ | ナミハナアブ »

2019年7月12日 (金)

雲辺寺山

Simg_49532

久しぶりの梅雨間の晴れ、新しく買い
床の間に飾っていた登山靴を履いて遍路道を歩いた
登り始めると林の中からクマゼミの鳴き声が聞こえてきた
聴くのは今年お初、その鳴き声は人によってワシャワシャと聞こえたり
シャーシャーと鳴いたり、いろいろだが、わたしにはゼッゼゼッゼと聞こえる
まだ数は少ないようでほとんど一匹だけのよう
大合唱が始まるのはこれからだが、明日からまた雨が続くので
梅雨明け(?)の21日ごろかな??
暑くて喧騒な猛暑がほんそこまでやってきている

Simg_49422

山頂付近はミヤコワスレが終わり、紫陽花が満開を迎えている
ギボウシは一部の種類がぽちぽち咲いているが
一面に咲く時期は8月になる

Simg_49512

久しぶりの日差しを浴びて眩しそうな五百羅漢さんだが
風は涼しくて、気温は22~3度くらいだろうか

この山にはサンコウチョウがいるらしい
鳴き声は ツキ ヒ ホシ ホイホイホイホイ
センダイムシクイもいるらしい
ショウチュウイッパイグイーと鳴くらしいのだが
よくわからない

新しい靴はしっくりと足に馴染んで、縦ずれ横ずれなくぴったしかんでした 


« イヨノミツバイワガサ | トップページ | ナミハナアブ »

コメント

むらくもさん こんにちは~
雲辺寺まだ行ったことないです。一度行かなくてはと思っている所です。
新しい靴の履き心地は良かったですか。
私も靴底張替えをどうしようかと思っている所です。
また雨が降り出しました。

昨日は石鎚へ行って来ました。
梅雨の晴れ間の天気予報を信じ行って来ました。
目的はササユリとシコクイチゲ、天狗を撮る事。目的達成できました。
普段の日だったので人が少なくゆったりできました。
景色も良かったです。

洗濯が済んだらアオバズクを見に行く予定だったのですが。。。
4ヶ所いる所が分かりました。
まだ雛をみていません。今年は遅いようです・

こんにちは
よく降りますねー
昨日、新しい登山靴の試し履きしといてよかったー
しばらく雨なのでこんどはいつ歩けるかわからない。
しかし、こんなにも雨が降る梅雨は珍しいそうです。
気象庁は21日にも梅雨が明けそうなことをちらっと言ってたような気がしたのですが
どうなるのやら、先が読めずトホホ状態です。
ソールの張替え時期って結構難しくて、迷ってしまいます。
わたしもこの半年ほどずっと粘着テープをザックに入れて歩いてました。
歩いている最中に剥がれたら目も当てられませんもんね。
以前に薬師岳へ行ったときに、佐渡島から来られたご夫婦の奥さんが太郎平でソールが剥がれてしまい、薬師岳は諦め、下山してしまいました。
小屋のスタッフの方に頼んで応急処置をしてもらったのですが、長く歩くにはムリなようでした。
旦那さんは仕方ないと言いながらもやっぱり渋い顔してましたし、本人も気まずそうな顔をしてましたわ。
出合直しますわ、なんて言いながらトボトボと下りてゆきました。
靴は張替えができるものがいいようですね。
なんといっても、靴が足に合うかどうかなんていう心配をしなくていいので安心です。
シコクイチゲ咲いてましたか
この花は清楚でいいですねー
大好きな花の一つです
ミヤマダイコンソウは咲いてなかったですか?
4か所も、楽しみですね。
わたしはまだフクロウを見つけられてないです。

再度、お邪魔します。
今晩は~
石鎚ではミヤマダイコンソウ沢山咲いてましたよ。
ユキワリソウも少し咲き残りがありました。
有料トイレの下にミソガワソウが少し咲き始めてました。
ヤマアジサイ・コメツツジ・カラマツソウ・アカショウマ・ヒメレンゲ・ヒメキリンソウ・
ツルアジサイ・イシヅチボウフウ・イシヅチミズキ・ヒメシャラ・スズムシソウなど咲いてました。
名前が違っているのがあるかもです(^^;
これからまだまだいろいろな花が咲きだしそうです。下旬に行ければいいのですが。。。
アオバズクは一ヶ所巣立ちし雛は2羽見ています。
よく行っている所がまだなので勘違いしてました。

こんばんはー
ひえー、高山植物に詳しいですねー
ヒメレンゲとかショウマ系なんて何度見てもさっぱり見分けがつきません。
ボウフウ系もあきません
スズムシソウってどんな花なんやろ、頭の中パッパラパーです。
ミヤマダイコンソウはわかるんですよ
黄色くて綺麗ですよね
これも好きな花です
そうなんですよね、次の週末も雨模様だし、この様子だと梅雨明けは月末近くになるんでしょうか
頭が金槌で殴られたような、がんがーん、しばらく山に行けそうにないのでショックですわ。
アオバズク、ポッポー、鳴き声だけでもいいから聞きたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イヨノミツバイワガサ | トップページ | ナミハナアブ »