« 紫陽花 | トップページ | アメンボ »

2019年6月 5日 (水)

本篠城跡

Sp60500262 
<水田の奥に聳える城山>
財田町にある南北朝時代に建てられたとする本篠城のあった山を歩いてみた。
昔、ここで二度の大きな戦いがあったとされている。

Sp60500292

山裾に石碑のあるそのすぐ左横が登山口で、薄い踏み跡とテープが山頂へと続いている。

Sp60500412 

標高おおよそ200mの城があった山頂は南北に平らで山桜の木がある。
山頂に至るまでに空堀があったり、さらに山頂から南に下ったところにもそれが確認できた。

Sp60500472

同じ道を引き返し下山、その後待ちの段岸下にある城主常久の墓地を訪ねた。
戦国時代、5,000騎もの長曾我部軍に攻められた財田常久はわずか200騎余りで戦い
この地で討ち死にしたといわれている。

Sp60500522

時代は遡るが、南北朝時代には財田義宗が北朝軍と戦ったが、1337年落城。
その墓地が城から1kmほど北西にある山裾にあって、
静かに佇んでいた。
傍には義宗桜があるが、昨今枯れてきており、少し侘しい姿だった。

S2

本篠は香川用水記念公園の東側にある。
公園では花菖蒲が綺麗に咲いていた。

Sp60500082







« 紫陽花 | トップページ | アメンボ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫陽花 | トップページ | アメンボ »