« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

柘榴の花

Sp52900272

ただいまより認知症テストを行います。
はい、今日の年月日と曜日を言ってください。
〇年〇月〇日〇曜日でーす。
あなたの奥さんのお名前は?
だれそれだれ子でーす。
あいや、間違った、それは違う人です。



あなたはここへは二度と来なくてよろしいですよ。

じいちゃん、デイサービスのカラオケで米津元帥のlemonを聴いて
それを真似て歌ったらしい。
すごい(@_@)
やるなー、わし負けてるわ。

2019年5月29日 (水)

ナナホシテントウムシ

Sp52800102

昨日は雨がよく降った。
今日は晴れたが、梅雨が近づいているのか空がすっきりしない。
それでも空気はカラッとしていて、遠くの山がよく見えていて
荘内半島からは東赤石や西赤石までくっきり。
石鎚山も見える日が多いが、白く霞んでいる。

川崎市で痛ましい事件が起きた。
小学生一人と外務省職員の大人一人が死亡し、子どもたち17人が重軽傷を負わされた。
18年前にも大阪の池田小学校で8人が殺され、15名が重軽傷を負った事件があったが
秋葉原無差別殺傷事件といい、このところ信じられないような陰惨な事件が起きている。
昔は身代金誘拐事件だとか、銀行襲撃事件とかは目的がはっきりしていた。
オウム真理教による地下鉄サリン事件にしても目的はテロで政治的なものが背景にある。
金でもなく、政治的なものでもなく、ただ単に社会への恨みのようなものが凶悪犯罪へと駆り立てている。

恨みを増幅させたり、もしくは厭世と自己嫌悪が自殺を企てたりしているのだが。
一つの共通点が浮かび上がる。
それはいずれの犯人も社会から孤立し、地域でのつながりが極めて希薄な点だ。
おかしくすると家族関係も壊れていたりする。

隣に誰が住んでいるのかさえわからない。
もしくはわかっていても、つながりもなく会話もない。
孤独で歪な人間関係が、目的のない凶悪犯罪を生み出してるのかもと思ってしまったが、
なぜそういう社会になってしまっているのか、その原因はさまざまあるだろう。
そこのところを解決しないと、この種の犯罪はなくならないような気がしている。
それにしても、アメリカにおける学校などでの銃乱射事件と
使用する武器は違っていても、よく似ていてそっくりなのには驚かされる。






2019年5月27日 (月)

貨物列車

Sp42700112 

朝起きると、家の周りで雀が賑やかに鳴く。
散歩に出かけると、ウグィスが喧しい。
いつものところでホーホチチョと鳴くウグィスが一羽いたが、
今日は違った。
ホーホケキョとまともに鳴くウグィスに混じって、
ホーホチチョと鳴くウグィスがあちこちから聞こえてくる。
ホチチョの子どもが出来たのか、それとも伝染したのか
わからないが、増えている。

ホオジロが鳴き、雲雀が鳴き、雉が鳴き、
燕が飛び、シジミや蝶々が舞う。
小さな命に圧倒され、胸がドキドキする。
何が沢尻エリカだ。
もう、この歳になるとそんなのはどうでもよくなる。

2019年5月24日 (金)

暑ーい!

Sp42700042

まだ5月だというのに、気候はもう7月下旬の気温だ。
こうも暑いと夜はタオルケット一枚で寝られるが、
体がついていけず、怠くていけない。
先日などは風邪を引いてしまい、2日ほど寝込んでしまった。
野鳥もなんとなく気怠そうにして飛んでいる。

最近の義父は、認知症が一段と進んだのか
冷蔵庫から冷えたビールをとりだして、そのままレンジでチンして呑んだそうだ。
うまくなかったのか、半分ほど空けて残していたとか。
どんな味なのか試してみようとは思わないが
ビールはやっぱり冷たい方がおいしいよな。
いつのまにか、冷麺や冷やし素麺がおいしい季節になりました。

2019年5月23日 (木)

桑の実

Sp52300042

ジョギングの帰り道、濃い暗紫色の鳥の糞がたくさん落ちていた。
上を見上げると木の枝に赤やオレンジや黒いつぶつぶの実がびっしりついている。
艶々した葉の形を見て桑の木だということがすぐにわかった。
鳥フンに混じって、黒く熟した実もたくさん落ちている。
なるほど、鳥たちが騒がしいはずだ。
別名マルベリー、ブルーベリーやラズベリーと同じく
栄養が豊富でビタミンC、カルシウム、カリウム、フラボノイドが含まれていて
活性酸素が体内から除去される効能を持っている。

一粒食べてみた。
香りはほとんどないがほんのり甘い。
野生のもなのでこの程度だが、家庭菜園用に品種改良したものは
糖度が25度もあるそうだ。

畑にたくさん植えて、マルベリー果樹園を造って
ジャム販売、いけるかもなどと思ってたら、通販で売っているそうだ。

昔、蚕を飼っている農家では桑畑があちこちにあったそうで、
妻の実家は桑に因んだ地名。
しかし、妻は桑の木は知らないとのことなので、蚕を飼ってたのは
かなり昔のことなんだろう。
その頃の子どもたちは歯を真黒にして
桑の実を食べていたのではないだろうかと想像した。


2019年5月21日 (火)

カルガモ

Sp42700132 

先日起きた大津市での右折車と衝突し、保育園児を死亡させた事故は衝撃だったが、
その後、全国でその地方特有の交通ルールみたいなものがあって、
もちろん違反なのだが、松本走りといって、直進車無視の右折が、あたり前のように
横行しているとか、徳島の黄走りといって、信号が黄色になると猛ダッシュで
交差点を突っ走るケースなどがあるという。
愛媛では伊予の早曲がりの場合は右折車が対向の直進車よりも
先に右折するというルールで、
これはわたしも愛媛を走っていて目撃しました。
前方の信号が赤だのに、突っ走って右折するのです。
一瞬危ないと思ったが、するりと走り去っていった。
香川でも踏切で停止せずそのまま走り抜けるというルールがあるという風に
テレビは報道していたが、こちら西讃ではあまりみかけない。
むしろ、黄信号になって止まる余裕があるのに止まらず交差点を突っ走る車の
なんと多いことか、右折しようとして待っている車はいつまでも曲がれず
左右のレーンが青になってやっと曲がれるという危ない局面に遭遇したりする。
また、横断歩道で歩行者が渡ろうとしているのに、
車は止まろうとしないというのがほとんどだ。

わたし、自転車で走っていて、徳島の黄走りどころか、赤走りする車に
おおかた撥ねられそうになった。
信号が緑に変わったので、横断歩道を自転車で渡ろうとしたところ
同じく車道側で同じ方向に走る大型トラックのクラクションがパッパラパッパラと鳴った。
すると突然に疾走する車が目の前1m半ほどのところを走り抜けて行った。
車の進行方向は赤。
あっと驚く為五郎、目が点になってしまいました。
運転手の顔を見たかったが、一瞬の出来事で適わず。
ほんま、おとろしくてゾッとしたがー。

車は凶器だ。
気を付けよう。

2019年5月14日 (火)

こんな山あったかなー?

Sp50500152 

陽が傾く頃になると、おいしい肴をつまみにして酒を呑み、
道歩く若い女をみかけると、よーよーねえちゃんよ、
今日は何色のパンツ穿いてんの、うひゃひゃひゃーピンクかよ。
なーんてヒヒジジイが満面の笑みであたりかまわず声を掛ける。
1000%、イヤな顔をされる。
何が悪い、迷惑などおかまいなし、
そうやって日が暮れてゆくその一瞬が幸せなのだ。
ジジイはそれでいい、ババアはどうなのだ。
男好きなエロババアいるのである。
若い男が好きで何が悪いというババアはたしかにいる。
しかし、誰にも相手にされない。
その点ではヒヒジジイも同じ扱いだ。
なーんでか。
第一、顔も手足も皴もぐれなのだ。
髪の毛も黴みたいになっていて、なんとも臭い立っているのだ。
椅子から立ち上がったその瞬間に、なにをするか忘れてしまって呆然としているのだ。
それでも若い女を見ると声を掛ける。
若い男を見ると媚を売る。
いっそのこと、ジジババ同盟をつくればいいのだが、
そうは問屋が卸さない。
そんなジジババも一応ささやかなプライドを持っている。
お互いの顔を見合わせて、ああはなりたくないと思っているのだ。

2019年5月13日 (月)

ケチ臭いジジイ

Sp41800232 

気温がぐんぐん上昇、車の中はサウナ、窓を全開にして走る。
今日は一年ぶりに銀行の窓口へ、毎年納める自動車税を払い込みに。
銀行って、そのくらいの用事しかない。
その他の用事も含めて2カ所行った。
片や、空いていてお客さんはわたしだけ、窓口の人は椅子に座って仕事をしている。
片や混んでいて、整理券を握ってソファーに腰掛けて待つ。
ATMがたくさんあるコーナーも順番待ちで次々とお客さんがやってくる。
窓口は6か所あるのだが、3か所の窓口の方は椅子に座って受け付けているが、
あと3か所の窓口係の方は立てって受付をし作業をしている。
この違いはなんだろうと思ったが、混雑しているので
訊く勇気なく、理由はわからない。
しかし、食事時間以外は立ちっぱなしでそこから離れることなく作業をこなすって大変だ。
仕事を終えて帰宅したときにはクタクタだろうに、足も相当に浮腫むんじゃないだろうか。
仕事って大変だ、頭が下がります。
ところでキャッシュカードを紛失してしまったので、再発行してもらおうとしたところ
料金が1080円いるとのこと。
止めた。
通帳と判子を握って、窓口で出し入れします。
わたしは相当なケチなのであります。

2019年5月12日 (日)

コンロンソウ

Sp51100082

山に行くと車道の辺地にたくさん咲いている。
ちょうど蝶々がやってきたので一枚撮影。
タネツケバナの仲間で、田植えをするこの時期になると
あちこちで花を咲かせるらしい。

田や畑ではかたや田んぼに水が引き込まれ、
かたや黄金色に麦が実る。
そんなさぬき路を金剛杖をついたお遍路さんが次から次へと歩く。
わいわいと賑やかに団体で歩くお遍路さんがいれば
一人で黙々と歩くお遍路さんもいる。
どちらがいいのかは人それぞれで、自由と孤独は引き換えだ。

そういえば、ときどきお遍路道の傍らには
ひっそりと佇むようにして立てられたお地蔵さんがある。
道しるべとかそういうものではない。
亡くなられたお遍路さんのものだ。
お遍路さんは白衣を着て歩くが、そういう深い意味があってのことで、
覚悟の歩き旅だったようだ。
しかし、それも昔のこと
いまも白衣こそ身につけて歩くが、悲壮感はなく、むしろ楽しんで歩いている。

2019年5月10日 (金)

邪鬼Ⅱ

Sp40400152

ニュースなどを観ていてときどき思うことがある。
特にスポーツなんかは、やれどこそこのチームが勝っただの負けただの、
やれ、贔屓のお相撲さんが勝って優勝に王手だの、負けて大関陥落だの。
やれ中国とアメリカが貿易摩擦を起こして
関税を25%に上げただの、株が暴落しただの。
どこそこの官僚がストーカーして、盗撮しただの逮捕されただの。
やれ北朝鮮が国連決議違反をしてミサイルを放っただの。
だからどうしたのだ、なんだというのだ。
年をとって、もう、なんも興味が湧かないのだ。
いったい何しにこの世に生まれて来たのか、
実はさしたる用などがあって生まれてきたわけではないのだ。
本当はみんな、解っているくせに、なんだかんだと理屈をこねて生まれてきた理由を
もっともらしくこねくっている。
ただただ、子どもを産んで育てるためだけに生まれてきた。
次の世代を残すために、それだけのことだ。
なんのことはない。

2019年5月 9日 (木)

邪鬼

Sp40400162

人はいい気なもので、誰がどう見ても
恥ずかしいことをいっぱいしてきたのに
そんなことすっかり棚に上げるか忘れてしまって
最期には「私、幸せだ、いい人生過ごしてるよ」
などと本気で思っているのだ。
まあ、誰しもそんなもんでしょう。
だからこそ、のほほんとして生きていられるのさね。
思いっきり、忘れちゃえ、楽しいよ。

2019年5月 8日 (水)

ナベワリ

Sp50800102

今日もカメラを持って、山へ野鳥の撮影に出かけた。
収穫はゼロ、ダメだこりゃ。
この季節、たくさんの鳥が鳴いている。
しかし、逃げられてばかりで撮ることが出来ない。
とにかくこちらが動いている限りは察知され逃げられてダメなのだ。
テントを張って、隙間から狙うしかないのではないか。

代わりに、こんなものがあった。
ナベワリという野草で、にょにょっと伸びた赤い茎、
葉の下に目立たない緑色した小さな花が咲く。

茎の背丈は3~50cmほど
5枚ほどの互生した卵状楕円形の3〜8cmほどの葉が茎上部につき
花柄4cmほどの先っちょに1cmあるかないかの小さな花が垂れている。
花の中央に赤黄色の葯がついている。
下から覗くとよく見えるのだが、残念ながら望遠レンズしか持っておらず
横から撮るのが精一杯だった。

2019年5月 7日 (火)

すずめ

Sp50100372

猫や犬の寿命は、自然界で生きる野良ですと5年ほど、
しかし、飼われている犬猫ですと、種類にもよるがだいたいその3倍ほど生きる。
長寿なものだと20年は生きるので、自然界より4倍の寿命だ。

雀も同じく、自然界での寿命は2年にも満たないらしいのだが、
飼ってる雀だと15年は生きるらしい。
雀の場合はそれだけ外敵が多いということでしょうか。
それに鳥のなかでも、もっとも飛ぶのが鈍くさい。
あれでは猫なんかに狙われたら一コロだ。
ツバメでさえ、猫に捕まってるくらいですから、どうにもならない。

しかし、雀も猫もネズミもツバメも犬も、これほど人に密着した生物は他にいない。
いや、いた。
ゴキブリとダニだ。

芭蕉の句にこんなのがある。
雀子と声鳴きかはす鼠の巣
なんだかなー、昔はシラミもノミも普通にいたし、ネズミなんかも
家の中のあちこちに巣があったんでしょうね。

2019年5月 6日 (月)

ホオジロ

Sp50100592

昨日、何年かぶりで、六地蔵越から中連寺峰・若狭峰を歩いた。
目的は野鳥撮影だったが、一枚も撮れず、しょこたれた。
鳥はたくさんいた。
鳴き声だけで区別しているので確信はできないが、オオルリ、
ジョウビタキ、シジュウカラ、キビタキ、シロハラ、
ツツドリ、ヒヨドリ、ウグィス、アマツバメ、コジュケイ
ドラミングが聴こえてたので、キツツキの類い。

ツツドリなんかはすぐ近くにいたが、そっと近づくと
ググググッっと籠ったような声を発して逃げていった。
逃げた方向へしわっと追いかけて、密かに近づくのだが再び逃げる。
ツツドリからこちらは見えてないはずなのだが、気配を感じるのだろうか。
これではイタチごっこだ。

うーむ、全体に警戒心が強く、ほぼ30mほどの距離になるとまず逃げられる。
地味な服装など、こちら側に対策と訓練がいる。
ジッと我慢の子になって気配を殺すのが、一番の課題のようだ。
気が短い人には耐えられないかも…。


2019年5月 4日 (土)

ツバメ

Sp50300052

遠くて小さくてわかり難いが、水浴びするツバメだ。
一瞬のチャンスだったのだが、うまく撮ることが出来ずこんな画像に。
ツバメは飛びながら水を飲み、浴びる。
水を飲む場合は嘴先だけで水を掬うようにして水平かつ高速で飛ぶので、
波紋は大きくはなく、また撮影しにくい。
しかし、水浴びの場合は角度をとり、スピードを落としてダイビングするようにして
浸かるのでわりと撮りやすい。
今年は燕の数が例年になく多く、雛もたくさん孵っているようだ。

最近、鳥撮りに少しハマっている。
鳥を狙うようになると、レンズ地獄に落ち込んでしまう
という話をちょくちょく耳にする。
もっと大きく引き寄せたい。
もっとクリアに撮りたい。
そんな願望が、バカ高いレンズやカメラに手を出して次々と
買い換えてしまうというのだ。
気をつけないといけないようだ。

2019年5月 3日 (金)

麦畑

Sp50300022

麦がたわわに実り、黄金に色づいてきた。
ツバメが川面で水を跳ね、すずめが穂の先に群がり飛ぶ。
海ではそろそろキスが釣れだす頃で、なにもかも浮き浮きする季節だ。

自転車で土手を走った。
いつもの場所に来ると、ホーホチチョと一風変わったウグィスが鳴く。
なんだあいつはと思いながら走っていると、
ワン公が走ってるこちらに向かって跳びかかってくる。
思わず足蹴りにしようと構えたところ、
首から長いリードがどっかのオヤジの手に繋がっていて、そいつの口から
「おいっ!こら、なんしよんじゃ」と怒鳴り声が洩れた。
バッキャロメが、こじゃんとリードを短く持って引かんかい、お前が一番悪いんじゃ!

どんくさい奴じゃ、ほんま。
ブツクサ言いながらさらに走っていくと、今度は道で
犬二匹を連れたねえちゃんが、座り込んどる。
バッキャロメが、道ど真ん中でボケーっと生きとんじゃねーぞ!

さらに走って横断歩道を渡ろうとしたら、車が目の前でブレーキを掛けて止まった。
バッキャロメがどこを見とんじゃ、わしゃ手を上げて渡っとろうが、
ほんまにほんまにどいつもこいつも。

というわけで、今日の自転車は気晴らしにならず、
冴えない一日でした。

2019年5月 2日 (木)

すずめ

Sp42900382

トイレに新聞や本を持ち込む習慣がついてしまって、ついでにコーヒーも持ち込むようになった。
きちゃない話ですが、止められません。
安穏としたあの場所と時間、落ち着くんですよね。
聞くところによるとトイレには厠神といって男女二人の神様がいてるらしい。
その神様にお参りするとはやり病が治るそうな。
だけでなく、トイレを掃除したりすると願いが叶うらしい。
逆に粗末にしたりすると目、歯、耳が悪くなるとか。
うーん、なんか、最近目が悪くなってるし、歯なんかはすかすかだし、
耳鳴りがしてるし、トイレ掃除してるんだけど、なんだかなー。

ところで面白いことに東南アジアのある国では、朝になると川の水の中で
人々がミーアキャットみたいに突っ立って、ある方向をボーッと眺めてるらしい。
それはその国の人々のお決まりのウンチングスタイルで、川の中でして、流れに任せているんだって。
その下では、歯を磨いてうがいをしてる人もいてるらしいので、なんとも大らかだ。
日本も江戸時代以前は大らかだったそうで、なにかにつけてギスギスしだしたのは明治以降のことだとか。

2019年5月 1日 (水)

くさしぎ

Photo

いつものように川土手を散歩。
流れの中を覗いてはなにかいないか、じっと目を凝らしていたら
遠くでなにかが動く気配。
思い切りズームの胴筒を伸ばしてみると、嘴の長いシギ。
トリミングして引き伸ばしてみるとクサシギでした。
全国にいて、さして珍しくはないそうですが、初めて見ました。
体長は21~4cmくらい。
鳴き声はチドリにも似て、ピュッピュッピュッピュッピュッと鳴く。
ついばんでいるのはカニや昆虫やタニシなど。

他にも雉のオス、メスを河原で見つけて撮影したが遠すぎて、
トリミングをしてみたものの、アップするには耐えられなかった。

今日はいいことがあった。
ベーカリーショップで4個ほどパンを買ったら、
優しそうなお姐さんが、パンを一個サービスしてくれた。
こういうの商売の手段とわかってはいても、やっぱりうれしいものですね。
頂いたパンはモチモチのふかふかパン、おいしかった。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »