« 青春18きっぷ | トップページ | もうすぐお彼岸の入り »

2018年9月16日 (日)

荘内半島

Sdscn4130_22_2                                   <太公望>                           

自転車は今日も一人、行き当たりばったりで走った。

詫間を抜けて津島さん、そして道の駅弥谷さんへ寄り、再び詫間へ帰り、詫間峠を越え、仁尾へ下った。

蔦島が正面に見える港、仁尾の公園では釣りが真っ盛り。

狙っているのは鯵・鯖でしょうか、この時季、美味しいよな。

Sdscn4134_32                                                                                     <父母ヶ浜>

いまや全国区になってしまった夕陽の名勝父母ヶ浜、若者たちが連日押しかけ、バスツアーも組まれているようです。

今日は道沿いからではなく、奥へ入ってみた。

いつの間にか広い駐車場が出来ており、びっくり。

夕陽にはまだ早い時刻でしたが、今日は暑さが少しぶり返して、真夏日、去りゆく夏を惜しむ若者たちがたくさん海で遊んでました。

自転車を40kmほど走り終え、こんどは靴を履き替え5kmのジョギング。

ヘロヘロになってしまって、一瞬頭がくらくらッとして倒れそうになった。

その瞬間は気持ちがよくて、ふわーっと体が宙に浮いたようないい感じ。

噴き出す汗が止まらない。

帰宅してお茶をいくら飲んでものどの渇きが止まらず、牛乳にソーダ水を入れてがぶ飲み。

しばらくすると、げりっぴー、あああー、堪りません。

<今日の料理>

手作りハンバーグステーキ

レタスとキューリのごま油・醤油和え

水菜と豆腐のお吸い


« 青春18きっぷ | トップページ | もうすぐお彼岸の入り »

コメント

ぎうにうのそーだわりって、んまいんですか・・・?

☆☆☆
維持管理に多大な労力を必要としていそうな気がする
砂でできた銭型の方も人気が出て欲しいなぁと個人的には思います。
子供の頃に海水浴に訪れた事のある有明浜を
父母ヶ浜と勘違いしていることに本日、地図を見て気が付きました(´・ω・`;A) スミマセン。

蓼食う虫も好き好きって感じかな。
けっこう喉の渇きが止まって好きなんですが、たぶん甘みを入れないとみなさん飲まないと思います。
たまにソーダだけを飲むときもありますが、味も素っ気もありませぬ。
 …
体を動かしていないと気持ち悪いんです。
いわしかかつおみたいなもんで、動くのを止めると死にそうになります。
ひ弱な躰なのに、なんとか病気にならずにこれまで生きてこれたのは、運動のおかげです。
 …
銭形は静かなブームっていう感じで、平日でも遠くから来た何人かの若者たちが訪れているようでリピート効果もあるようです。
有明浜は昔は砂浜を歩くとキュキュッと鳴って、琴ヶ浜っていわれてたのですが、最近は砂が汚れたのか鳴らないようです。
わたしも小さい頃、泳ぎに行ってました。
父母ヶ浜の南側に曽保というところがあって、サンビーチがありますが、ここもいい海岸で子どもたちが泳いでます。
でも、面白いのは鴨の越とか、もっと先っちょにある紫雲出山の南東の海岸で、岩がごろごろあって、海生物をたくさん見かけることができる。
生物が好きな子どもは、一日中遊んでますが、最近、子どもを見かけることが少なくなりました。

訂正
南東→南西でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/74221789

この記事へのトラックバック一覧です: 荘内半島:

« 青春18きっぷ | トップページ | もうすぐお彼岸の入り »