« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月26日 (木)

とんぼにとんぼ

Simg_0263_22
蓼科山山頂から蓼科ヒュッテに下りてゆくと、月一回の荷上げ定期便のヘリがヒュッテの真上に飛んできた。

荷物を降ろし一旦上昇したが、再び降りてきて、から荷をフックに引っ掛けて持って帰りました。

この手のヘリで1200kgは運べるんですって、カメラを構えてシャッターを押しましたが、偶然に、トンボが写ってました。

トンボはたくさん飛んでるんですが、今年は虫が少ないような気がしてます。

気のせいでしょうか。

蚊なんかは気温が高すぎて、35度を超えるようだと活動しなくなるとか。

暑いときは木陰の涼しいところでジッと休んでいるんだそうです。

そして涼しくなった頃に一斉にワーンと飛んで吸血するという塩梅らしい。

人はいくら暑くても、なんだかんだといっては仕事をし、わざわざ遊びに出かけたりして、熱中症でひっくり返ったりしてますが、彼らは人間よりもずっと賢い。

とうとう妻のお父さんが脱水症で入院してしまった。

高齢者は気をつけないかんとですが、年をとると、逆走して事故を起こすまで何十キロも走ったりするんですから、ほりゃー、いくら言っても無理やわな。

2018年7月25日 (水)

蓼科山

Simg_02382
昨日、蓼科山に登った。

シラビソの縞枯れを抜けると、岩ゴロゴロの登りになり、山頂まで続く。

山頂は一等三角点や小さな神社があったりするが、一面岩の平坦地。

北の端まで行くと白樺湖や車山が見下ろせ、展望がいい。

しかし、この日は暑かった。

日本列島は猛暑に包まれ、前日、熊谷では41.1度を記録した。

もうちょっとで熱中症に罹りそうでした。

標高2530mでは、いまの猛暑は凌げない。

行くなら3000m級のお山のようです。

蓼科山荘で食べた長門牧場のアイスクリームが濃厚で美味しかったこと。


2018年7月22日 (日)

ヤマアジサイ

Simg_0153_22
エアコンの時期になると、職場では女性がひざ掛けをして仕事をしているのをよく見かける。

訊くとエアコンの設定温度が低すぎて、寒いというのだ。

酷い人は体が冷えすぎて、帰宅後も足が冷た黒て困っているという。

一方、男性は冷えすぎるくらいが快適で、仕事もよく捗る。

この違いはなんだろうと疑問に思っていたのだが、先日テレビで男性は女性に比べて筋肉質のため、消費エネルギーが高く体内で熱がこもりやすいのだそうだ。

基礎代謝が違うということなんだろう。

女性と男性では平均1度~1.5度違っているとのこと。

女性はエアコンの温度設定28度くらいでちょうどいいのだが、男性はそれでは暑い。

26度~27度になる。

まだまだ男性優位の職場、女性は我慢してひざ掛けや薄手のカーディガンを持ってくるというわけだ。

ところがわたしの家では違う。

妻は26度でちょうどいいというのだ。

腕相撲は妻が強い。

瓶の蓋が固くて開かずに困っていると、どりゃと言って妻が瓶をとりあげ、ぐりッと捻り開ける。

わたし、エアコン温度は27度が丁度いいのです。

2018年7月21日 (土)

ツチガエル?

Simg_00722_2

先日、東赤石山を歩いていて、奇妙な真っ黒いカエルを見つけた。

ネットで調べてみたのだが、黒っぽくてイボイボのある四国に棲むカエルといえばツチガエルしかいない。

しかし、ツチガエルとはどこかが違うのです。

それは目、猫のような目つきをしているし、目の後ろにコブがある。

ツチガエルにはコブはない。

むしろよく似ているのはアズマヒキガエルの少し成長した子どもだが、四国にはいない種類だ。

Imagesvomh4s8k                         <ツチガエル>

Azuma11                         <アズマヒキガエルの子ども>

先日から腕立て伏せをやっている。

んがーっ!

情けないことに1回しかできない。

今日は必死こいてやってみた。

2回できた。

頑張って3回目と思って気張ったが、腕がプルプル震えて、気張り過ぎたのか屁が出た。

あーあー、ほんとうに情けないことになってしまった。

歳をとるってこういうことなのね。



2018年7月20日 (金)

東赤石山

Simg_01192
下界はところにより40度超の日、東赤石山へ出かけた。

目的は足馴らしのはずが、耐暑訓練に。

撮影した岩場での写真を見ると、ガスが漂って涼しそうですが、今年はいやに暑い。

上りも下りも一日中汗だらだらで、着てるものがグショグショで、絞ったらジャバーッて小さなペットボトル一本分は流れ出そうでした。

昼食用にと冷麺を持っていったのですが、塩分補給のためにだし汁も全部飲んでしまった。

いままで随分とお山で食事をしたけれど、だし汁を飲み干したのは初めてのこと。

その他、塩飴4個と、きんきんに凍らせた4本+1本のペットボトルは山中および下山後空っぽに…。

トイレにはいってないので、2.5リッター全部発汗してしまったようです。

この夏の猛暑は恐ろしいことになっている。

2018年7月16日 (月)

陽は傾き暑い一日が…

Simg_00322
こんなにも暑い夏、もうしょろしょろ終わりにして欲しい。

寝ぼけたことを言っててもしょうがないが、とにかく暑い。

なんせ午前9時には30℃を超えてるのです。

そんな最中、灼熱のアスファルトをテクテクと歩く若い外国人お遍路さんが家の前を通り過ぎた。

中東から来た外国の人たちも、日本の猛烈な暑さにびっくりしている。

暑すぎて、身の置き所がなくて、どうしていいかわからないとぼやく。

なるほど、日傘に団扇は日本には欠かせないことをよく理解できたと言ってた。

とうとうツクツクボウシが鳴きだしましたよ。



2018年7月13日 (金)

浪花だよ

Sdscn3498_32

昨日は大阪へバスツアー。

出かけたのは高さ300mのあべのハルカスと、黒門市場。

Sdscn3460_22
市場は人種の坩堝。

Sdscn34622

みんな、目の前のおいしそうな匂いに吸い寄せられ…

Sdscn34692

もんもんなムキムキマンに。

Sdscn34682

日本人やら韓国人やら台湾の方なのやら、もうごっちゃ混ぜだ。

Sdscn34672

カニなんかブットい足のぶんどり合戦。

大阪は観光と食道楽の街。

中国系と思われる方たちにご親切にも席を譲ってもらい、感謝。

賑やかな会席に混ぜてもらいましたが。

帰り際、お礼を…。

咄嗟の英会話の知識もなく、日本語で「ありがとう、さようなら」の言葉を投げかけ、ちょっぴし寂しくお別れした。

あー、中国語は喋れなくても、英語くらいは話せたらなー。

Thank you for giving up my seat.」

Which country did you come from?」

Where are you going from now?」

Have a nice trip.」

とまあ、これくらい伝えられたらな~、(^^ゞポリポリ



2018年7月11日 (水)

ナツアカネ

Simg_97412
夏になると窓から西日が射したりして部屋の中がサウナになる。

そして、毎年思うのだ。

窓際に朝顔などを植えて、日除けをつくればよかったと…。

遅い!バカたれが…。

毎年、舌打ちをしている自分に腹が立つ。

来年は植えよう。

糸瓜がよいか、それともゴーヤがいいか、いやいや朝顔でいいんじゃないか。

毎年悩んでいるアホがいる。

やっぱり、今年も簾が手っ取り早くていい。

どう考えてもホッコだ。

クマゼミの鳴き声が聴こえてきましたよ。

今年も、暑いねー。



2018年7月10日 (火)

傾いだJR鉄橋

Simg_97962                              <すっかり水の退いた財田川>
6月28日から7月8日まで降り続いた記録的な大雨災害の名称は、気象庁により「平成30年7月豪雨」と発表された。

Simg_97862

少し上流に架かっているJR鉄橋は橋桁の一つが激しい水流に圧され斜めに傾いだ。

結果、鉄橋が歪み、、架線を支える鉄塔が傾げ 架線はたわみいまにも落ちそうになっている。

この工事は6か月ほどかかるそうだが、その間、電車・列車は観音寺ー本山駅間がバスによる代行運転で繋ぐことになった。

Simg_98172

テレビで放送されたため、やじ馬連が集まってきて、あちらこちらから様子見。

鉄橋の真下では…こんな声も。

「水の力はすごいのー」

「なんしに、あればの水で橋げたがおがされるようじゃ、いかんがい」

「直すのに半年は掛かるらしいどー」

「傾いだ橋脚を取り除いて、新しいのを立て直さないかんじゃろわいわい」

「川が氾濫せんで、よかったがー」

「ほいなのー」

Simg_98252

「暑いのにご苦労さんじゃて」

とまあー、こんな按配でした。

2018年7月 9日 (月)

ひまわり

Simg_97622
昨日に続いて、今日も真夏日。

熱中症厳重警戒情報が出た。

ひまわり真っ盛り、帆山に出かけたが、体がまだ慣れてなくて、炎天下のなか頭がくらくらする。

冷たいお茶を持参したが、あっという間にからっぽ。

三脚を立てじーっと頑張ってるカメラマンがいるが、あの真似はようしない。

20分ほどでそそくさと退散して、かき氷を売っているとこないか探したが、ない。

頭が痛くなった。

帰り道、JR駅に寄って、青春18きっぷを買った。

カメラを持って、列車に乗って、冷たいビール飲みながらあちこち旅をして好きな風景を撮る。

これだ、むふー♪


2018年7月 8日 (日)

ヤブラン

Simg_16182

台風7号のあと、大雨が続いて、あちこちで大きな爪痕を残しって行ったが、今日は晴れていきなりの真夏日。

明日からも連日の晴れマークが続き、そろり梅雨明けだ。

昨日までは大雨による災害緊急情報がけたたましく鳴ったが、明日からは熱中症で救急車が町のあちこちを走ることになりそうな気配。

猫の額ほどもない、庭とはいえない庭に、朝顔が咲き、とうとうミンミンゼミも鳴きだして、暑い暑い夏がやってきた。


安倍総理が人生100年なんて言い出したようだ。

何事かと思って聞いていたら、なんだかよくわからないが、定年がいらない時代がやってきたみたいなことを言っている。

ほんまか!

おとろっしゃー、死ぬまで働けっちゅうことか。

わし、それほど長生きできなくていい、一応60歳定年の世代に生まれて退職後、随分山に行けたし、よかったわ~(^^;

この方がものを言うと何かが引っ掛かる。

まともに話を聞いてはいけない。

そう、年金の受け取り開始年齢の引き上げだ。

いよいよ70歳支給へ向けての布石か、いやいや、違う、もっとなにかがある。


2018年7月 7日 (土)

ハマゴウ

Simg_97022
降り続いた雨は、今朝になって弱くなった。

増水していた川は次第に水量が減り、落ち着いてきたのでヤレヤレと胸をなでおろした。

ところが、午後3時ごろ、またまた雨足が強くなってきて、それから間もなく携帯に緊急警報がけたたましい音を立てて鳴った。

財田川右岸決壊のおそれあり!

降り続く雨で、堤防そのものが相当に緩んでいるようだ。

くわばらくわばら!!

天は自ら助くるものを助く。

神頼みなどありえない。

逃げるが勝ちさ、われは卑怯なりって言いながら、追いかけてくる奴などいない。


浜ではハマゴウが雨に打たれていた。

ユーカリに似た香りがあるらしく、浜香とも書くようです。

おもしろいことに椰子の実ではないけれど、実は海流に乗って流れ、辿り着いた新たな浜辺で芽を出す。

2018年7月 6日 (金)

牡丹臭木(ボタンクサギ)

Simg_97302
雨の降る川土手をうろうろしておりますと、見たことのない花に出合いました。

なにかに似ている、最近もの忘れが酷くて、必死になって乏しい脳みそをくるくる回転さす。

1時間も経ってやっとその名が出てきた。

そうだ、臭木(クサギ)だ。

クサギの花を集めてまーるくするとこんな感じになる。

帰宅してネット検索に掛けてみた。

キーワードは「草木、7月開花、紅くて大きな房花」

出ました~、ボタンクサギ。

匂いには気づかなかったのですが、葉をもむと臭いらしい。

中国南部から伝わってきたもので、庭木や鉢植えにされているとのこと。

日当たりのいいところで(株元は日陰を好む)、特に水やりしなくとも病気にもかからず育つと書いてありましたから、紫陽花みたいなものでしょうか。

また一つ賢くなりました。


川の水嵩は昨日より一層増えておりました。

雨は今夜も降り続き、明日、ひょっとして明後日も降るやもしれません。

この記録的大雨はちょっと怖いですね。

2018年7月 5日 (木)

大雨

Simg_96612
台風7号が大雨をもたらしたが、去ったあともなお雨が降り続いている。

各地で避難準備や避難勧告が広範囲に出ている。

田野々にあるマルチプルアーチ式ダムの豊年池では、門が開けられ放流されている。

ダムの下でカメラを構えたが、飛沫が飛び散りもうもうと水煙が立ち上がっていた

Simg_97082
まんのうの塩入から財田・山本・豊中を経て観音寺を流れる財田川は、増水し濁流となっている。

今夜から明日にかけて、さらに400mmの雨が降る予想。

どうなることか、今夜はおちおちと寝られそうにない。

2018年7月 4日 (水)

明日からまた雨

Simg_96192
新聞の番組表を見てびっくりした。

朝から晩まで色ペンで記しだらけ。

「おまえー、今日は一日中てれびばっか観るつもりか」

妻はサスペンスドラマが大好きで、普段からテレビにくぎ付けだ。

即座に言い返された。

「おまえー、朝からスマホばっかいじくっとるやないかい、依存症になっとるぞ!」

くそっ!にゃろめと思うが、言わぬが花。

むふふふー、今日のブログネタだー。


台風が去ったあと、草むらの虫たちが一斉に鳴き始めた。

そろり、蝉たちも土の中で前足で穴をホジホジしながら、出番を伺っているにちがいない。


2018年7月 1日 (日)

ムシムシー

Simg_9642_22
財田35.3℃、観音寺33℃。

7月に入った今日、この暑さ。

外は猛烈に暑い。

家の中も蒸している。

自転車で走った。

適当にさぼって、いつもの2/3程度の距離。

同じく自転車で走る若者たちは元気がいい。

この暑いさなかわんさかすれ違う。

そして追い抜いてゆく。

追い抜かれるジジ連はいつものことだが、やっぱり、ああー、俺たちも昔はこの3倍は速く走ってたのになーとうそぶく。

3倍は大袈裟、60kmのスピードは無茶だ。

せめて40kmにしてくれ。

いいのさ、このあと冷たいビールが待っているのさ。

ランララララランラン♪

いつものところに飛び込んで、ヒヤーッとエアコンの入ったところでビールモーニング。

今日は瓶じゃない、ナマだー、乾杯(^O^)🍺

これから2か月余り、正念場の夏がやってきた。


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »