« 快晴 | トップページ | 外は雨です »

2018年6月 4日 (月)

ブラックジョークにもならない

Sdscn30172

家の周りのあちこちに巣を作って、卵を抱いて、雛が産まれ、やっと産毛が生えてきた雀の子。

朝から異常な鳴き声でジージージージーと鳴き騒ぐ。

窓からそっと首を出して、外の様子を伺うと、カラスがやってきて隙があったら雛に襲い掛かろうと構えていた。

親たちも威嚇をしながら、なんとかカラスを追い払おうとしているが、どうにもならない。

急いで玄関から外へ出ていくと、カラスは遠くへ逃げた。

ホッとしたが、恐怖のために震えている雛は鳴き止もうとしない。

それから1時間ほども鳴いていただろうか。

いまのうちに安全なところに隠れるしかないのだが、悲しいかな親は見守るしかない。

幼子を一生懸命になって育ててる親は大変だ。

こうやって、生まれてきた子のうち、何羽かは死に、いくつかは生き残って次の世代へと引き継いでいく。


自然界の頂点に立った人間は増え続け、1961年には30億だったが、2011年には70億を突破した。

それから40年後には90億にも増えるという。

地球の食料事情からすると限界を超えているらしい。

最近AIロボットが話題になっているが、もしもAIが判断して行動するとしたら、倫理観のないAIは血も涙もなく人間を抹殺して、あらゆる生物が生きてゆくのにちょうどいい環境にするだろうといわれている。

すでに地球規模での食料争奪戦の兆候が始まっていると考えておいた方がいいのかもしれない。

なんとも恐ろしい世の中になってきた。

« 快晴 | トップページ | 外は雨です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/73621763

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックジョークにもならない:

« 快晴 | トップページ | 外は雨です »