« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

6月最後の日

Sdscn33502
スマホをいじくっていて、突然に画面に恐ろしげなクソジジイの顔が映し出された。

ゲが出そうなくらい皴だらけの覇気のない顔だ。

これは誰だと思ったら、自分の顔だった。

どこをどうしたのか、カメラの自撮り機能をいじくったらしい。

気持ち悪くなってスマホを放り投げてしまった。

ああ、いつの間にかこんな顔になってしまった。

年老いて惚けている。

そのうえにアブラ顔なので妙にてかってて、ますます気持ち悪い。



老人になって、わたしはこの世に何しに来たのかわかった。

この世にさしたる用などないのである。

用はないが死ぬまで生きねばならないのである。

ときどき、ああ、生きているのだなという事が実感できれば上々なのである。

だから何なのだ…を積み重ねることなのである。

   「問題があります」ー佐野洋子ー

人生は、見たくない老人顔をときどき見て、も―イヤだとスマホを投げつけるほど驚くために生まれてきたようなものなのです。

2018年6月29日 (金)

どうにもならん

Simg_96072
日本の政治家が海外から馬鹿呼ばわりされている。

表現がストレートだから深刻だ。

以前からそのような傾向はあったのですが、いよいよという感じだ。

子育ては女性の仕事。

女性は複数の子どもを産むべき。

子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる。

そんな政治家の失言は最近の出来事ばかりだ。

若い人たちは子どもをたくさん産むことを願っているのだが、経済事情やら教育環境やら保育所不足などで、産みたくても産めない。

政治が解決しないとどうにもならないのだが、そんなこともわかっていない。

「セクハラ罪という罪はない」というバカげたことは閣議決定する。

「森友学園」問題を巡り、財務省・国交省・文科省に対する政治家からの不当な働き掛けは『一切なかった』と否定する答弁書、これも閣議決定、証人喚問も調査も不十分なのに…。

これでは海外からバカの集まりだと非難されても仕方ない。

なにしろ、国民のための政治ではなく、自分たちのための政治ばかりしているのだから。

そして挙句の果てに、問題は国民にありといって叫んでいる。

これが日本の官邸や閣僚であったり、ある党の幹事長だったり、お話にならない。



2018年6月28日 (木)

四国水族館着工

Sdscn34462
四国最大級の水族館が2020年3月に宇多津にできるらしい。

昨日着工されたとのこと。

というわけではないですが、大型スーパーで開催している小さなミニ族館に行ってきた。

ドクターフィッシュがいたので水槽に手を突っ込んでみた。

小さな魚が一斉に群がってきて、皮膚を齧ったり突いたりする。

ワオー!

こそばゆいような、プチプチと突っつかれてなんともいえん感触。

ついでに映画を観た。

久しぶりのアメリカ映画、30年後の同窓会。

3人は30年前にベトナム戦争で共に戦った。

一人は牧師に、もう一人は酒場経営。

そのうちの一人ドクの息子がイラク戦争で後頭部を撃ち抜かれ戦死した。

遺体を引き取りに30年ぶりで出会った3人が旅に出る。

第二次世界大戦後、アメリカは朝鮮戦争をはじめベトナム、湾岸、アフガニスタン、イラクなど次々と戦争をしてきた。

日本では作りえないアメリカならではの作品だ。

サッカーW杯が始まった。


2018年6月27日 (水)

うなぎ釣り

Simg_96532
連日の真夏日。

今日は財田で33.9度、暑いはずです。

夕方には太公望がちらほら。

この時季になるとウナギ釣りが始まる。

因みに土用の丑の日は今年は7月20日、もう少しですね。

明日は満月。

ちょうどサッカーW杯、pm11時から日本vs.ポーランド,同時刻にセネガルvs.
コロンビア戦がある。

力が入りますわ。

うな丼を食べて、応援に力を入れましょ!


2018年6月26日 (火)

もう真夏日に…

Sdscn33422
午前中晴れ。

今日も真夏日、財田では32度超えをした。

この暑い日に、河川の土手や県道沿いを、鉢巻き姿で草刈りをしてくれてる。

草刈り機を振り回す傍でお一人の方は事故が起きないよう交通整理をしている。

もうお一人は刈った草を集めトラックに積み込んでいる。

慣れているとはいえ大変だ。

交通整理をしていた方が、後ろポケットからペットボトルを取り出し、グビグビッと飲んだ。

しばらくして、草刈りをしていた方がアスファルトの上にベターっと座り込んで、同じく水を飲んでフーッと大きく息を吐き出す。

10分も経たないうちに、また草刈り機を持ちあげて刈り出した。

この暑いさなか、もう少し休めばいいのにと思うのだが…。

おかげさまで、法面にボーボーに生えていた雑草は刈り取られ、綺麗になった。

終わった後に、通り雨がサーっと地面を濡らし、涼しくなりました。

川原からは賑やかに囀る鳥の声。

行々子口から先に生まれたか

              -小林一茶ー

2018年6月25日 (月)

暑い一日でした

Simg_96122
「人は、その性格に合った事件にしか出会わない」-小林秀雄ー

実にウジウジした湿っぽい陰気な性格だから、何か事件に出会うと、それをいつまでもウジウジと気に病んでしまう。

だから、それがいつまでも心に影を落として、陰気な人生を作ってしまう。

カラッとした性格だったら、事件が起きてもパッと通り越して、なにもあとに残さない。

事件があったことすら忘れる。

これが人生の真実ですね。

事件が性格を作るんじゃない。

性格が事件に遭遇させてしまう。

           -少しだけ無理をして生きる、より抜粋ー城山三郎



プロフェッショナル

Sp52403612
運命の一冊、あなたのもとへー書店店主岩田徹ー

NHKのドキュメンタリー仕事の流儀「運命の一冊」が再放送された。

北海道の本屋さんだが、1万円の予算で客1人1人にあった本を選び出すというものだ。

バブル崩壊後、本屋業は赤字続き、そのうち「一万円選書」を行うもやっぱり赤字。

諦めず続けた結果、いまでは全国各地から注文が殺到、3,000人待ちという盛況ぶり。

岩田書店のもとには日々、選書した本によって「人生を救われた」、「運命を変えてくれた」といった感激の声が寄せられているそうだ。

書店店主の岩田さんからは本に対する情熱が伝わってくる。

人生は長い、ずっと先、なにが起こるかわからない。

本は人生の味方だと言い切る。

本を契機にして、自分の中の正しいことを見つけてくださいね。

遊ぶようにして読んでください、勉強じゃないんだから、面白くなければやめていいんだよ。

面白いなと思ったらダーッと読んでいいしね。

 …

一冊の本が次の本へといざなう。


2018年6月23日 (土)

毎日ボーッ!

Sp52402942
ぼーっとして生きてんじゃねーよ!のちこちゃん(NHK)がやたらと面白い。

(Q)お賽銭はどうして入れるの?

(A)穢れをお金にくっつけて捨てるから。

わし、神主さんの儲けになるからそのように神社がお参りする人に仕向けたとばかりに思うとったがー。

(Q)なんで、女性は男性よりも長生きなの?

(A)男はもともと女だったのに無理して男になったから

もともと男性ホルモンのテストステロンは心循環器系疾患やがんのリスクが高いらしい。

(Q)人と別れる時に手を振るのはなぜ?

(A)相手の魂を引き寄せるため

お~~~!この言葉はなんとなく怖いもんがあるなー。

人生はさらりと、生きていたいものよなー。

明日は6月24日、UFOの日です。


2018年6月22日 (金)

紫陽花と蜜蜂

Simg_9632_32

最近、あちこちで歩道や自転車道が広がっている。

ところが、折角広がった歩道いっぱいに車を止める人が増え、なんのために広げたのか分からなくなっている。

ウインカーを上げずに交差点を曲がる人、直進車の前に左から右から割り込んでくる人、交差点もなにもない直進の道でいきなりスピードを落としてふらつく人、駐車場から車道へ出るにあたって、広い出口なのにわざわざ真ん中により、入ろうとする車を通せんぼする人、etc…

実に高齢者が多い。

ところが、そういう運転者は意外にも自分の運転は人並み以上にうまいと思っているから驚きだ。

アンケートでは、高齢になればなるほど運転には自信を持っているという結果が出た。

こういうのを高齢パラドックス現象というらしい。



昨年一年間の山での遭難事故が過去最高になったそうだ。

圧倒的に60歳以上の遭難者の割合が増えている。

パラドックスは車の運転だけではなく、山登りにも、あるいはひょっとしてそれ以外のところでもあるのかもしれないと、ついつい疑念を持ってしまう。

わたしも気をつけないといけない年齢だ。



2018年6月21日 (木)

カメムシ別名ヘコキムシ&ヘッピリムシ

Sp52403032
日本ミツバチの数がどんどん減っているっていうニュースをだいぶ前に新聞などで知った。

当時は原因がわからないといっていたが、最近、どうやら農薬らしいということがわかってきた。

合成ピレスロイド系殺虫剤やネオニコチノイド系殺虫剤農薬が、カメムシ駆除に効果が高いのだが、これが蜜蜂を大量に殺しているらしい。

養蜂家が蜜蜂の箱を田畑に近いところに置いたところ、2年経たずに全滅したという。

そこで試しに農薬散布のない場所に置いたところ、蜜蜂は増え、それにしたがって箱の数も増えた。

カメムシが大量に発生すると農産物に被害を及ぼすので、農家の方たちは農薬を使わざるを得ないのが現状なのですが、一方で果樹など花のj受粉には蜜蜂は欠かせない。

たとえばイチゴなんかも、ミツバチがいないと実にならないので困るわけです。

ヨーロッパでは農薬の規制が始まっている。

日本もなんらかの素早い対応が必要なのですが、対策はまだなにも行われていないのが実情です。

                            -写真と文は無関係ー



2018年6月20日 (水)

ブランド物にご注意

Sp51203162

アヒルは産まれたときに見た動くものを親と認識する。

刷り込みだ。

人も、これは高級なものですとか、年代物ですとか云われると、その時点でそれを素晴らしいと認識してしまう。

いまだに中国から、偽ブランド物が大量に日本に輸入されている。

日本へ輸出する中国の方は次のようにおっしゃっているらしい。

この商品を買う日本人は、偽物だということを知って買っているので、なんの問題もない。

これからもどんどん輸出しますよ。


卓上にいくつかのワインをグラスに注いで試飲をしてもらう。

普段、ワインをたしなんでいる人でも、どれが高級なワインかを当てることはほとんどできない。

ブランド物のバッグや衣装も同じで、当てることは簡単ではない。

それなのに、ブランド物はいいといって憚らない。

わたしの兄嫁や姪たちも、ブランド物はやっぱり違うのよ、とにかく品物がいいのよ、と言い切る。

ところがこれが大間違いのこんこんちき、値段がべらぼうに高い割には、それほどよくはないのだ。

実はこれは刷り込み、人間の脳みそはそういう風に作られている。

なのでアヒルの子どもが最初に見た動くものにいつまでも付いていく行為が止められないのと同じで、どうやっても解決できない問題なのです。

この誤った刷り込みは、品物だけではないようですよ、ご用心。



2018年6月19日 (火)

今日も雨…

Sp51203962
スマホに買い換えて19日経った。

操作をずんやり勉強してるが、まだ終わらない。

今日は音楽を取り込んだ。

PCとスマホを接続してデータをやり取りするのが手っ取り早いのだが、念のために古い手法でSDカードを使った。

時間はかかるがもっとも安全な方法だ。

ついでに先日撮った写真ファイルをスマホ本体からSDカードへ移した。


他に様々な作業をしていて気づいたのだが、スマホって必ずしも高速通信を使わないかんということではないようです。

ここのところアプリのダウンロードのために容量を使い過ぎて、残りが少なくなった。

そこで思い切って、設定のところで高速通信を切って使ってみた。

すると何の問題もなく使えるのです。

肝腎の通信速度は、ネット検索にしても、メールにしても繋がりも悪くないし、ほぼ変化なし。

昨日より二日間、目いっぱい使っても通信容量の使用量はゼロでした。

これで通信容量は最低最安のプランでいけることを確信。


2018年6月18日 (月)

ドウダンツツジ

Sp51204612
わたしたち大人は少しボケてるのでしょうか。

それともボケてるふりをしてるのでしょうか。

子どもたちのいじめが社会問題になってもう随分と経つが、一向によくならない。

子どもの自殺も後を絶たない。

子どもたちの貧富の差はますます広がり、貧しい家庭の子は増えている。

折角大学を出ても、卒業すると同時に奨学金の返済が待ち受けていて、結婚して子育てなんて夢の夢、返済に追われる。

虫歯の子どもが増えているそうだ。

そのうち半数の子たちが治療を受けていないというか、受けられないのだ。

教育費無償化が声高に叫ばれているが、一方で教育費以外のところでの負担が増えていて、重たくのしかかっているのが現状だ。

裕福な子どもと、貧しい子どもの二極化がますます進んでいる。

2018年6月17日 (日)

満濃池水口

Sdscn34052
梅雨の晴れ間の自転車。

今日は暑くて焼けました。

肌を露出していた部分が真っ赤。

お二人の後ろ姿からは、とても70歳と80歳には見えません。

運動を継続してる人はいつまでも若々しいですね。

今日のrun53km+α

しかし、交わす会話はどうしても加齢と健康の問題。

最近のう、便秘なんじゃ。

小さくて固いのがコロッと出て、終わりじゃ。

そのくせトイレには20分も座っとる。

ほいての、しばらくするとまた座りたくなるんじゃ。

腸管運動と括約筋機能が衰えてるようです。

みなさん、年がゆくとおんなじ悩みを抱えてるんですね。

いつものところで冷たいビールを飲んで、帰宅して夕方までヘソ天しました。


2018年6月16日 (土)

ヤマグルマの花

Sp51204792

別名とりもち。

いまは野鳥を捕ることは禁止されているが、昔、わたしらの団塊の世代が子どもの頃は、ウグイスだのメジロだのをよく捕ってた。

捕ってどうするのかというと、竹かごに入れて飼ってた。

春になるとウグイスはいい声で鳴く、メジロも可愛くチーチーと鳴いていた。

すると近くの山から仲間が集まってきて、かごのすぐ近くで鳴いたりする。

そいとをまた捕まえて、鳥屋さん、いまでいうペットショップへ売りに行くのだ。

いい小遣いになっていた。

捕獲するときに使用するのがとりもち、この木の樹皮から取れる。

いまはこんなことをすると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。

もちろん、ペットショップで売買するなども同じ罪に問われます。

メジロなんかは昔はめじろ押しっていうくらいにワンサカいたのですが、いまはせいぜい50羽くらいの小さな群れを見かけるのが精一杯のようです。

ウグイスはひと頃激減してたのですが、最近はやや増えているようですね。

2018年6月15日 (金)

四国の山・三角点

Sdscn33802

四国には四等三角点以上が7649ある。

標高1000m以上はざっと数えて710ほどある。

三角点を目標に登ってるわけではないが、たとえ1000m以上のものをと思ったとしても、これを踏破するのは容易でない。

では1500m以上はどうだろう。

それでも112ほど、その人の年齢にもよるがこれなら行けそうです。

因みに1000~1100m未満=206

    1100~1200m未満=138

    1200~1300m未満=105

    1300~1400m未満=91

    1400~1500m未満=58

※五等三角点は全国に2か所、いずれも沖縄の小島。

2018年6月13日 (水)

3か月ぶりの散髪

Sp51205592

あかちゃんは、笑顔を向けてアバーッってゆうてやると、両手を前上に差し出して、キャハーって笑い返してくれます。

こんな仕草されると、あまりにも可愛すぎて、食べてしまいそうになりますよね。

人間はそもそも相手の仕草を真似する癖がある。

特に敬愛する人に対しては、深く共感するのです。

ところが何でもない人には、あるいは反感を持ってる人に対しては真似しません。

それどころか、アメリカの有名な誰かさんみたいに、あの野郎はクソ野郎だなどと公の場で罵ってしまう。

どこかの国の大統領はもうクソミソ状態ですわ。

今日は爽やかなええ天気でした。

自転車で散髪屋さんに行って、スカッとしてきました。

2018年6月12日 (火)

お祭り騒ぎ

Sp51204462
今日のテレビは、米朝首脳会談でトランプ大統領と金正恩委員長の映像があふれかえっていた。

しかし、握手こそは何度かしましたが、さすがに抱き合うことはなかったですねー。

やっぱりどこかで阻害されてるので、信頼関係がいまいちというわけでしょう。

実は握手と抱擁の違いは意外にも大きいのです。

憎い人にはびんたでも食らわしてやろうかなんて思ってますが、愛する人には抱擁しまくりですよね。

抱擁をすることによって、オキシトシンというホルモン物質が分泌され脳に作用するのです。

どう作用するかといえば…

・幸せな気分になる

・脳、心が癒され、ストレスが緩和する

・他者への信頼の気持ちが増す

・親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる

というわけなんです。

なので、握手しかしなかったアメリカ大統領と北朝鮮最高指導者は、信頼関係は低いと判断するのが正当だ。

従って、署名した合意文書の内容は、具体性に欠け中身がない。

余談だが、トランプ大統領は非核化の実現には日本と韓国に費用を出してもらうと言い切った。

わしゃ知らんということだ。

今回の会談は自国に向けた一大パフォーマンス、世界に向けたショーだったと見ている。

2018年6月11日 (月)

今日も雨…

Sp51203062
台風5号が八丈島沖を北東に移動中。

梅雨前線が刺激され、雨が降り続いている。

スマホ便利アプリ、2個インストール。

一つはメモ帳、google keep。

このメモ帳はキータップで入力できるほか、音声入力もでき、しかも画像も取り入れられる。

さらに図形描画もできるという優れモノだ。

その日の忘れてはいけない証拠的なメモ、あるいは買い物メモなど幅広く活用できる。

もう一つは簡単ボイスレコーダー。

これはICレコーダーの簡易版で、メモ代わりに声を吹き込みできるので、山へ出かけた折に、気がついた点や、特徴のあるものに出合ったとき、メモしておきたいことを歩きながら操作できるので非常に便利だ。

ファイルには吹き込んだ年月日のほか時刻が表示される。

先日ダウンロードしたrunkeeperだが、2回ほど使ってみて、その記録はほんとうに励みになっていて、体力アップに大いに貢献しそう。

楽しみが増えました。

2018年6月10日 (日)

ロンググッドバイ

Sp51202552
認知症だが、その数は軽度認知症者がおおよそ400万人、認知症は462万人(2015年)合わせて860万人を超えている。

2025年に軽度を除いておおよそ700万人、5人に1人が認知症になるといわれている。

アメリカではロンググッドバイと呼ばれている。

ギクッとする呼び方だ。

しかし、かならずしもグッドバイでもなさそうで、認知症のなかでも50%ほどの人は重度に進まず、また軽度認知症であれば十分に治る可能性がある。

この病も癌と同じく、いかに早期発見するかが鍵になっているようです。

軽度のうちに病院で治療に専念する。

これが結構厄介な問題。

本人も周りの者もなかなか気づきにくい。

一つのキーポイントがあるそうで、それは匂い。

認知症を発症する10年から20年前に、すでにその兆候が出ているそうで、匂いがわからなくなるとのこと。

原因は海馬が小さくなっていく過程で、一番最初に嗅覚が壊れてしまうらしい。

さあ、今日から匂いに敏感になって、少しでも予防のチャンスを増やそう。

2018年6月 9日 (土)

昨日もスマホ今日もスマホ

Sp51201182

今日もスマホ

朝からスマホ

あ~、嫌んなった。

思い通りに動いてくれない。

写真がマップに張り付いてくれない。

なんでだ。

ログ間違いなしにとったのにな。

どこにもない、なんでだ。

憂歌団の歌を思い出した。


嫌んなった もう駄目さ
だけどクサるのは止めとこう
陽の目を見るかも この俺だって
嫌んなった あの野郎
他に男がいたなんて
こんなつらいのは まるで初めてさ


何んとかしてくれ 神様 仏様


パチンコランランブルースっていう歌もあった。

パチンコパチンコ

今日もパチンコ明日もパチンコ

仕事終わってランラン

服を着替えてランラン

靴をはいてランラン

朝からスマホでは楽しくないな~。

2018年6月 8日 (金)

不安

Sp51200742

認知症の義父がある日の食事時、いきなりご飯は食べん、薬も飲まんと言いだした。

えっ、お腹空いてないん?

ご飯は毒じゃきん、食べん。

ご飯食べて薬を飲まんと、体に悪いよ。

ご飯も薬もぜーーったい食べんし、飲まん!


足を動かしたら痛むようで靴下が穿けない。

爺ちゃん、お医者さんに行こうか。

行かん!

診てもろうて、お薬もらって飲んだら痛いのが治るよ。

行かんゆうたら行かん!

我慢してたらますます悪うなるよ。

えーい!行かん!ジッとしとったら痛みはないんじゃきん、行かん!!


若い頃は、少しでも痛いところがあったら、お医者さんへ飛んで行ってたのですが、じわりと認知症が進行しているようで、ほぼほぼこんな感じだ。

ご飯が毒じゃとゆうて食べんのは、たぶん、食事前のどこかで、冷蔵庫からつまみ食いなどして、お腹が空いてないのでしょう。

屑籠に、バナナの皮がいくつも転がってましたわ。

このまま進行すると、先々どうなるんでしょう。

いくら考えても解決しない問題なのです。


お医者さんに行ったら、若いべっぴんさんのおねえちゃんがおるよ。

ほな行くわ、ゲヒゲヒゲヒヒ

ゆうてコロリと態度を変えて、飛んでいくんはわたしくらいでしょうね。

2018年6月 7日 (木)

毒もあるでよ

Sp51202492
今日は薄曇りでしたが、降り続けてた雨が上がった。

明日も雨予報なので、久しぶりに体を動かしておかねば。

スマホにダウンロードをした、runkeeperを試す絶好のチャンス。

自転車を引っ張り出して走りました。

途中で、自転車をおっぽりだしてランニング。

いいですねー、走った距離も時間も速度も消費カロリーも一目でわかって、そしてログもとれる。

至れり尽くせりです。

スマホには青空文庫っていうアプリもあって本も読めるらしいのですが、長い時間画面を見てるとやっぱり目がおかしくなる。

便利になればなるほど、なにかしら社会的な問題や健康上の問題が起きるのが常のようです。

2018年6月 6日 (水)

生活習慣…

Sp50900062
いつかはお世話になる紙おむつ。

今年、それぞれ88歳、86歳になる義父も義母ももうだいぶ前から穿くようになった。

穿きかえるときにきれいなときもあれば、濡れているときもある。

ある程度の高齢になると、排泄は一日のもっとも大切な行為になる。

特に大便にいたっては、朝一番にしておくと、その日一日動きが軽く、気分もいいみたいで、

話題もなんとなく明るい。

排泄がうまくいかなかったり便秘だと、機嫌悪く、動きもよくないし、食事も美味しく感じないようだ。

そうだよな、若い人でも、朝一にスカッと出た日にゃご機嫌だよな。

高齢になればなるほどに、その違いと大切さがよくわかるようになるものなのだ。

2018年6月 5日 (火)

外は雨です

Sdscn1591

義父に続いて、義母もデイサービスにお世話になることになった。

二人とも行く前は、あんなとこにいくのはイヤじゃーゆうて、ゴネとったけど、初めて行った日からものすごう気に入って、次の日を心待ちにするようになった。

よっぽど楽しいらしい。

そりゃそうだよな、それまでは動くこともできんから、一日ベッドで寝てた。

人はやっぱり集団で生活するように生まれついている。

一人でいても、二人でいても、まわりに何人いようが、心の中はどこかで寂しい気持ちを持ち続けながら生きている。

ペットを飼うと、わずかに心が紛れるのはそのせいだ。

義父も義母も、童心にかえって、みんなと唱歌する。

ちいちいぱっぱちいぱっぱ

雀の学校の先生はむーちをフリフリちーぱっぱ。

ムチってあのムチじゃあなくて、タクトのことなんでしょうね。

歌を歌ったり、しりとりをしたり、風船サッカーをしたり、みんなで初恋や新婚旅行の話をしたり、わいわい賑やかにするのが楽しいんでしょう。

わかるような気がします。

2018年6月 4日 (月)

ブラックジョークにもならない

Sdscn30172

家の周りのあちこちに巣を作って、卵を抱いて、雛が産まれ、やっと産毛が生えてきた雀の子。

朝から異常な鳴き声でジージージージーと鳴き騒ぐ。

窓からそっと首を出して、外の様子を伺うと、カラスがやってきて隙があったら雛に襲い掛かろうと構えていた。

親たちも威嚇をしながら、なんとかカラスを追い払おうとしているが、どうにもならない。

急いで玄関から外へ出ていくと、カラスは遠くへ逃げた。

ホッとしたが、恐怖のために震えている雛は鳴き止もうとしない。

それから1時間ほども鳴いていただろうか。

いまのうちに安全なところに隠れるしかないのだが、悲しいかな親は見守るしかない。

幼子を一生懸命になって育ててる親は大変だ。

こうやって、生まれてきた子のうち、何羽かは死に、いくつかは生き残って次の世代へと引き継いでいく。


自然界の頂点に立った人間は増え続け、1961年には30億だったが、2011年には70億を突破した。

それから40年後には90億にも増えるという。

地球の食料事情からすると限界を超えているらしい。

最近AIロボットが話題になっているが、もしもAIが判断して行動するとしたら、倫理観のないAIは血も涙もなく人間を抹殺して、あらゆる生物が生きてゆくのにちょうどいい環境にするだろうといわれている。

すでに地球規模での食料争奪戦の兆候が始まっていると考えておいた方がいいのかもしれない。

なんとも恐ろしい世の中になってきた。

2018年6月 3日 (日)

快晴

Sdscn1164
玉ねぎの花が咲きだした。

自転車で走ってると、畑一面、ネギ坊主。

三人で坂道を汗かきながら上って、小屋の陰で一休み。

一人が物陰に入っていった。

すこーし経って慌てて出てきた。

入って行ったところに蜜蜂の巣箱があって、蜂がぶんぶん飛んでいた。

ちょうどそのときに、刺されそうになったらしい。

そのときとは、あのときだ。

あそこを刺されたらどうなるか、腫れあがる。

腫れあがったらどうなるか、奥さんが喜ぶんじゃない、キャハハハー

これがヒヒジジイどものいつもの会話だ。

口だけ!

坂を上り切って、息も絶え絶えにベンチにへたり込む。

年々力が落ちて、こんな坂も上れんようになった。

最近の口から出る言葉は、もうあかん、昔とちごうてあかん、ほんまにあかんのー。


スマホを買って2日目。

操作を失敗した結果、アンドロイドを初期化して、再びラインアプリをインストールしたが、お友だちは全部どこかへ消えていってしまった。アララー

とりあえず、電話アプリを立ち上げ、メールアプリも動かせるようにした。

ついでにジオグラフィカもインストールした。

明日は、位置情報の共有、とりあえず急ぐものは使えるようにして、その他は月が替わってからでも遅くはない。

じわりと使えるようになってきた。

2018年6月 2日 (土)

パッパラパーが輪をかけた

Sdscn30262
人は自分を「頭がいい」、平均以上にできる奴だと思い込んでいる。

統計をとると70%の若い人がそう思っている。

自分は平均以下と答えた人はわずかに2%。

残り28%の人は、極めて優秀、もしくは平均かなというところに分かれる。

そしてこの思い込みは生涯続くようだが、あるとき突然に叩きのめされる日がやってくる。

昨日、ガラケーからスマホに変えた。

設定をし、電話を繋ぎ、ラインも済ませた。

順調だと思った。

ところが今日になって、SIM番号を知りたくなって、カードが入っているトレイを引き出した。

再びトレイにカードを挿入し、戻したところ、アンドロイドを立ち上げるパスワードがわからなくなり、とうとう初期化してしまった。

昨日の苦労が一瞬にしてなにもかも飛んだ。

元に戻すのに、今日も一日潰れた。

頭が痺れたように疲れてしまって、夕方にはたまらずに寝てしまう。

あ~、しばらくはスマホのために頭を痛めそうだ。

そして、なんのことはない、結局はラインとネットを覗くだけで、たまに電話を掛けるだけのスマホになってしまうと思うと虚しい。

天から声が聴こえてきた。

年寄は、いらんことをするなジッとしとれ、もう、脳みそは腐りかけとるんじゃからな。

2018年6月 1日 (金)

便利だが、脳みそがパッパラパー

Sdscn30942
ガラケーからスマホに乗り換えた。

月額2500円(2年目からは+1000円)、機種代17000円、格安だ。

なんやしらん、ごぞごぞいろうてるうちに、どないどなって電話とラインはつながった。

さっぱりわからへんけど、なんとかなってるみたい。

あとは、山地図と、ハートレート、ランニング、山座・星座同定、位置情報共有、乗り換えアプリをインストールすれば出来上がり。

便利過ぎて、もうガラケーには戻れない。

しかし、月額5~6000円で10万円以上するスマホとどう違うんだろう。

お年寄りには使いこなせないような気がするのだが…。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »