« 頻尿 | トップページ | 浜 »

2018年3月 1日 (木)

セミの抜け殻

Sdscn1350

梅の幹にセミの抜け殻がくっついていた。

主はアブラゼミだろうか。

セミはなぜあんなに大きな声(?)で鳴くんだろう。

ファーブルは不思議に思って、実験したそうだ。

人を集めて、セミの鳴く傍で大声を出してみた。

逃げない。

次に大砲を撃ってみた。

やっぱり平気で鳴き続けていた。

耳がない、鳴くのは暑い夏を楽しんでいるのだろう、そう結論付けた。

ところが違うかったのだ。

耳は腹部に立派についている。

ただ、その耳はセミたちの声だけにチューニングされていて、人の声や大砲の音は聞こえていない。

木の蜜を吸って夏を楽しんで鳴いているのでもない。

メスが大声で鳴くオスを好むから鳴いているのだ。

かくて、夏になるとメスよ来いメスよ来いと大合唱が始まる。

しかし、鳴く一方で、メスは寄ってきてくれるが、セミの体に卵を産み付ける寄生バエも寄せ付ける。

そんな危険をものともせずに、オスはますます大声で鳴き続ける。

しかし、なんで大声で鳴くオスにメスは魅力を感じるのか、それがわからない。

そっと近寄っていって、耳元で優しい声で、好きだと囁くのではだめなのか。

自然界は謎だらけだ。

« 頻尿 | トップページ | 浜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/73024115

この記事へのトラックバック一覧です: セミの抜け殻:

« 頻尿 | トップページ | 浜 »