« 手水 | トップページ | フジバカマ »

2017年11月22日 (水)

山茶花

Sdscn0514
退屈なもんで、3kmほどよたよた走って、ダッシュを2本やりましたわ。

ほいたら、足が攣ってがくがくになりました。

あきません。

寒くなると、あちこちでこの花が咲く。


先日から家のあちこちに糞が転がってるので、誰かなと思ってたが、やっと正体がわかった。

犯人は車の影からのそっと這い出てきて、芝生の上にゴロン。

こちらをちらとみて大あくび。

そいつは体格のいい、大きな丸い顔をして、顎が張った雄猫でした。

白っぽくて、ワオキツネザルのようなシマシマの尾っぽをだらしなく地べたに投げ出している。

堂々としていて警戒する気配なし。

ジッとみつめていたが、飽きたのか、のそっと起き上がり、またまたウンチをして去っていった。

坂の上へ歩いていったが、ゆっくり歩く後ろ姿、大きな引き締まった玉が二つ揺れてましたわ。

夏ごろに、わおぎゃおと夜中に喧嘩してた猫たちがいたが、どうやらそのうちの一頭で、このあたりいったいをテリトリーに治めたボス猫らしい。

オスの野良猫の寿命は5年、飼い猫の1/3にも満たないらしい。

我が子孫を残すために死に物狂いな努力をして、誰よりも強くたくましく生きなければいけない。

軟いのではだめなのだ、頑張れ!

« 手水 | トップページ | フジバカマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/72247232

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花:

« 手水 | トップページ | フジバカマ »