« 山茶花 | トップページ | クヌギ林 »

2017年11月23日 (木)

フジバカマ

Sdscn0558
今日は勤労感謝の日、なんの関係もないが裏山を歩いた。

秋の花、フジバカマがまだ咲いていた。

半島の先っちょに紫雲出山が見えていて、瀬戸内にしては珍しく白波が立っていた。

穏やかな瀬戸内ではあるが、冬になるとよく風が吹き、島への小さな渡船が揺すくられる。

各港ではカモメが群れていて、渡船から投げられるパン屑などを目当てに島から島へとついてきてくれる。

パラグライダー基地で、コンビニで買ってきたお弁当を広げて食べたが、風が吹き寒かった。

鼻水を垂らしながら飲む熱い味噌汁は、やっぱり美味しい。


気候の変わり目になると、気温の変化についていけず、とかく家に閉じこもりがちになりやすい。

どっこいしょと大きな声を出しつつ、散歩でもジョギングでも里山歩きでもなんでもいい、無理くそ外へ出ることにしている。

そうすると次第に寒さにも慣れてきて、カラ元気であってもなんとなくへその下から力が湧いてくるのだ。

深々と降り積もる雪の山、鼻先と耳赤く、吐く息は白く、そんな季節がもうすぐだ。

« 山茶花 | トップページ | クヌギ林 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/72288105

この記事へのトラックバック一覧です: フジバカマ:

« 山茶花 | トップページ | クヌギ林 »