« 海の見える畑 | トップページ | 係長 »

2017年2月 7日 (火)

東鶏冠山

Sp2070002_2
高松市西宝町にある東鶏冠山に登ってきた。

標高はわずかに116mほどだが、不思議なところだった。

この山の名はもともとは中国大連市旅順口区にある要塞の山で、日露戦争の激戦地だったらしい。

その要塞を模してこの地に造られたものだとか。

山頂には写真の石碑の傍らに説明板があって、当時の写真と由来が記されていた。

Sp2070001_2

屋島の見える山頂には砲台が建設され、大砲が備え付けられている。

しかし…

Sp2070006

現在の山頂は荒れていて、屋島は樹木が生い茂り、わずかしか見えなかった。


YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/684161

※石清尾山の北側にあり、西方寺から登ると峰山公園への途中にある。

« 海の見える畑 | トップページ | 係長 »

コメント

よく調べましたね~~~~happy01

こもれびさん こんばんは

答えは簡単、エムテック松本さんの「讃岐の里山に登る」レポートでした。
峰山公園へは歩きよくていい道が整備されてますね。
妻がこの道はきっとれびちゃんがお友達と歩いた道だわって言ってました。
くしゃみが出ませんでしたか?

今日はね、こもれびさんの歩いた男木島へ行ってきました。
ズッコ山への登山口がさっぱりわからなくて、適当に取り付いたのはいいのですが、山頂までイバラブッシュに悩まされ続けましたわ。
ズボンは破けるわ、手はすり傷だらけ。
どこもかしこもイノシシの柵が張り巡らされてて、荒れ放題でした。
参ったわー。
でも、灯台付近の水仙の群生地が満開で奇麗でした。
3月ごろまで楽しめるそうです。

むらくもさん、おはようございます!

鷲ノ山を歩いた帰りに私も歩きましたよ。
私はピオーネさんが、鳥越山のところで「東鶏冠山」と書かれていたのを、目ざとくチェックしてました。
それにしても一つの要塞を落とすのに、何千人もの人が命を落とすなんて、戦争は悲惨なだけですね。

KAZASHIさん こんばんは
今日は寒かったなー。
いつものように散歩に出かけたけど、小雪がちらついて、目と鼻に雪が入ってきたわ。
窓から佐々連尾山や二ッ岳の頂が見えるのですが、白くなってます。
こんな日は鍋に限りますわ。
チゲ鍋を三日三晩連続で食べた結果、体がポカポカして、それまでお尻が痔でむずむずしてたのが、引っ込んで治りました。
東鶏冠山行ってきましたか、さすが素早い行動。
短時間で歩けるのでKAZASHIさんには物足りなかったんじゃないかな。
日露戦争と言えば「坂の上の雲」が有名ですが、明治維新後の日本は富国強兵で軍国主義の時代でしたから、ヨーロッパなどの諸外国の植民地支配に立ち向かうために、あんな風になったんでしょうね。

ところで大高見山から南尾根下り、立ち向かってくるイノシシ集団に遭遇したりして、おもしろかった、いやいやごめん、大変じゃったやろに。
親分はあの調子やと必ず行くんじゃろな。
なんまいだなんまいだー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016521/69520049

この記事へのトラックバック一覧です: 東鶏冠山:

« 海の見える畑 | トップページ | 係長 »