« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

前山

Simg_9901
荘内半島名部戸にある標高222mの前山を歩いてきた。

昨日に続いて二日連続の前山歩き。

明日も歩く予定でいる。

とにかく景色が素晴らしいのだ。

実は他の事情があってのことですが、大岩からは青い海を眺めることが出来て最高な気分です。

大岩から山頂へは残念ながら笹ヤブで、踏み跡薄く歩きにくい。

Simg_9896
沖には伊吹島、湾の右手の島は丸山島。

丸山島は潮が引くと道が現れ、渡ることが出来る。

一度、干潮時刻を見計らってこの島の山頂にある三角点を訪れてみたいものです。

YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/714801

2017年2月27日 (月)

あーあ

Sp2220006
痛い目にあったとしても、失敗すらできない人生よりずっと楽しい。

ー高橋尚子ー

今日山でまたカメラを落としてしまった。

これで三度目の同じ失敗だ。

明日探しに行くけど、楽しくないわ。

2017年2月26日 (日)

昼下がりの公園

Sp2220008_2
自転車のメンテを済ませて曼陀越へ。

チェーンからギヤから灯油で洗ってピカピカ、エアーグリスを吹き込んだこともあってものすごく軽快。
上り坂、なんのその、シャーっと…走らない。

ヨタヨタ。

若者が二人、シュバーっと追い抜いて行った。

ヨタヨタ。

途中でタンマを4回も。

あー、昔は一気に上って、阿波池田へ駆け抜けて高松まで走ったのになー。
あの脚力はどこへ行ったのやら。
ー溜息つくつくぼーしー


嘆いてばかりいられない。

いくつになってもがんばんべー。

うっしゃー!

キアイダキアイダーーー!

2017年2月25日 (土)

豊浜の里山

Sp2250002

裾野に梨畑の広がる風景を眺めながら、西ノ山を歩いた。

登山口はやすらぎ公園、高松自動車道豊浜SAから一山越した東にある。

一山越しというのは実は西ノ山の尾根そのもので、SAから眺めることが出来る。

梨畑は2004年の台風16号で梨園の半分もが崩落する被害が出た。

いまでは奇麗に復旧しているが、果樹園を諦めた方も…。

Sp2250005

目的の西ノ山にある四等三角点はすっかりシダの中に埋没。

Sp2250004

ありました。

〇米さんの点票。

※尾根上にはイノシシの大きなヌタバが二か所、ヤブではガサゴソ音がしてました。

YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/707379

2017年2月24日 (金)

目がよくなりますように

Sp2240009

自転車で自宅から12km離れた清眼神社へ行ってきた。

目の神様、神妙に御参りしたあと海岸線を走って帰路についたが、途中、妻の命令でスーパーへ夕ご飯の材料を仕入れに走る。

もちろん妻は買い物には行かず、そのまま御帰宅あそばした。

今夜はトンテキ、経済的な10枚入りパックを買った。

二人だけなので、しばらくトンテキばかりの生活が始まる。

いくら経済的といってもなー、失敗したわ。

ぶひぶひー!

2017年2月23日 (木)

春よ~

S162

花が咲き、やがて春が来る

小事を気にせず、流れる雲の如し

ーなんじゃもんじゃおじさんー

大事など自分には起きない、だとすると小事を気にせずにいられようか、なぜなら小事以外の他事が何一つ見当たらないからだ。

ーどうしたもんじゃおじさんー

要するにいまはどうしようもなく平和なんです。

2017年2月22日 (水)

顔にシャムネコの特徴が…

S565
妻は1日だけ断食して体重が1kg減った。

こそっとスポーツドリンクを飲んだり、お菓子などをつまんだりしていたのだが。

夫のわたしは1日はお茶だけの完全断食。

二日目は味噌汁や納豆などは食べたが、お米やパンなどはいっさい食べていない。

結果、2kg減った。

その後、妻もわたしも食事は同じものを食べ、妻はお菓子などの間食をしているがわたしは食べていない。

だのに妻はリバウンドなし。

わたしは1kgリバウンドしてしまった。

結果、断食6日後の今日現在、妻はずるがしこい1日断食で1kg減のまま、不完全ではあっても苦しい思いをして2日断食をしたわたしも1kg減。

これってどういうことなの?


最近ほとんど見かけなくなったシャムネコ、島へ行くとその面影を濃く残した猫がいたりする。

昔、飼ってたことがあるのでやたらと懐かしい。

2017年2月21日 (火)

テメー、昼寝の邪魔すんじゃニャーずら!

S163
ふもとの太った豚になるな

頂上で凍えて死ぬ豹になれ

ー見城徹ー

凍えて死にたくはないなー、情けなくないかい?

それよりわし、どちらかというと太った豚の方に魅力を感じるわ。

だけどよくよく考えると、太った豚は、先々人間に喰われちまうな。

何が悲しいといっても、これが一番悲しいわ。

どっちもどっちだニャー。

2017年2月20日 (月)

振り向く猫

S130

不幸せのとき草臥れる者は役に立たざるなり

ー山本常朝ー

この言葉で奮い立てばいいのですがなかなかそうはいきません。

普通はぺシャンとひしゃげてしまうものなのです。

しかし、人間というものはうまく出来ているもので、不幸せなときはあまりそれを感じている余裕などない。

また、鈍感なのか、少々の痛みなど感じられないことが多々ある。

眠いニャー

S554
風は少し冷こかったが、ポカポカといい天気でした。

ほんの少しでも昼寝をするとすっきりして気持ちがいいですね。

今日は恒例の自転車の日。

満濃池のベンチのある堤まで走りましたが、ほんのり汗が額に滲む程度のころ合いの気温。

ベンチで一休みしていると、じいさんばあさんたちの会話が聴こえてきた。

だいぶ前じゃがな、イノシシが後ろからついてきたんにはびっくりしょったが。

それがな、あんた、タケノコの皮を剥いてかごの中へ放り込んで歩るっきょったんじゃ。

ほいたらな、後ろを振り向いたらな、イノシシがおってな、ついてきよんじゃ。

ほらあんた、びっくりしたわいな。

恐かったけどゆうてやったんじゃ、あんた誰な、なんしょんな!ちゅうたんじゃ。

ほいたらな、しばらくこっちを見よったけど、諦めたのか、ゆっくり去って行ったわな。

あれな、タケノコはイノシシが自分で掘ったもんじゃて、自分のもんじゃと思とったんとちゃうんじゃろかの。

おとろしかったがー。


ご用心、最近の田舎では、こんなことも起きてるんですね~。

2017年2月18日 (土)

身震い一つ、うっし、がんばんべー

S105
中途半端な断食だったが。

終わった。

断食中、ラーメン屋さんの前でグー、とんかつ屋さんで涎タラー、テレビの料理番組に目が釘づけになり…。

今日は何を食べてもよいのでお気楽。

気怠く鈍かった体はたちまちシャキッ。

ちゃらちゃらりー、現金なもんです。

パンと牛乳と野菜炒めと目玉焼きで軽く朝食。

ダンベル振り回し、うっし、すこぶる快調。

と思ってたら、お腹がグルグルー。

トイレに三度駆け込んだ。

なんしよるこっちゃ。

弱い体じゃのー。

2017年2月17日 (金)

直島の山

Sp2160032
昨日は直島に渡って、地蔵山・チキリ峰・風戸山を登った。

地蔵山の登山道は歩く人もなくサルトリイバラとシダの藪に覆われ埃が舞い喉がイガイガ、妻は山頂で黙り込んでしまって、機嫌が悪かった。

下山したらシャツは汚れて真っ黒、ズボンには穴があき、酷い姿になってしまった。

鼻をかんだら真っ黒な穴跡がティッシュにこびりついた。

Sp2160105_2
景色の良いチキリ峰岩場では、やや妻のご機嫌が直り、風戸山の岩場に着くと、滑らかな口は絶好調になった。


今日は断食二日目。

昨日は朝からお茶だけ、塩分もとらずに歩いたので、フラフラになった。

朝起きると少し体調がおかしくて、味噌汁を飲んだ。

体調は戻った。

お昼も味噌汁。

夜は堪らずに、納豆ともずくとヨーグルトを食べた。

絶食とはいえなくなった。

二日間の断食はきつすぎる。

続けることは簡単ではない、大変だ。

だけど、飲んだ味噌汁も食べたもずくや納豆も普段と違って感動するくらいに美味しかった。


直島の山ログ

https://yamap.co.jp/activity/695639

2017年2月16日 (木)

人間は実に貪欲で邪魔臭い生き物だ

Sp2030118
山羊は雑草だけを食べて生きている。

コアラなんかはユーカリの葉だけを食べていればいい。

松毛虫なんかはどうかといえば、やはり松の葉だけを食べている。

それと比べると、人間はなんとおとましいことか、昆虫、魚、果物、野菜、鳥、牛、豚、馬、くじら、犬、ねずみ、へび、イノシシ、タケノコ、なんでもこいだ。

そして何でも食べないと不健康になって、癌や心筋梗塞に脳内出血などなどややこしい病気で命を落としてしまう。

テレビであれが体にいいと放送すれば、それを買って食べ、それがいいと放送すれば翌日には買いに走る。

先日、ビタミンEが老廃物を溜めない体にするのでとてもいいとテレビで放送した。

その翌日、スーパーではEがたくさん含まれるベニバナオイルが売れで、ほぼなくなっていた。

それがどうしたと云われればそれまでだが…。


断食実行中、本日1日目、腹減ったーーー!

赤星山

Sp2150041
字を書くのもイヤ、立ってるのもイヤ。

ー橋田壽賀子ー

今年91才になられてますが、お年を召すということはたいへんなことなんですね。

こんなこともテレビで言ってました。

人生は二流でいいの、これが90才まで仕事ができた原因なの。

好奇心を失わない以上、まだ老後ではない。

失うとそこから老後の始まりね。

2017年2月14日 (火)

港の風景

S428
テレビの前で釘付け。

番組はたけしの健康エンターテインメント「みんなの家庭医学」。

最近、健康ものの番組が増えてるので、視聴率が高いのでしょうね。

観る側も真剣、力が入ります。

今日のテーマは老化ストップホルモンのグレリン。

こいつは臓器を若くするんだそうだ。

弱った細胞を活性化しエネルギーを生み出す働きを持っている。

グレリンは体内で簡単に作れるんだそうだ。

間食を控え、三食とも食事前にお腹がグーとなる状態を作れば、グレリンが増える。

やっぱりなー、次から次へと食べてちゃー、ダメだよ。

グレリンが少なくなると臓器の働きが悪くなり、さまざまな病気を引き起こす。

癌細胞もできやすくなるのだそうだ。

もう一つのテーマは「体の錆び」

内臓についている脂肪が酸化し錆となって、老廃物を溜めてしまう。

心筋梗塞、動脈硬化の原因になったり、細胞は癌化しやすくなる。

錆びているかどうかをチェックするには、寝起きの枕を本人には臭わないので、若い人に臭ってもらう。

油が酸化したような加齢臭がすると錆が出来ている証拠。

こいつを撃退するには、ビタミンE。

鯛などの白身の魚やいくらなどの魚の卵、アボガド、サツマイモ、カボチャ、ココアなどに多く含まれるが、もっとも多く含まれるのがベニバナオイル。

一日25mg摂取するといいそうだ。

2017年2月13日 (月)

島の花畑

Sp2030130
老いることは怖くない。

街に出ても、男から恋愛の対象で見られなくなるのが怖い。

ーフランソワーズ・サガンー

老いることは怖い。

男の対象にならなくなるのはもっと怖い。

ー甘粕りり子ー

襲われても怖くない。

もう、妊娠しないから。

ー名無しのやせ我慢子ー

<今日の里山歩き>

天王山ログ

https://yamap.co.jp/activity/692769

清眼山ログ

https://yamap.co.jp/activity/692984

2017年2月12日 (日)

やっきゃ山&東光寺山・高登山

Sp2120003
寒波が去り、8日以来4日ぶりに雲の隙間から陽が射しました。

だもんで、近くの里山へ。

行った山は三野町にある標高102.9mのやっきゃ山。

山頂には三角点があって、〇米さんの点票がありましたえ。

Sp2120006_2
山への入り口にはイノシシの捕獲檻が枯れた雑草を纏ってゴロンと二つ。

こんなところを入って行くのですが、中は意外とヤブいてなく、透いていて歩きよい。

山頂までの所要時間はわずかに5~6分ほど。

あまりのあっけなさに、近くにある次のお山、東光寺山から高登山を周回、こちらも距離にしてわずかに4.5km。

東光寺山の麓にある満水池湖畔は桜の公園、ベンチやトイレがあって、景色のいいところでした。

やっきゃ山ログ

https://yamap.co.jp/activity/689838

東光寺山~高登山ログ

https://yamap.co.jp/activity/690697

2017年2月11日 (土)

男木島のモフモフ猫

S129
ときどき断食をする。

ただし、一日とその翌日のお昼までだ。

まだ、二日以上はしたことはないが、やってみたいと思っている。

なんでも、した人の話を伺うと、それまでの偏食がなくなり、何を食べてもおいしくなったそうだ。

また、少々の体の調子が悪くなったときにも、断食により大概はよくなるそうな。
食事のありがたさが、身に沁みてよくわかるようになるのがなによりもいい。

2017年2月10日 (金)

男木島の路地から

S128
人はみな、それぞれに秘密めいた人生を生きている。

わたしたちが誰かのことを知っているといっても、それはその人の人生の一部分だけで、その人の人生全体じゃないわけだ。

ーゴーストばあちゃんーチェ・ミンギョン

ほんとうにそう思いますわ。

だって、よくよく考えたら、おばあちゃんだけじゃなくて、自分の親や、ひょっとしたら、この子のことは親のわたしが一番よく知ってると思っていても、実はよくわかっていなかったってことがあって、ガーンと頭を殴られたような気持になったりするのだから。

結局、あの人はこうだと勝手に決めつけてるのよな、それがそもそもの間違いの元だってことに気がつかなきゃね。

2017年2月 9日 (木)

男木島で咲いていた寒桜

S142
一般的に女は立ったまま用を足すことができない。

立ったまますると、生温いのが足をよぼう。

なので脱がないといけない。

パンストに細くてきつくいタイツに。

その点、男はチャックをおろしてつまみ出すだけでいい。

そして、便器の中央をめがけて発射する。

以前に便器の真ん中に三重丸を描いたのがあった。

的を射ると、便器の横についた作られたゴリラの手がガーオーと唸って万歳をした。

ウソだ。

用をすませば大概はペーパーなど使わずにちょんちょんとしずくを振りはらう。

パンツにしまって手を洗い、手を洗わないやつもいるが、なにくわぬ顔でまた街を歩く。

街を歩かないで、車に乗り込み運転してもいいのだが、大方日々そんな生活を過ごしているのです。

書くことがなくなると、ついどうでもいいことを書いてしまうが、ま、人生、こんなものでしょう。

2017年2月 8日 (水)

係長

Sp2080159
男木島にはハートの模様が入った猫がいる。

名前は係長と言う。

ハート模様は向かって左の脇腹にあるが、そっちを下にして寝ころんでいた。

係長というからにはオス?

妊娠してるんじゃないかと思うくらいにお腹が出てる。

単に食いすぎて肥えてるだけじゃわな。


ズッコ山からコミ山へ、そして最後にミ山へ行ったが、ズッコ山への登山口がわからず、イノシシの柵が張り巡らされてるところから適当に取り付いたところ、山頂までずんやりイバラとクスドイゲのブッシュ。

笹の中はイノシシのベッド、放棄された畑地はイノシシの掘り返した跡ばかりで荒れ放題。

ズッコ山山頂からコミ山山頂への尾根には明瞭な踏み跡があるものと思っていたが、こちらも結構荒れていた。

帰宅しての熱いお風呂、擦り傷に沁みて、顔が歪んだ。

参りました。


YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/684950

2017年2月 7日 (火)

東鶏冠山

Sp2070002_2
高松市西宝町にある東鶏冠山に登ってきた。

標高はわずかに116mほどだが、不思議なところだった。

この山の名はもともとは中国大連市旅順口区にある要塞の山で、日露戦争の激戦地だったらしい。

その要塞を模してこの地に造られたものだとか。

山頂には写真の石碑の傍らに説明板があって、当時の写真と由来が記されていた。

Sp2070001_2

屋島の見える山頂には砲台が建設され、大砲が備え付けられている。

しかし…

Sp2070006

現在の山頂は荒れていて、屋島は樹木が生い茂り、わずかしか見えなかった。


YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/684161

※石清尾山の北側にあり、西方寺から登ると峰山公園への途中にある。

2017年2月 6日 (月)

海の見える畑

Sp2030157_2

人は自分が気に入ったものしか、受け入れない。

米トランプ大統領のニュースが流れる度に、上の言葉が頭をよぎる。

爬虫類の脳の働きというものは、「食べる」「眠る」「セックスする」「闘う」この四つだが、上の言葉と、爬虫類の四つの本能をミックスすると、トランプ大統領が出来上がる。

まさか、そんなことはないのだが、そう見えてしまうのだから仕方がない。

2017年2月 5日 (日)

死ぬまで努力せよ

Sp2030008

赤ちゃんは産まれると、指をにぎにぎして、いきなりおぎゃーと叫ぶ。

そして無心に生きることを学ぶ。

おかあさんをみつめ、おっぱいを飲み、眠って、またおぎゃーと泣く。

やがてハイハイをして、歩きだしそして遊ぶ。

ひたすら遊んで、言葉を覚えて、やがて大きくなって、失敗したり喧嘩したり思い通りにならないことも学んでゆく。

人間は生まれたときには何も持っていないが、成長の証として、欲望がじわっと芽生え、やがて物、お金、異性、地位、名誉などを得るために努力をし、得たものを失わないためにさらに努力をする。

そのためにさまざまな荷物を背負い込む。

絶えず努力を積み重ね、荷物を支えているのが人生なのだが、これをある日肩からポッと捨てたとき、あまりの軽さに驚いて、今までの人生がなんだったのかと唖然とする。

その軽さはふわふわとどこまでも飛んでいきそうで、いかにも頼りない。

老後というものは、ひょっとすると体に2~30kgもの重りを縛りつけておかないと生きていけないのではないかと思ってしまうときがある。

2017年2月 4日 (土)

高松にて…

Sp2040006

午前中の早めに終わる用事が、ちょっと遅くなってしまい、午後から自転車を車に積み込んで高松へ。

港付近に停めると駐車料金が高いので、西側にある一日490円の駐車場に停め、屋島の海先端にある象の鼻へとギコギコポトポトポタリング。

港から離れて東へ行くほどに、駐車料金は安くて、400円が300円になり、250円じゃっちゅうところもあった。

さらに東へ行くと、なんと無料で止められるガラポンな空き地がたくさんあったわさ、ほい。

しまったしまった島倉千代子じゃわ。

Sp2040024
長崎の鼻では釣りをしてる方がおひとり。

しばらく釣り人の竿先と、その沖を行き交う船をボーっと眺めてた。

完璧な黄昏人生だす。

Sp2040036
再び港に帰って、灯台へ行って、そこからポートタワーを眺めてはボーッ。
おお!突然に閃いた。

自転車で北海道一周じゃ。

というのはウソで、今年の春にはとびしま海道とゆめしま海道を走ることを夢見ているのです。

2017年2月 3日 (金)

志々島

Sp2030004


快晴

詫間の宮ノ下港から小さな渡船に乗って志々島へ

第46作寅さんのロケ地で有名なお花畑へ上がって、港を眺めてきた。

丁度、この島のお花畑を最後まで守ってきた82才になられる女性の方がポカポカと陽が射す畑で作業をしておられた。

菜の花、キンセンカ、マーガレット、そしていまは芝桜を一面に植えていて、春になれば奇麗に咲くでしょうから、その頃にもう一度お出でとおっしゃられてた。
かつての島の人口は1000人だったが、いまはわずかに17人。

廃屋に廃寺にと寂しいかぎりだが、瀬戸の海は青くて、そんなことをそっと暖かく包み込んでくれていた。

Sp2030153_2
三角点のある横尾の辻へ行ってみた。

四国のお椀を伏せたような山並み、瀬戸内の島々、視界360度の眺望。

茂みからは鶯たちがまだ冬の嗄れた鳴き声が届き、青い透きとおった空にトンビがくるり。

普段の生活をすべてどこかへ置き忘れてきたような錯覚にとらわれた。

ここには時間というものが存在せず、止まっていた。

Sp2030089

左端にちょこっと島裾が見えているのが高見島で右へさぬき広島、本島、遠くに小さく瀬戸大橋。

YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/677428

2017年2月 2日 (木)

みかん畑から

Sp2020023
熱いお茶を準備して、そしてスーパーに寄って、具だくさんの太巻きを買った。

ついでにみかんも買って、もひとつついでにトルコ産の干しイチジクを買った。

ナップザックに詰め込んんで、七宝山ハイキング。

取り付き地点はあらかじめ下調べをしておいた高屋町の西上から…のはずが、あらら、全然見覚えのない違う場所から取り付いてしまった。

踏み跡無し、イノシシの歩いた獣道を這い上がった。

ところどころに茂るイバラとネズミサシの木で服が破けそうになりながら、不動の滝分岐地点ちょい南の尾根に合流。

登る途中でお昼のチャイムが麓からチンコーン、お腹がグーと返事する。

展望所に備え付けられたベンチに座って食べた太巻きのおいしかったこと。

食後のデザートのトルコ産干しイチジクを熱いお茶を飲みながら食べたが、いけますね、甘かった。

帰りは、これも初めて歩くルートでNHK伝送線埋設経路を下って、高屋の岡西へ。

どこへたどり着くのかと思ってたら、三豊・観音寺七福神巡りのお寺の一つ、宝珠寺だった。

今日もだれにも会わないだろうと思ってたら、尾根の途中で普段親しくしているYさんペアにバッタリ、びっくらこいた。

Yさんは不動の滝から登ってきたのだが、大きなイノシシに出遭ったそうな。

くわばらくわばら。

みかん畑から眺めた景色は、観音寺市内を流れる財田川。

流れる川に架かる三架橋、燧灘、奥に川之江・伊予三島、そして赤星山、二ッ岳や東赤石山の山並み…。

こんないい場所があったんですね、感激しました。


YAMAPログ

https://yamap.co.jp/activity/677020

2017年2月 1日 (水)

ばくち山での願い事Ⅱ

Sp1310014
小さな子どもたちの願い事はかわいくて微笑ましいですが、大きくなるにつれ、だんだんと現実味を帯び切実になる。

勝って優勝しますように、小遣いをもっと増やせー、大人は愚痴るのをやめてほしい、合格しますように、あの子が好きetc

そして働くようになると、給料増やせー、宝くじ当たらんかのー。

退職すると、家族みんな健康で長生きできますように、そして孫が元気ですくすく育ちますように。

山の上で願い事、景色がよくて、空気がおいしくて、ご利益いっぱい授かりそうな気がしますよね。

そしてここばくち山山頂は神社やお寺がないせいでしょうか、願い事をするにもなんとなく気持ちよく素直になれます。

八畳岩からは粟島や志々島、そして瀬戸大橋も見え、いい景色が広がっていました。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »