« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

いい月夜です

Sp9200008人様には自慢したり偉そうな態度をしたら、あきません。

また、思ってもあきません。

すぐに顔に出て、人様はすぐにわかってしまうものです。

「末永く、よろしくお願いします」

実るほどに、頭の垂るる稲穂かなですわ。


今日は中秋の名月、まん丸お月さん、窓から覗き込んでます。

2015年9月26日 (土)

彼岸花

Simg_4520土手に咲いていた紅白の彼岸花。

めでたしめでたし。

最近、白花がやたらと増えてますが、これは自然に増えてるんでしょうか?

この土手に咲くシロバナは川面に近く、雑草が生い茂り、とても人が入っていって増やせるとは思えないところに咲いてました。

彼岸花は球根から増えるものと思ってましたが、それだけじゃなさそうですね。

種も飛んでるんかしゃんね。

2015年9月25日 (金)

アゲハ

Simg_4516田んぼの畔にたくさんの彼岸花が咲いている。

今年は雨が適度に降ったせいか、例年より鮮やかだ。

テーマは彼岸花と実りを迎えた稲穂だったが、カメラを構えているとアゲハが飛んできてくれて、いつまでも花の周りで遊んでくれた。

虫たちも結構多い。

散歩道のアスファルトには青くて大きな虫が叢から這い出してもぞもぞ横断する。

夜にはコオロギたちの大合唱が始まるが、そんな虫たちを狙って、鳥たちも元気がいい。

その鳥たち、すでに夏鳥は南へ渡り、代わって冬鳥たちがやってきているようです。

2015年9月24日 (木)

口卑しい秋

Sp9200001秋ですね~

魚や果物が美味しい季節になってきました。

店頭にはまるまると太ったあゆが、もりもりにして売ってましたわ。

よだれが出て、いかんのですわ。

動物たちは秋になるとせっせと食べて、冬に備えるのですが、人間も同じかしゃん、ここのところ食欲が旺盛です。

体重がじわりっと増えておりまする。

2015年9月23日 (水)

シロモジと実

Simg_4288高所では薄っすらと紅葉が始まった。

写真は2週間ほど前に大座礼山付近の稜線で撮ったものなので、まだ葉は緑緑しているが、昨日に登った東膳棚への尾根付近では、黄色くなったものを見かけた。

この時期一番に紅葉するといえば、シロモジのほかにはガマズミ系とカエデやツツジ系だろうか、ほんのりと紅く色づいていた。

来月に入ると、先ずは石鎚山が紅く焼けるでしょうか。

カメラを持ってあちこちと歩きたくなる時期がやってきました。

2015年9月21日 (月)

鉄橋のある風景

Simg_4259散歩を続けていると、普段なにげなく見ている風景が結構面白く感じます。

近くに鉄橋があるのですが、走る電車が時刻によってことごとく違うんですよね。

二両のときもあれば四両のときも、ときには長い貨物が走ったりで見ていて楽しい。

今日撮った写真はたまたま四両でしたが、珍しくへんてこな一両の列車が走ってたりして、あわてて撮ったもんだから、空振り。

電車だけでなく飛行機や船などの乗り物って、なぜか心が引き付けられます。

2015年9月19日 (土)

川面

Simg_4254キチキチキチー

どこからかモズの鳴き声が聞こえてきます。

彼岸花が一面に咲き、季節はすっかり秋の気配、それにしてもモズの高鳴きとは、少し早すぎるような気がしますが…。

大沢港

Simg_4441朝ドラ「まれ」のロケ地である大沢港を訪れた。

車もあまり通らない静かな漁村、そうですね、荘内半島でいえば、仁老浜か室浜のような感じで、その家々の塀の垣が間竹で仕切られ、海から吹く風よけになっている。

そんなところでしたが、昔は北前船の重要な立ち寄り港として栄えた浜で、歴史のある漁港でした。

昔、大沢港に流れ込む谷坂川ではうなぎなどがたくさん棲むところでしたが、なぜかいまはあまりみかけなくなったとのことです。

2015年9月12日 (土)

シコクママコナ

Simg_4275昨日のシカ肉で思い出しましたが、昔は、なんでも自分で食材を整え、調理の準備をしてから料理をしてましたよね。

つまり、魚料理をするのに先ず魚を釣ってきて、まな板の上でお腹を割いて内臓を取り出し、そして調理をしてました。

鳥鍋も鳥の首をはねてから、羽をむしりとり、そしてさばいてました、

卵なんかも、鳥小屋に入って、親鶏を追い払ってから卵を収穫し、そして料理をする。

なんでもそんな風にしてましたが、今はスーパーへ行って、ちゃんとさばかれたものを買ってきて料理するので、直接生きたものを殺したり、血を見たりなんていうことはなくなりましたね。

豚や牛を殺したりなんていうのはさすがに昔の私たちにもないことですが、生きるっていうことは、そのために料理するっていうことは、まさしく血を見る、ほんとうはそういうことなんでしょうね。


※ほんのしばらくお休みします。

2015年9月11日 (金)

朝日

Simg_4256今日、山で、猟師の方に出会った。

トラックの荷台にはつい先ほどまで生きていたシカが転がっていた。

がっしりした体格で立派な角を持っている。

自宅に帰って、肉をさばき、ご近所にわけてあげるんだそうな。

血抜きをした鹿肉はおいしくて、レストランでもメニューにいれているところもあるほどです。

ところでシカは一頭のオスを中心にして何頭かのメスを従えた集団生活を営んでいるんだそうですが、いわゆるハーレムを形成するんですね。

そのオスは選ばれた強靭なオスでなければいけない。

そのためにはオス同士が戦いを繰り広げるのですが、なかには死ぬものも出てくる。

メスは勝ったオスしか相手にしませんので、オスは必死。

なんとも野蛮ですが、人も昔は権力で大奥をつくっていたこともあったし、天皇も奥方以外に何人もの女性をはべらしていた時代がつい近年まであったのです。(江戸時代以前は女帝が認められていたので、そこらあたりでは男をはべらしていたかどうかは知りませぬが)

余談はさておいて、そのハーレムを形成する時期がちょうどいま、シカたちがもっとも活発に動くシーズンです。

今日の山はあちこちでシカの鳴き声、結構うるさかったのですが、来年春にはたくさんの小鹿でますます賑やかになりまする。

2015年9月10日 (木)

トイレで手を洗う

Sp8020031これって、常識、それとも???

外で遊んだあと家へ帰ってくると手を洗いましょう、と同じくらいに小さいころは親や学校などで教えられた。

ところが、欧米を含む外国ではトイレのあと手を洗うかといえば、それほどではないそうだ。

しかし、、食事前に手を洗いなさいと躾けられているそうで、ちょいと事情が違う。

そして日本の場合は食事前に手を洗うという習慣づけがあまりない。

文化や生活習慣というものは国によってだいぶ違うものなんですね。

両方とも手を洗えば問題はないわけですが、どちらが衛生上合理的ですかと問われると、うーん、どうなんでしょう。

やはり、食事前でしょうか?

特に水洗トイレが普及した今日では、手を洗わなくてもいいくらいに衛生的になりました。

とは言っても、習慣というものは恐ろしいもので、やっぱり洗わずにはいられません。

2015年9月 9日 (水)

ガサ入れ

Simg_4228立ち上げたばかりの何とか組にケーサツが踏み込んだらしい。

「おんどりゃ、どこのもんや」

「こら、開けんかい、ケーサツじゃ」

と言ったかどうかわかりませんが、どっちがどっちだか、これじゃわかりませんよ。

しかし、暴力団はいまやサギ集団になっているそうで、落ちるとこまで落ちましたねー。

2015年9月 8日 (火)

タカネオトギリ

Simg_4198何が嬉しいと言ったって、好きな時間に眠り、誰にも邪魔されずに本を読み、黙っていたいときにしゃべりかけられなくて済む。

しかし、同時に、そのようなあまりにも自由な生活に、自分が耐えられるだろうか、という不安もあった。

人間は不自由の中にいてこそ、自由を想うのであって、自由の中にいると、食べ過ぎた後の胃袋みたいな気分になるかもしれないのである。

<太郎物語>-曽野綾子ー

退職して、もう何年も経ったが、あまりにも自由過ぎて、おかしくすると自由なのが不満で、不自由と緊張ををもとめて自分をがんじがらめにしたくなるときがある。

幸せの中に生きていると、幸せが見えないのと同じ理屈で、不幸になったら幸せがわかるかななんて馬鹿なことを考えたりする。

人間てどうしようもない動物だが、そんなときは貧しく苦しい生活を試みて、我慢し耐えることが大切だと思った。

我慢すること耐えること、これはなにも若いときだけではなさそうで、歳がいけばいくほどに必要だと感じている。

2015年9月 7日 (月)

リンドウ

Simg_4208リンドウはお陽さんが射さないと花を開かないそうで、それはもし開いていて雨が降ってくると、花粉が流されてしまうため、流されないようにするリンドウの知恵だそうです。

陽が射してくると一斉に花弁を広げ、虫たちを誘い込み、花粉を運んでもらう。

この日は大気がやや不安定で晴れたり曇ったり、遠慮がちに半開きのものもありましたが、閉じたものが多かったでしょうか。

山に登りだして初めて見た花がリンドウ、今年も見ることができました。

<昨日の川柳答え>

①起きて待つ、②診察券、③テレビつく、④千鳥足、⑤病院

でした。

シコクフウロ

Simg_4238好評(どこがいの)につき脳トレ第二弾、といってもそのスジから引っ張り出して引用しただけなんですけどね。

そのスジって、最近話題になってる分裂したあのスジではございません。

能書きはそれぐらいにして、前回と同じく川柳から…。

①目覚ましの ベルはまだかと ●●●●● (ノーヒント)

②改札を通れず よく見りゃ ●●●      (ヒント 高齢になるとますます使用頻度が)

③暑いので リモコン入れると ●●●●● (ノーヒント)

④元酒豪 今はシラフで ●●●        (ヒント 浜辺)

⑤昔酒 今は●● はしごする         (ノーヒント)

※●に漢字を含む言葉を入れてください、答えは明日、たぶん。

2015年9月 5日 (土)

スポット光

Simg_4215_2昨日、久しぶりに名頃から三嶺へ登ってみた。

咲く花はアキノキリンソウ、タカネオトギリ、シコクフウロ、リンドウ、ヤマラッキョウなどなどすっかり秋の風情でした。

古木のマユミの木には実が鈴なりで、アオベンケイも花を咲かせてました。

金曜日なので、午後から登ってこられる方もいて、みなさん小屋泊まりの予定。

外国のご夫婦、ソロ、若いグループ、昨夜は賑やかだったでしょうね。

圧巻は、山頂でお会いした男女お二人。

なんと朝4時、見残しを出発しお亀岩までをピストンしてました。

12時頃に、三嶺山頂でお会いした時は、お亀岩まで行っての帰り道。

男性のお歳は還暦を迎えたとこだとか、女性の方は富士ウルトラマラソンに参加するための猛特訓中。

<脳トレクイズ答え>

①メモが要る、②暇が増え、③被害なし、④教科書、⑤字の大きさ 

でした。

2015年9月 3日 (木)

ツルボ

Simg_4158妻と会話をしていたとき、なんぼにも歌手の名前が思い出せなくて、じわっと痴呆症が忍び寄って来よるな~と思いました。

最近、会話の途中で人の名や地名が思い出せずに言葉が詰まる場面がやたらと増えました。

そこで脳トレをすることにしましたが、これが難しくて一つも解けません。

脳トレ問題は次のとおりでした。

いくつ解けるか試してん。

もしもゼロだと…あなたも危ないかも。

<脳トレ問題としてお年寄りが作った川柳です、●●●のところに適切な言葉(漢字含む)を埋めてください。

①メモ帳の しまい場所にも ●●●●● (ヒント なし)

②人生の 時間は減るのに ●●●● (ヒント 増えすぎちゃって困るの~🎵)

③カードなし ケータイもなし ●●●● (ヒント よかったね~)

④祖母の知恵 ●●●よりも 役に立ち (ヒント ランドセル)

⑤中身より ●●●●●で 選ぶ本 (ヒント 助かるー)

※答えは明日

2015年9月 2日 (水)

大失態と、そのつけは国民に

Simg_0013TOKYOオリンピックのことがえらいこと盛り上がっていますね。

まだ、5年も先のことなのにね、どうしたことでしょう。

メーンスタジアムのこともエンブレムのこともたぶんあれは間違いなく組織の不祥事。

ものすごい税金が、この不祥事のため、無駄に使われていることがあきらかになった。

それでも誰も責任をとろうとしない。

なんでこんなことが起きるんでしょうか。

それはたぶん、民間の会社でもそうですが、不祥事が起きる組織というものは内に閉じこもっているんですね。

部下は上司の顔色ばかりを見て仕事をするイエスマンばかり、上司のご機嫌さえとっていれば出世してしまう組織ですから、上司の言うことはなんでもイエスなんですわ。

これじゃ、斬新で改革的ないい仕事はできない。

例えばの話ですが、ある自治体の公務員、住民に顔を向けて対話をしながら仕事をするんじゃなくて、上司の方を向いて効率的イエスマン的に仕事をこなし、前例からはみ出さないようにさえすれば失敗はないわけで、出世街道まっしぐらですわね。

民間の大企業でもそういうところがあって、社員がイエスマンで前例ばかり気にしているところは、えらいこと粉飾決算をやらかして、大問題になっています。

これが過去にも結構有名どころが、あちこちでやらかしたりして大きなニュースになったりしてました。

オリンピックに向けて組織一丸となって、というのがスローガンだったのですが、それは掛け声だけで、似非で、バラバラでボロボロ組織でした。

言葉には惑わされないようにしないといけませんです、はい。

特にこの国の政治家にはね。

2015年9月 1日 (火)

湿度80%

Simg_4137今日も雨。

空を見上げると、雲が重たく垂れ込め、遠くの山も近くの田園も一面灰色。

細い雨粒があたりに降り注ぎ、まるで水の中を泳いでいるような気持にさせられる。
パークパクパク、窓からガラス越しに眺める風景は、金魚です。

雨上がりの散歩道ではつゆ草が一斉に開花した。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »