« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

馬鹿につける薬はないかいな

Sp8020154常にバタバタする妻は、そのためによく電気を消し忘れたり、テレビをつけっぱなしにして寝てみたり、戸を開けっ放しにしてみたりする。

夏の夜に蚊が入ってきて、あちこち刺された時には、あまりの痒さに腹が立って、戸を閉めない妻に向かって、ちまちまねちねちと、それこそ粘り納豆のように、いつまでも責め立ててしまうことがある。

最近、そのちまちまねちねちがやたらと増えてきて、これはいかんと気づくことがあって、こんないやな夫だったかなと反省してしまう。

これは一種の病気ですな。

いちいちそんな細かいことを言わなくても、さっさとフマキラーをふりまいたり、電気を消せばそれできれいさっぱり済むのにね。

ほんと、どうしてこうなんだろうね、やなもんだわ。

普段、妻にしてもらってることたくさんあって、感謝しないといけないのに、馬鹿だわ。

頑張ってみて、そして結果にくじけず

Sp8230045人間の世界には、どんなに頑張っても成就しないことがある。

人間の生涯の成功は、決して努力だけで達成できるものでもない。

努力した人が必ずしも冨や権力や幸福を得るわけでもなく、怠けた人や頭の悪い人がどん底に落ちることもない。

思い通りにいかないから人生は面白いー曽野綾子ー

「何事もなせばなる」と思い込むことは大切なことなんですが、一方で必ずしもそうはいかないぞという現実の厳しさを知っておくことはもっと重要なことなんでしょうね。

2015年8月29日 (土)

覚悟が足りん!

Sp8230082ひと時、想定外という言葉が流行った。

この言葉をテレビで平気な顔をして言う人を観て、なにをあまちゃんなことを言ってるんやと思った。

人生は常に想定外なことが起きるのが当たり前。

地震が起きる、台風で飛ばされたり洪水がおきたりもする、火災も発生する。

あれほど元気だった人がと思うくらいに、人はあっというまに病に侵されたり、コロッと死んでしまう。

どれもこれもまさかのまさかで、本人や家族にとっては想定外の出来事。

うちのこどもが虐めにあってる!

突然のリストラに!

日本はあの大きな戦争を起こし、そして原爆を落とされ、何十万人と死んでいった。

間違いなくこれも想定外な出来事だったんでしょう。

東日本大震災では原発が津波で破壊されメルトダウン、大きな災害を起こし、いまだ放射能が外に漏れ続けている。

交通事故なんていうのも、まさかのまさかですよ。

そしてアホずらしてぼやく、想定外やと。

情けない!

2015年8月27日 (木)

シコクフウロ(イヨフウロ)

Sp8230017大歩危小歩危ラインを車で走ってるとき、常々思ってることがある。

大歩危って大呆け?

小歩危って小呆けのこと?

中歩危がないよな。

中呆けはちゅうぼけと言わずになかぼけって読むのが適当だわ。

歳をとると、寝ぼけた独り言が増えますので、ご注意を!

2015年8月26日 (水)

嘘こそ真実なり

Sp8230078

山頭火はこんなことを言っている。

今日一日、腹を立てない事

今日一日、嘘をいはない事

今日一日、物を無駄にしない事

この中で一番難しいことは「嘘をいはない事」だ。

嘘がつけなくなったら、人生真っ暗闇、これぐらい面白くて楽しいことはないのにね。

古い道歌に次のような短歌がある。

「今日ほめて 明日悪くいう 人の口 泣くも笑うも 嘘の世の中」

人間止められません。

シコクブシ

Sp8230010携帯電話はいつの間にかスマホにとってかわり、ますます便利になったが、その代償として月々の使用料が高額になってしまった。

大人だけでなく、子どもまで持つようになり、一家のスマホにかかる負担は大きい。

いったい、家計に占める割合はどの程度なんだろう?

プラス、車の所有にかかる維持費や燃料代、それに高速料金を加えると毎月の出費はかなり高額になる。

正直言って、庶民感覚としては毎月毎月、車と通信費のために働いているようなもの。

最近はそれに加え、公共料金も値上がりしてかなりきつくなっている。

その分、食費を節約したり、レジャー費を削ったり、欲しいものも控えたりでキューキューとした生活余儀なし。

多くの庶民がこのような家計状態のなかで、政府の言うような、経済成長が持続化する時代が来るとはとても思えないし、起きるはずもない。

いまわずかに上向いているように見えるのは、ただ単に円安による一時的なものでしょうね。

残念ながらすぐに終わりが来る。

話題が暗いですね~、くらくらしますわ。

2015年8月24日 (月)

コモノギク

Sp8230034富士の山ほどお金をためて 裾から五円ずつ使いたい

※明治時代の五円

楽しみは 後ろに柱 前に酒 左右におなご ふところに金


死ぬまでにはよ使わにゃ、と思うのやが使いきれんがな、アセアセ

どこのどんばたはんで、そんな大ぼらを吹くのは…

ボラは川尻にようさん泳んぎょるきん、そこらへんじゅう、大ぼらだらけや。

2015年8月23日 (日)

山は秋の気配

Sp8230056久しぶりに次郎笈・剣山へ

風は涼しく、空気は澄み、空は真っ青

空に浮かぶ雲は真っ白で、夏と秋とのせめぎあいでした。

いい季節の到来です。

2015年8月22日 (土)

教えられること多し

Sfreshpaint1920150822023813世の中は 豆で 四角で 柔らかで

 豆腐のように 変わらぬぞよし

どなたが詠んだかは知りませぬが、なるほどいいですね~。

肝に銘じましょうぞ

2015年8月21日 (金)

人生は悲しいことに一度だけ

Simg_3867「稼ぐ楽しさは、同時に使う楽しさでなければならない。

釣りでいうと、へら鮒は釣ったら放すのが面白いのと同じである。」

一生サラリ-マン生活で終わったわたしには味わうことのなかった話ですが、この年になって、この言葉を聞いて、もう一度人生をやり直してみたくなりましたわ。

しかし、こういうことをなにげなく言えるのは、サラリ-マンで過ごしてきたわたしにとって、稼ぐっていうことのほんとうの意味が理解できてないし、大変さをよくわかってないのでしょうね。

2015年8月20日 (木)

これだから大人になれないんですわ

Sp8030386「商売の恩は石に刻め。商売の仇は水に流せ」

いい言葉ですね~。

他人様から親切にしていただいたことは、忘れちゃいけない。

無下にされたら、それは自分に試練を与えてくれたものとして、感謝するべし。

うっし、イエスキリストの心でがんばっぺ…と思うのはこれは出来過ぎ、精神上よくない。

感情を素直に表すことも大事なのでありまする。

なので、ここはお返しに一発遣り返すべし!

2015年8月19日 (水)

ウソも…

S201491315_274どうせウソをつくんだったら、その場ですぐにばれるようなウソはついてはけない。

できれば生涯、というのは無理かもしれないので、せめて5~6年は大丈夫だろうというウソをこきましょう。
5~6年も経てば、ウソをつかれた人ももう忘れているか、いまさらってな感じで許してくれるでしょう。

え?

許してくれそうもない。

それに、どうやってもすぐにバレる。

相手はおかあちゃん(奥さん)でしょう。

そういうウソは止めようね。

2015年8月18日 (火)

結局、使い捨てなのね

Sp8090069普段の山歩きのお供に腰にぶら下げて持ち歩くカメラは防水型コンパクト。

たまたまいい写真が撮りたいと思って、コンパクトは止め、一眼レフと交換レンズを二本持った。

一本はカメラに装着し、もう一本は多少ショックを与えても大丈夫なケ-スに入れ、ザックのポケットにしまい込んだ。

これがいけなかった。

下りの急斜面で思い切りひっくり返ってザックごとドシンとしりもちをついた。

筒の先がぐしゃりといがみ、保護レンズは割れ、動かなくなってしまった。

帰宅後、妻がカメラ屋さんに持ち込んで修理見積もりを依頼した。

結果は、新品を買う値段と変らない。

比較的こましな中古レンズだと、修理代金よりぐっとお安い値段で売っている。

もったいない、直せば使えるのに、とは思ったが、結局修理をせず割安なレンズを選んでしまう。

現代は、使い捨て時代。

どんどん新しいものに替えられてしまい、少しでも古いものは捨てられていく。

人の場合は特に、少子高齢化時代のいま、ますますその思想が色濃くなってきており、年寄りの肩身が狭く、なんとなく息苦しく感じるようになってきた。

団塊の世代やそれより少し年配の人たちが就職するころは、大量の若い働き手として金の卵などともてはやされ、年金や医療制度ばかりでなく高度経済成長を遂げ、社会全体を支えてきたはずだが、いまや用無しどころか年金や健康保険などを大量に浪費する社会の諸悪の根源で、姥捨て山的存在に変貌した。

ほんとうは怒りたいのですが、それが声にならず、なんとも悔しく、情けない気持ちで、ほそぼそと小さくなって生活している今日この頃です。

2015年8月17日 (月)

東稜、笹滝

Sp8090067年をとってきたら、言葉で支えなきゃいけない。

一人言でもいい、テレビと会話するのもいい。

とにかく、一人暮らし、もしくは一人暮らし同然→ここがミソ、の人にはとても大切なこと。

夫婦生活も長くなるとお互いにくたびれてしまい、単語どころか、「あれ、それ」とか「あ」とか「う」の会話で終わってしまう、
こうなると、ボケるのがとても早いそうだ。

気を付けよう。

2015年8月16日 (日)

カラス天狗さん

Sp8090086薬の名前をみていると、結構面白い。

ナリピタン…耳鳴り

ないしとり~な…内臓脂肪をとる薬

ガスピタン…お腹の張りに効く

ナイトミン…夜眠れない時の睡眠薬

ズッキノン…鎮痛剤

そんまんまの薬名

イタミト-ル

イボコロリ

キズナオ-ル

ネツサガ-ル

さて次の薬品名はなんでしょう

コムレケア

サカムケア

イララック

シビラック

スル-ラック

当てたらえらい。

2015年8月15日 (土)

オシロイバナ

Simg_4118いつもの散歩道。

大きな桜の木からは、ワシャ-ワシャ-ワッシャッシャ-、クマゼミ絶好調。

すぐ傍にあるおうちの方は朝から夕方まで大変、私だったらその大合唱に我慢できずに木を切り倒してしまうでしょうね。

ところでセミの寿命、脱皮してから一週間ほどだと云われてきたが、最近の研究で2週間から長いものでは一ケ月ほど生きてるそうです。

ワシャ-ワシャ-ワシャ-!

鳴くのはオスのみ、メスを誘っているんだとか。

ご苦労なこってす。

2015年8月14日 (金)

沢音

P7150016米寿の祝いを済ませました、はい。

皆さんがよくしてくれるので、辛いことはございません。

でも、その、もったいないといいますか、辛いことが何もないということが、かえって辛いんでございましてね。

辛いことないもんで…うれしいことがないんでございますよ

「大往生」-永六輔

病気をして、はじめて健康のありがたさを知る。

2015年8月13日 (木)

男って、寂しい存在だわ

P7150036父と息子って、親子であることが耐え難く恥ずかしいと思っている人が多い。

それは多くの男親が育児をやってないからで、女はここから産まれて、おっぱいをあげて、一所懸命に育てて、親子関係が恥ずかしいなんて思わない。

「夫と妻」-永六輔-

わたしも耐え難く恥ずかしく思っている一人で、そういえば育児なんてしようとは思わなかったし、一緒に遊ぶことも少なかった。

なるほどね。

お乳をあげたり、おしめを換えたり、子供のために食事を作ったりなんてしてないもんな。

子に対する思いはあっても、それを言葉にしたり、直接行動に繋げたりっていうことは結局ようしないんだわ。

2015年8月12日 (水)

残暑が続きます

Img_3871朝食に何を食ったかは忘れてもいい。

朝食を食べたことを忘れなければそれでいいんです。

-永六輔-

う-ん…、必ずしもそれでいいとは思わない。

なんだか、思い出せないということは痴呆症に片足踏み入れているようで不安だな。

やはり、きちっと覚えておけることがいいよな。

2015年8月 7日 (金)

戦争とは…

Img_3870「人間はただ人を殺す気にはなれません。

わたしの場合、戦場にいて、戦友が殺されたとき、その瞬間鬼になります。

平気で人が殺せます。

そのことが、戦場体験のない人には理解できないですね」

-三波春夫-

2015年8月 6日 (木)

あるデ-タから

Img_3830妻を失った夫の平均余命が3年

夫を失った妻の平均余命が15年

誰でも永く連れ添った夫もしくは妻が亡くなれば、悲しくて寂しくてしょぼんとします。

夫はしょぼんとしたまま、生きる張り合いをなくし亡くなっていくケ-スが多いようですが、妻は突然ある日立ち直るのです。

勢いよく。

2015年8月 5日 (水)

夏休み

Img_4078退職して一番よかったことは自由を手に入れたこと。

一番よくないと思ったこと、それはお金がなくなったこと。

お金がなくなって、思ったところに行けなくて、不自由になった。

自由になったのは、慌ただしく出勤する時間帯に悠然と散歩すること、本を読む時間が俄然増えたこと、朝の二度寝と午睡と夜の早寝くらいでしょうか。

それとたまにこうやって、写真を撮ること。

あ、そうそう、敢えて付け加えるなら、アホな会話をすることが日常茶飯事になりましたわ。

それ以外はなんもいいことございません、はい。

2015年8月 1日 (土)

アクシバ

Img_3838「遊びをせんと生まれけむ」

人間は遊ぶ生き物である

寸暇を惜しまず、視聴覚、五体、頭脳、全身全霊駆使して遊ぶ

人から遊びをとったら…どれほどつまらない人生だろうか。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »