« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

筋肉劣化と筋肉痛⇒肉離れ・断裂

201491315_532年齢が高くなると、バランス感覚はもちろん筋肉の衰えが激しい。

そのために登山中における中高年の事故は必然的に多くなる。

特に気をつけないといけないのが下りで、大腿四頭筋の低下が著しいために体を支えきれずにバランスを崩し、転倒・滑落したりする。

大体四頭筋は筋肉の中でも高齢になると一番早く低下するところで、60歳代では20歳代の半分になってしまう。

平衡性などは1/5ですから、そら恐ろしい。

筋力の衰えをカバ-するために普段からのトレ-ニングは欠かせないのですが、それでも低下する。

いつまでも若いと思ってはいけない。

高齢になるとともに行く山はより軽く、楽しめる山を選ぶことが大切になってくるようです。

2014年11月28日 (金)

あんたのことやで!

201491315_590あんた!ちゃんと言うこと聞いて、しっかりやってよね!!

あ、はい!はいはい先生、わかりやした。

いえ-ひぇっひえっ~~~、あいつ、いっつも怒られてやんの、バカやな-。

2014年11月27日 (木)

鯨は空を飛べない

201491315_611イルカにゃ負けへんぞ!

どっこいしょ、おりゃ-、ど-じゃ---。

う~ん、重たいが-、だめじゃ~。

んじゃが、イルカと比べて下へ落ちたときは迫力あるで、バッシャ-ンて、プ-ルの水しぶきを子どもたちに掛けてやるんじゃ、キャ-ゆうて大喜びしよる。ドッヒャッヒャッ

2014年11月26日 (水)

空を飛ぶイルカ

201491315_589わお-、すごいジャンプ力だね-。

羽ガ生えたように飛んじゃってるよ。

雲は白くて空は青いね~。

うっし、このまま海まで飛んでいくか。

いや待て待て、早まるでない。

ここで居れば、おいしい食べ物はた-んと貰えるし、わいらは遊んでるだけなんやが、なんやしらん人間の子どもたちは喜んで拍手してくれるし、いまさら怖いシャチのいる海へ帰らんでもええかもよ。

もう一回行くか、それ-っ!

2014年11月25日 (火)

雨の降る日は…

201491315_686散歩にも出かけられず、なにもすることがない。

仕方がないので部屋の中でダンベルを振り回してしたら、腕と肩が抜けそうになったので、止めた。

情けなくて、ちょっとだけ腹が立ったので、甘いお菓子を食べ、牛乳を飲んでしたらお腹が痛くなって、その後慌てて何度かトイレに駆け込む。

外はシトシト、そんな一日でした。

2014年11月24日 (月)

さぬき里山Ⅲ

紅峰のすぐ南にある標高174.8mの黄ノ峰に登ってきました。

Pb240007高松にある香川県総合運動公園の南に走っている県道161号線<さぬき浜街道>、高松から坂出方面へ走っていると亀水(たるみ)へと右折する道があって、そこを少し下ると右手上に小さなお堂がある。

そのすぐ左奥に黄ノ峰へ登る登山道がついている。

Pb240008岩場付近から眺めた県道161号の浜街道。

Pb240011高松方面の風景。

Pb240022山頂は展望こそなかったが、四等三角点・黄峰があって、結構人が訪れている様子でした。

山頂から北側へと歩いてみたが、薄い踏み跡があって、樹幹越しに紅峰や串ノ山が見えていた。

2014年11月23日 (日)

さぬき里山Ⅱ

アンジ-パパさん、坊主さんのお二人とさぬきさいた駅から尾野瀬山経由で阿讃山脈縦走に出かけた。

Pb230073
縦走路の紅葉は色褪せから落葉への様相

Photoル-トログは財田JR駅を起点にして時計回り。

ちょいミスコ-スして沿面距離おおよそ20km、総行同時間約9時間半。

疲れました。

2014年11月22日 (土)

さぬきの里山

高松市にある紅峰を歩いてきた。

東の小坂というところから歩いたが、登山口がよくわからず、しばらくミカン畑への林道をうろきょろ。

ミカンの摘み取り作業をしていた方にお訊ねしたがわからない。

適当に細い畑道を登ってみたところ、合ってました。

Img_0092急登を汗かきながら登り詰めると石積みと、小さな紅い山頂標識。

Img_0103東西に長細い山稜をそのまま西へ

岩場の展望所があるらしいのですが、わからなかった。

本日唯一の瀬戸を眺めることのできたところへ。

三角頭の島は大崎の鼻の沖に浮かぶ大槌島のようです。

Img_0120西の端手前の小さな鞍部から降りると廃屋の民家に…

Img_0122道のない荒れた畑を辿り塩塚へと下った。

標高わずかに245mの小さな里山でしたが、結構楽しかった。

もう一度登って、岩場の展望所へ寄って、思いきり瀬戸内海を眺望してみたい里山でした。

2014年11月21日 (金)

もみじ

Pb210004政治のことに触れることはしたくないなのだが、あまりにもその本質を覆い隠すような言葉には黙っていられなくなる。

今日、どこかの国の首相がこの国の雇用が大幅に改善したことは○○○ミクスの成果だと言い切った。

本当だろうか?

確かに雇用全体は大幅に増えている。

ところが、正規社員は年々減り続けている。

増えているのは非正規社員とパ-ト。

給料と労働条件は下がり続けている。

それでも首相は、今年のベアが実施され給料やボ-ナスをUPさすことが出来たと胸を張った。

それはうわべだけの話しで、消費税や物価上昇によって実質賃金は減っている。

日本はここのところの円安にもかかわらず28ヶ月連続で貿易赤字が続き、金額ベ-スは増え続けている。

いつの間にか貿易赤字、財政赤字との双子の赤字を抱え、その赤字幅は増大し続けているなかで、ましてや国内消費が減り続ける中で、まやかし的雇用増加のトリックはいつか剥がれ落ちるときが来る。

おそらく、日本のいまの現状では、○○○ミクスの信を問うなどという馬鹿げた選挙をやっているときではない。

税金の無駄遣いを減らし、歳出を極力抑えないといけない。

そのうち円と国債は世界から信用を失うときが来る。

そうなってからでは遅い。

2014年11月20日 (木)

ツルリンドウ

Img_1713世の中なんとなく騒がしくなってきましたね。

クリスマスが近づいているから?

いや違う、原因はどこやらの国の国会議員さん。

庶民の気持ちとはかけ離れたところで勝手に騒いでいる。

この馬鹿騒ぎのために、また何億という税金の無駄遣いが行われるらしい。

堪りませんな~。

ついこの間、無駄遣いを止め、議員定数を減らすと言ったのは誰???

山村

Img_2034四国には日本の原風景ともいうべき山村や家屋がたくさん残っていて、ほんの少し車で山間の道を走るとその光景に出合える。

今日は自宅から1時間半ほどかけて、そんな山村に出かけてみた。

柚子畑の道を歩いて、写真を撮ってみたが、生憎、陽が陰り、いい写真にはならなかった。

もう一度、出直してみたい風景でした。

2014年11月18日 (火)

お天道さんに感謝

Pb030069散歩途中にご近所さんとバッタリ

道で長々と立ち話し。

積もる話しは日々食事替わりに飲む薬の数と、病気のことばかりなり。

先日、とうとう救急車で運ばれたそうな。

忍び寄る老い、こんな話しは暗いようですが、本人はいたって明るくムハハと笑い飛ばしている。

な-に、お天道さんが拝めることが出来るうちは幸せなもんさな。

拝めなくなったら?

それはそれでそんときのことさな、ガッハッハとご近所さん。

2014年11月17日 (月)

初冬のススキ

Pb160130山の日暮れは早い、午後4時過ぎ、傾いた陽は山の向こうに沈んでいく。

今日は天然の鯛切り身がとても安い値段で買うことが出来た。

なのでついでにこれも安い値段で売られていたエビを買って、寄せ鍋しました。

食べているときが一番幸せですね。

さて、明日のお天気は?

友内山-剪宇峠

快晴の今日、友内山から剪宇峠の稜線を歩いてきた。

Pb160052紅葉はすでに終わってるだろうと思ってたが、素晴らしい風景が待っていた。

Pb160088カラマツ林が続く稜線、足元には落ち葉がたくさん積もってフカフカ。

Pb160116陽の当たる剪宇峠のお地蔵さん

2014年11月15日 (土)

裸のつき合い

Pb150001好い天気、洗濯物や布団を干してさっさと温泉へ。

朝から浸かる湯船は堪りませんね。

BGMの流れるサウナ、そして海や山が見える露天の水風呂。

湯気の立ちのぼる体を外の冷たい空気にさらして、ヤホ-!

おっと、やばい、これ以上明るく写すと丸見えやがな。

2014年11月14日 (金)

水族館

2015年中に閉館することとなった新屋島水族館に行ってきた。

Img_1925

マナティ

Img_1840アオウミカメ

Img_1916ミノカサゴ
Img_1881グラスキャットフィッシュ

Img_1883???

<その他写真割愛>


なんといっても最高に面白かったのはコツメカワウソ、オスのトロとメスのメイがいますが、仕草と行動がたまらなく可笑しい。

ゼニガタアザラシのオホホ&季節バ-ジョンも可愛くて見逃せない。

子ども達の人気の的はアシカショ-とイルカショ-、そしてペンギンたちも人気者でした。

あの日プラが世界で初めてのアクリル製回遊水槽を作ったのがこの屋島水族館でしたが、閉館になるのが惜しまれます。

2014年11月13日 (木)

ヤブコウジ

Img_1714スト-ブの上でアルミにくるまれた芋。

時間が経つと、勢いよく熱い湯気がアルミを突き破りプッシュ-と噴き出る。

手袋で摑んでアルミ毎割ると、蜜を含んだ黄色くてふかふかの甘そうな実がプ-ンて現れる。

むふふふふ-、冬がやってきましたよっ!

なぬ、肥えるって?

かんまんかんまん、肥えちゃえ~。

2014年11月12日 (水)

ノブドウ

Img_1769寒-い、炬燵に続いてスト-ブを引っ張り出しました。

今日は風が吹きました、木枯らし2号?寒太郎の歌を思い出します。

♪きたかぜこぞうのかんたろ-

ことしもまちまでやってきた

ヒュ-ンヒュ-ンヒュルルンルンルン

ふゆでござんす

ヒュルルルルルルン♪


近くの池では渡り鳥が今年もたくさんやってきて、羽を休めたり、浮き草をつっついて寛いでました。

2014年11月11日 (火)

いらっしゃ-い

Img_1696
こわっ!

迫力あるな~このかまきり、どうやらメスのようです。

かまきりは交尾が終われば、メスはオスを食べることで有名ですが、昆虫の世界では珍しくないらしい。

他にもクモやタガメも、そしてアブにトンボにコオロギ、スズムシなども。

雲辺寺にライトが灯りました。

12月中旬にオ-プンする予定のスキ-場に人工雪を作っているようです。

今週木曜日あたりから寒波がやってくる。

気温は一気に5~7度も下がり、石鎚山や剣山などの高山では雪がちらつくらしい。

2014年11月10日 (月)

シマカンギク

Img_1728
           山裾の 岩にすわりて 冬の菊

 なんとなく寒くなり足腰が冷えますね、とうとう炬燵を引っ張り出しました。

2014年11月 9日 (日)

クサギ

Img_1778昼寝をした。

三時間も寝た。

今夜は眠れそうにない。

ロウソクも電気もない大昔の人は冬の長い夜をどうやって過ごしていたんだろうか。

ラジオもテレビもゲ-ム器もなにもない。

まさか、13時間も寝ていたということはないと思うが、

深夜に真っ暗な中で目を覚まして、パチクリさせていたんだろうか。

2014年11月 8日 (土)

ヤマグルマ

Pb060042マダニに好かれた女は

そいつを肌や衣服にとっつかまれたまま、五度も家に連れて帰ったが、

今度はヒルを連れて帰った。

そいつは衣服に取りついて、頭を持ち上げてウニウニしてた。

オ-、キモチワル~。

2014年11月 7日 (金)

ガマズミの実

Img_1737今日は立冬でしたが、里山を歩いてみれば、シャツ一枚で汗をかくほどの暖かさでした。

2014年11月 6日 (木)

カッパ姿

Pb060071小笠原の北、伊豆諸島の南を通過中の台風20号。

その影響で今日のお山はガスと小雨だった。

虹を見ることができましたが、稜線では展望もなく、テンション下がりっぱなしでした。

2014年11月 5日 (水)

秋空の賑わい

Pb040008土手を自転車で走っていると、なんだか楽しそうな声が…

みなさん、河川敷で、和やかにペタンクに興じています。

Pb040005見上げるとセンダンの実が頭の上に星のようにたくさん実ってました。

2014年11月 4日 (火)

古い道標

Pb030007ときおり昔からの旧い道に趣のある石灯籠や道標を見かけることがありますが、昨日偶然に発見しました。
しかも、変体仮名で「こんぴら道」と彫られています。

Pb030008横に回ると、その石には「ん」の字だけが変体仮名で「西もんやま道」と彫られている。

よくはわかからないのですが、四国中八方から金毘羅さんへ通じるこんぴら道のその一部の区間がこの西もんやま道っていうことでしょうか?

明治38年9月の建立なので、いまから109年前の西暦1905年で日露戦争勃発の年でしかもそれは9月5日でしたが、日露戦争といわれても歴史に残る遠い話しでピンときません。

2014年11月 3日 (月)

うどん県

Pb030004朝ご飯を食べずに、とある有名なおうどん屋さんへ直行。

このうどん屋さん、朝9:00に開店して11:30には閉店するのですが、8:40、開店前なのに、駐車場は満車で道に溢れ、お店の前は行列。

車の他に大型バイクで来られた方もいて、ナンバ-プレ-トを見ると、三重、滋賀、京都、神戸、大阪、なにわ、和歌山、倉敷、広島、姫路、愛媛などなど県外車がズラ-リ、驚きました。

注文したうどんはあつあつカマタマ大。

めっちゃ、美味しかったが~。

2014年11月 1日 (土)

山肌の向こうに冬の気配

Img_1526庭木の下にポトンと音を立てて落ちた大きな虫
指でつまんでみた。

柔らかくポニョポニョっとして気持ちがいい。

栄養のある葉をたくさん食べてポテポテに肥えている。

これから繭を作って、その中でサナギになって、寒い冬を越して、春にまた出ておいで…。

その時はどんな姿になってるんだろうね。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »