« ユウスゲ | トップページ | 祖谷落合地区 »

2014年7月 4日 (金)

前池の様子

金蔵寺にあるオニバスで有名な前池へ様子を見に行ってきた。

開花は8月の中旬頃なので、まだ早いのですが前池には行ったことがないし、葉が水面に出てきている頃、古いカメラでどう切り取るか、練習練習…。

P7040010JR金蔵寺駅からちょい西の四つ角から南へ左折し、細い道をゆっくり進んでいくと左手に小さな池がありました。

土手に上がると、そこからは金蔵寺の伽藍が遠くに見え、飯野山、たかんぼさん、そして大麻山や善通寺五岳山が見えています。

池はこの時期に繁茂するアカウキグサで赤い、見たことがない人は異様に感じるかもしれません。

この赤い浮き草は最近は外来種も混じっているのですが、もともとは日本自生の浮き草で、農薬などにより絶滅しかけていたもののようです。

最近、農薬が減り水質もやや回復してきたようで、繁茂するところが随分と増えたようです。

Img_6907

池の土手沿いにはオニバスの解説盤が設置されていて、すぐにそれと分かりますが、地元の方たちの活動によって、池にはゴミもなく大切にされていると感じました。

Img_6887オニバスの葉がところどころで浮かんでいます。

意外と小さな葉っぱです。

小魚がいるようで、ス-ッと泳紋が尾を引いたり、ふらふらっとオタマジャクシが水面に浮かび上がってました。

さて、他の池でのオニバスも確認してみようと再び車を走らせて、その池に近づいたところで生憎の雨…。

諦めて帰宅。

« ユウスゲ | トップページ | 祖谷落合地区 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前池の様子:

« ユウスゲ | トップページ | 祖谷落合地区 »