« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

夕方の浜辺

P7300020快晴、遠くの山も透き通るようによく見えている。

こんな日は夕焼けが綺麗に燃え上がるそうです。

なので、いつもの海辺へ出かけてみました。

P7300012しばし、夕景を楽しむ。

言葉はいらないようですね。

2014年7月25日 (金)

コウボウムギ

Img_0183この暑さ、猛烈ですね~。

明日からしばらくお山へ避暑に出かけてきます。

2014年7月24日 (木)

夕焼け

050今日は35度超えの猛暑、熱中症なのか、救急車が二度ほど自宅前の道を西から東へ走り抜けていった。

明日はもっと暑くなるそうだ。

2014年7月23日 (水)

事故だっ!

473高速を走っていると、助手席に乗っている妻が突然叫んだ。

「あ、あ、あっ!パトカ-や、警察や!」

「えっ!張り込みか?」

「ちゃう、間に合わん、間に合わんわ---!」

「なにが???」

474後部座席に置いていたカメラを咄嗟に拾い上げ、パシャパシャッ!

プロのカメラマンもびっくりの早業でした。

猛暑での運転には気をつけましょうね。

ときどきサ-ビスエリアなどによって休憩しましょう。

クガイソウ

Img_0382大山のユ-トピアに咲くクガイソウたち

昨日登ってきましたが、シモツケやオオバギボウシたちはまだ6分咲き程度でした。

Img_0374辺り一面紫とピンクの饗宴、今週末頃が見頃でしょうか。

2014年7月21日 (月)

連日、疲れますわな

Img_0032こうも暑いとな-。

ここでちょっくら一休みですわ。

2014年7月20日 (日)

ポタリング

Img_0026日中の自転車はあまりにも暑くて汗が噴き出ました。

冷たいお茶をボトルに入れて、持参しましたが、あっというまに無くなり、

途中の自販機で500ccのウ-ロン茶を購入、それもすぐに無くなり、そのうち頭がくらくらしてきました。

とうとう堪らずに喫茶店に飛び込んで一休み、今日は早々に切り上げよう。

夜になって、ポンポンと打ち上げられる花火を風の通る橋の上から眺めるのは乙なもんでした。

2014年7月19日 (土)

花たち

Img_0147ウンラン

Img_0155ハマゴウ

Img_0166ナミキソウ

Img_0180ネコノシタ(別名ハマグルマ)

Img_0172ネコノシタとハマゴウのツ-ショット

今日は古いレンズを引っ張り出して、ちょっとしたボケ味を楽しんでみた。

※キヤノンEOSKISSX3、タムロン28-300

2014年7月18日 (金)

Img_7216不動の滝へ行ってみた。

樹木の後方が滝だが、なにやらさっぱりわからん風景になってしまった。

おまけに、花も滝水もやや白飛び。

晴れてる日の滝撮影は難しい。

CPLを装着すればいいのですが、10年前のもの、効果は2年ほどしか保たないので持ってきませんでした。

買えばいいのですが、高価だし、あまり使わないので買う気なし。

今回に限って撮影条件を良くしようと思えば、お天気の悪い日を選ぶしかないようですね。

Img_7242

こちらも紫陽花が白飛び。

水に流れを作ろうとしてシャッタ-速度を下げれば、F値は22、これが限度でアンダ-補正してもここまででした。

妻に「紫陽花はないほうがええ」と言われてしまった。

2014年7月17日 (木)

死にそ-な暑さ

Img_7012あちち、あち-が-!

この暑さは尋常じゃねえぞ。

ぴりぴりと肌に刺すような暑さじゃ。

Img_6998明日から熱帯夜になるそうな。

夜中にモンモンして寝られんようになるってか、はあ~、溜息ですわ。

2014年7月16日 (水)

めんどいわ-

蓮の花本番

折角なので電車も入れてバチッといこう。

Img_7170あいや-!

シャッタ-を押すタイミングが早すぎた。

もうちょっと引きつけないと迫力がない。

Img_7171あいややや-!

シャッタ-速度を落とさないと電車が止まってしまってスピ-ド感がない。

写真はめんどいの-。

次は貨物かアンパンマン電車が来ないかな~。

2014年7月15日 (火)

ひまわり畑

仲南のひまわり畑、この日は大勢の人がわんさか押し寄せ賑やかでした。

Img_7193物見台が拵えられていて、そから見物するのが一等いい。

ちょうどJRの線路方面に向いていて、物見台の傍にはアンパンマン列車の通過時刻が掲示されてました。

Img_7187そこのけカナブン、わしゃクマバチじゃ。

お目当ては花粉でしょうか、それとも蜜がでているのでしょうか。

Img_7202畑の上にあるため池では外国人の方がたくさんいて、なにやら英語でしゃべくり倒している。

へ-、ここは外国の方にも人気スポットなんだ。

Img_7203おや?

黄色いシャツに茶色のヘヤ-、この外国の方、ひまわりファッションしてますよ。

Img_7209ひまわり写真を募集しているようで、一眼レフのいいカメラを持った方がたくさんいました。

応募して優勝すれば賞金ンン万円です、如何。

2014年7月14日 (月)

笹ヶ峰・寒風山Ⅱ

笹ヶ峰の山頂では時刻が早かったこともあって、誰もいなかったが、寒風山への縦走路へ入ったトタンに次から次へと人に出会う。

こんなにも縦走者が多いのは週末で台風一過の梅雨の晴れ間ということもあるようだが、近年の寒風山人気の所為もあるようです。

寒風山へのアプロ-チの良さに加え、整備された登山道の歩きよさ、縦走路からの抜群の眺め、そしてなによりも面白いのは笹ヶ峰から東へ、寒風山から西へと体力に応じてさらに足が自由にのばせること。

石鎚山系から赤石山系へのテント泊縦走にもいい環境にはあるのですが、林道が整備されており日帰りがしやすいこともあって、テントを担ぐ人は少ないようです。

Img_7110縦走路の展望の好いところで一休みされるグル-プ。

ここから見えている笹ヶ峰山頂には何人かの人たちが景色を楽しんでいる光景が見えていた。

空は湿度が高いためやや霞んでいます。

予報では明日からまたしばらく雨のようです。

Img_7141可憐で気品のあるコウスユキソウ

Img_7144_sp0000岩場に生えていた清楚な花、多分ですが、シギンカラマツではないかと思われます。

Img_7148こういうのはよく分かりません。

ウドやニンジンやボウフウの類なんでしょう。

伊予富士の向こうに続く瓶ヶ森への尾根筋が綺麗です。

崖にはぼちぼちとシモツケのピンクの花もあって、いよいよ山はアサギマダラが舞い、夏の花で彩られる季節が来たようです。

笹ヶ峰・寒風山Ⅰ

台風8号、香川県は幸いにも恵みの雨をもたらしてくれたが、あちこちで災害を残していった。

その台風も去って、晴れ間が広がった。

ただし、梅雨は明けてなく、日本列島は蒸し暑く、37度超しのところも。

台風一過のひとときの晴れ間なので、昨日お山へ出かけてきた。

Img_7097笹ヶ峰の南尾根に広がる笹原では景色が広がり、前を歩くみなさん再々立ち止まっては寒風山から石鎚山方面を眺めうっとり。

Img_7105コメツツジの花の蜜を吸うクマンバチではなくて、クマバチ。

頭を小さな花にツッコミ背中を丸めている姿がなんとなく愛嬌がある。

Img_7126今年お初のアサギマダラ。

Img_7136フウリンウメモドキの小さな花。

残念、ピンボケしてしまいました。

2014年7月13日 (日)

マシンガンホ-ル

Img_7089笹原のあちこちで不思議な模様の葉をたくさん見かけた。

一直線に点々と穴が開けられたものが多い。

通称、マシンガンホ-ル、笹葉がまだ芽のときは丸まっているが、そのときに虫に食べられ、葉が生長し広がると食痕がこのような模様になるという。

犯人はホソハマキモドキガという小さな蛾の幼虫らしい。

2014年7月11日 (金)

徘徊してましてん

Img_7061うろ~

Img_7063うろうろ-

Img_7065ふら~

Img_7076ふらふら-

Img_7080じゃりんこチエか?

2014年7月10日 (木)

砂浜で…

台風が来てるというのに、朝から晴れ間が出て青空が覗いた。

お天気がよいと家でジッとしておれない。

バイクに跨がって有明海岸へ出かけてみた。

Img_7019ツマグロヒョウモンのオスでしょうか。

パンジ-とかタチツボスミレとかのスミレ系が大好きな昆虫のようです。

飛んでいる姿を撮りたくて、絞りF13にして、広角レンズで見当を付けて10枚ほどシャッタ-を押したのですが、どれもボケボケで失敗。

シャッタ-速度は速くないといけないし、露出はできるだけ絞らないといけないしで難しい。

Img_7028蜜蜂が飛んでいた。

蝶と違って逃げないし、素早い動きはしないので撮りやすい。

と思ってたら、あれれ、真ん中の花を狙ったのですが、なぜか左の花に行ってしまった。

Img_7060風の影響はまったくなくて、穏やかな海でした。

各地で被害をもたらした台風8号は、この時刻には高知県室戸沖のようでした。

2014年7月 9日 (水)

三匹のわんちゃん

Img_0005

台風8号、来る、来ない、来る、来ない……

考えられる台風対策を雨が来ないうちにやっつけた。

あとは家が飛ばされないことと、裏山が崩落しないことと、川が氾濫しないことを祈るだけだ。

2014年7月 8日 (火)

祖谷落合地区Ⅳ

Img_0090ぼちぼちと坂道を下っていきますが、畑作業をしておられる方、外で立ち話をしている女性たちの姿も見え、比較的活気がありました。

Img_0066民家からはテレビの音声や、住民の方たちの会話が聞こえてきたり、随分と和やかな感じでした。

Img_0095もう少しゆっくりしたかったのですが、途中でトイレに行きたくなって、慌てて439号線へ駆け下りましたわ。

トイレを探すのに冷や汗ものでした。

2014年7月 7日 (月)

祖谷落合地区Ⅲ

Img_0088綺麗に舗装された道を歩いてかなり上まで辿り着いたのですが、そこからは一旦落合峠への車道に合流してしまいました。

その車道を落合峠方面へと歩きしばらくのところで道しるべに従い左折すると集落最上部と行くようになります。

Img_0069最上部は行き止まり。

そこから集落全体を眺める景色は抜群に気持ちがいい。

しばらく、のんびり楽しんで、引き返しますが、途中では茅葺きの屋根が風景に趣を添えてました。

Img_0074ズ-ムで引き寄せてみましたが、道のカ-ブとマッチしていい感じでした。

2014年7月 6日 (日)

祖谷落合地区Ⅱ

Img_0004木陰の下で咲く紫陽花のむこうには茅葺きの民家が…。

屋根の色合いがどうもいまいち、もう少しどっしりと落ち着いた色になって欲しいのですが、生憎と太陽は頭の真上、こういう場合はここでジッと待機して、そういう光になるまで待つか、それともRAW画像で処理することになるんでしょうね。

Img_0031道が民家を縫っていい感じでした。

Img_0025山間の静かな風景です。

2014年7月 5日 (土)

祖谷落合地区

山の帰りに眺めた祖谷の落合集落、一度歩いてみたいと思いながら、行くことがなかったのですが、今日やっと行ってきた。

Img_0001この集落は標高おおよそ500mそこそこから820mまでの急斜面にある国の重要伝統的建造群保存地区ですが、独特の建物や石垣があって、耕作地は平らなところはほとんどなく、肥えグロの敷き詰められた斜面が目立ちます。

梅雨のこの時期、紫陽花が綺麗でした。

Img_0045ジャガイモやナスビ、トマトが植えられていましたが、肥えグロのおかげでふかふかして、育つ野菜たちもなんとなく気持ちよさそうに見えました。

Img_0062カメラを構えてうろうろしていると、あちこちの軒先から犬に吠えられましたわ。

犬に向かって、怪しいもんじゃないからねと説得しても無駄ですわね。

しかし、こんなことはしょっちゅうあるのでしょう、民家の方たちは素知らぬ顔の半兵衛でしたわ。

お陰様でゆっくり落ち着いて、写真を随分撮ることが出来ました。

2014年7月 4日 (金)

前池の様子

金蔵寺にあるオニバスで有名な前池へ様子を見に行ってきた。

開花は8月の中旬頃なので、まだ早いのですが前池には行ったことがないし、葉が水面に出てきている頃、古いカメラでどう切り取るか、練習練習…。

P7040010JR金蔵寺駅からちょい西の四つ角から南へ左折し、細い道をゆっくり進んでいくと左手に小さな池がありました。

土手に上がると、そこからは金蔵寺の伽藍が遠くに見え、飯野山、たかんぼさん、そして大麻山や善通寺五岳山が見えています。

池はこの時期に繁茂するアカウキグサで赤い、見たことがない人は異様に感じるかもしれません。

この赤い浮き草は最近は外来種も混じっているのですが、もともとは日本自生の浮き草で、農薬などにより絶滅しかけていたもののようです。

最近、農薬が減り水質もやや回復してきたようで、繁茂するところが随分と増えたようです。

Img_6907

池の土手沿いにはオニバスの解説盤が設置されていて、すぐにそれと分かりますが、地元の方たちの活動によって、池にはゴミもなく大切にされていると感じました。

Img_6887オニバスの葉がところどころで浮かんでいます。

意外と小さな葉っぱです。

小魚がいるようで、ス-ッと泳紋が尾を引いたり、ふらふらっとオタマジャクシが水面に浮かび上がってました。

さて、他の池でのオニバスも確認してみようと再び車を走らせて、その池に近づいたところで生憎の雨…。

諦めて帰宅。

2014年7月 3日 (木)

ユウスゲ

四国にとっては久しぶりの雨らしい雨。

こんな日はしっとりした写真が期待できる。

なのでカメラザックに古い一眼レフと交換レンズを入れて、いつものところへユウスゲの撮影に出かけてみた。

Img_6853

田植えの終わった土手に、咲いてましたよ。

Img_6837淡い黄色が涼しそう。

Img_6827_sp0000土手の下へ降りて仰ぎ見るようにして撮ってみましたが、空はどんよりねずみ色

Img_6835思いきりアップしてみました。

珍しくピントがしべに合った。

お-、腕が上がりましたね~。

Img_6824_sp0000
ルンルン♪

このカメラ、まだまだ使えますがな。

持参した熱いコ-ヒ-がおいひ-。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »