トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

白い灯台

P3300016
讃岐三崎灯台


P3300013

鳥糞

P3300012

岡山県笠岡市六島

P3300035

るんるん♪

P3300041
ツツジ

P3300042

グイの実それとも?

昨日、紫雲出山へソメイヨシノの開花状況を確認しに行ったおりに、何年かぶりで三崎灯台へ寄ってみた。

灯台へとウバメガシの繁る三崎への道を歩いていると、妻が突然に空の上から鳥の白い爆弾攻撃に遭った。

男はこういう場合、黙ってズボンのケツで拭いて終わりだが、女はやたらと五月蠅くてキャ-キャ-騒ぎ立てる。

「キャ-、なにこれ-、なんで~???、冗談は止めて欲しいわ」

しばらく騒ぎ立てたあと、捨て台詞を吐く、てめ-覚えてろ!と言う声が聞こえたようなそれとも単に空耳だったような?

灯台からカモメの飛びかう御幸石や六島を眺めたあと、引き返す妻は意気揚々とスキップ。

「今日はうんがいい日だわ、なにかいいことがありそう♪」

      …

それは違うと思う。

きっと、運の尽きや。

道にはすみれと山桜、そして躑躅が咲き、春の岬に彩りを添えていた。

グミ(妻はグイノミと言ってた)が早くも赤く熟れていたので口にしたが、酸っぱ渋かった。

2014年3月30日 (日)

紫雲出山のソメイヨシノ

P3300058


P3300065


P3300071


P3300077


紫雲出山の開花状況が気になって、車で行ってみました。

2~3分咲きってところでしょうか、次の週末は満開かそれとも少し散り始めか、という感じでした。

今日の風景は空気が澄んでいて遠く瀬戸大橋の白い橋脚がくっきりと浮かび上がってました。

瀬戸の島はめちゃ綺麗で、対岸の福山、笠岡、倉敷がまともに見えてましたよ。

2014年3月28日 (金)

海辺の鯉のぼり

P3280109


お天気がいいので、妙見山から横峯山を経て、大浜へと歩いた。

思ったほど杉花粉は飛んでなかったのか、今日はクシャミも出ず、目も痛くなく快調。

ところが、立石山近くでイノシシに吠えられた。

一瞬ドキッとして立ち止まったが、よく見ると、かなりな大型でこちらを睨みつけている。

やばいなと思った。

動かずにじっとしていたら、身を翻してドドッと地響きを立てて、逃げてくれた。

ほっ!やれやれ、と思い歩き始めた途端、今度は小さなイノシシたちが4~5頭ほど、ドコドコドコっと飛び出してきて、同じ方向に逃げていった。

ほえ~!

恐かったな~、鳴き声はブヒブヒなんちゅうもんではなかったぞ。

ガルガルガルルガ~~だ。

わたし、その後、ときどき大声で、ガホンガホホン、ガオ--ガオ--と、おらびながら歩いたわ。

大浜の麓に降りるまで、イノシシ以外には誰にも会わなかった。

今日の収穫は、標高115.3m、四等三角点・鴨ノ越でした。

-瀬戸の風になびく鯉のぼり-

2014年3月26日 (水)

雨の遍路道

P3260020



P3260013


P3260009


お遍路さんの歩く土手道には、ハナニラや李の白い花が雨で濡れていた。

天気のよい休日にはたくさんのお遍路さんが歩いていますが、平日の今日のような雨の日にはあまり見かけないのです。

それでも時折、西から東へと、黙々と歩く姿がある。

お天気のいい日には景色を眺めながら、野鳥の声を聞きながら歩けるのですが、こんな日にはなにを思いながら歩いてるんでしょうね。

2014年3月25日 (火)

土筆

P3230081


山に行くと、梅やお茶、シキミの畑から土筆んぼの頭が面白いほど出ていた。

子どもの頃に一度だけ土手に咲く土筆をたくさん採って、母に見せたら、大いに喜んでいた。

その夜、その土筆が甘辛く煮込まれて、食卓を飾ったが、苦くて、美味しいとは思わなかった。

それに懲りて、次の年からは土筆が出てきても、採ることはしなくなった。

土筆んぼ 空につんつく 背伸びして

2014年3月24日 (月)

朝霧


P3230002



昨日、金砂湖を車で走っていると、朝霧が発生していました。

車から降りて、写真を撮ろうとしていると、丁度、そこへ若者たちがボ-トに乗って、釣りに出かけようとしていたので、シャッタ-チャンスを待って、パチリ。

このあと朝陽が差し込んできましたが、平野橋を渡って銅山川を遡る頃には朝霧はなくなってしまった。

お天気のいい日にはしばしば朝霧が発生するのですが、朝陽が差し込み空気が暖まると、あっという間に霧は消えてしまうようです。

この日の風景は少し霞が掛かってはいましたが、一日中雲もなく快晴でした。

2014年3月23日 (日)

春蘭

今日も山の中

青空の下で弁当を広げて食ってきた

うまかった

P3220039_2


-昨日の飯野山で出合った花-

2014年3月22日 (土)

里山の花たち

P3220002

ナガバノタチツボスミレ


P3220003

セントウソウ


P3220006

アマナ


P3220014

ヒサカキ

P3220027

ケスハマソウ


P3220026

ケスハマソウ


いい天気、里山はすっかり春ですね~

アンジ-パパさんに誘われて飯野山を歩いてきましたが、集まったメンバ-はなんと賑やかなことか、口から先に産まれた元気印の方たちばかり、温和しいのはわたしと佐々連さんだけ。

因みに集まったのはアンジ-パパさん、があべらさんのピ-チクパ-チクご夫妻とご子息三人さん、グッと存在感のあるY中さんご夫妻、初めてお会いしたkeitannさん、そして佐々連さんとわたしたち夫婦。

わたしの妻は決してピ-チク派ではないのですが、時折奇声を上げるハイテンション派。

keitannさんをお会いするまでは

しっとりと落ち着いた頭脳明晰派とばかり思ってましたが、しゃべるわしゃべるわ、しゃべり倒してました。

おかげさまで登り始めから下山するまで賑わしい山歩きを楽しめました。

コ-ヒ-にまんじゅうに、甘くて美味しいものたくさん、ごちそうさま~。

展望のいい岩場から眺めた中讃平野は、西陽を受けて輝いてました。

2014年3月21日 (金)

親切心

P3150004



小さな親切に大きなお世話という言葉がある。

いくら親切にしてあげようと思っても、親切を売り物にするようなことでは、大きなお世話となってしまう。

例えば、前を歩く人が落とし物をしたとしよう。

拾ってあげて、声を掛ける。

「もしもし、落とし物ですよ」

「あ、はいはい」

   ………

そのまま無言で別れたあと、拾ってあげた人は、なんだあいつ、お礼の言葉もねえや、と怒っている。

後味悪いですね。

山を歩いていて、よくあることだが、下っていて、登ってくる人に避けて道を譲ってあげる。

登っている人は一言もいわずに、無言で登って行ってしまった。

道を譲ってあげた人はムカついている。

登っている人が団体さんで誰も礼を言わなかったならよけいに怒り心頭となる。

そんなのはまだいい方で、下っている人が避けずに登っている自分が避けてあげる。

挨拶しても返事も何もない。

むかつくよね~。

しかし、よくよく考えると、拾ってあげて、あるいは避けてあげて、お礼の言葉を当然のように期待している自分がいる。

だからムカつくのです。

期待するくらいなら、最初から拾わなければいい。

避けなければいい。

しかし、それではいけないよな。

やはり拾ってあげて、避けてあげて、それが親切心というものです。

そして、お礼など期待してはいけないのです。

挨拶が返ってこなくても、それはそれでよし、そういうこともある。

山を歩いていることに集中して楽しむ心があれば、親切は決して無駄ではないのです。

無心になる、それが仏教でいうところの人生の修行なのです。

なんまんだぶ~

2014年3月20日 (木)

雨でした…

P3020006_2



晴れたかと思ったら、また雨が降り、菜種梅雨っていうんでしょうか、この時期よく降ります。

テレビを眺めていると、今年の春闘回答はあちこちで何年ぶりかのベ-スアップで、働く人たちもちょっぴし笑顔がこぼれている。

しかし、よく観ると、大企業ばかりで、中小企業はどうなってるのという感じだわ。

この様子だとあまり期待できそうになく、なんだかな~、やっぱり格差社会ということでしょうか。

それにベアがあったところもよく中味をみていると、ここのところの物価上昇にも追いついていないし、ましてや4月からの消費税3%にも届いていない。

3%といえば、例えば月々20万円の家計でやりくりしている家庭では6000円のベアがないと追いつかない。

子どもさんがいる若い世代の家庭では大変な状況だと感じてるが如何なものでしょうか。

ス-パ-やホ-ムセンタ-などでは買いだめの人たちで賑わっているらしい。宅急便なども今月は忙しくて悲鳴を上げているとか。

来月以降がどうなるのか心配ですね。

2014年3月19日 (水)

人と動物の違いは…

P3080128



人も動物もいつかは死を迎える。

しかし、その決定的な違いは、自然界の動物たちには老死というものは存在しない。

弱肉強食、少しでも弱れば老化する前に他の強い動物に食われてしまう。

従って、呆けることもなく、徘徊することもなく、寝たきりになることもない。

人間は食われることを知らないから、ありとあらゆる治療を施して、生きて生きて生き抜いてしまう。

なので老化という他の動物にみられない時期を過ごさないといけない。

人間以外に老化を辿る動物は、いないこともない。

それはペットもしくは動物園の動物たち、公園などで放し飼いされている動物たちくらいだろうか。

2014年3月18日 (火)

天候と気温・湿度・気圧


気温と天候

Kiongra



湿度と天候


Situgra3_2


気温・湿度・気圧と天候

Kisho15



低気圧が近づけばお天気は崩れ、高気圧が覆うと晴れる。
低気圧が複数で日本列島を挟み込むと天候は荒れ、さらにその上空に寒気団が来ると、一段と荒れ狂う。
高気圧も低気圧も自ら動くことはなく、偏西風の動き次第。

高気圧も低気圧ももともとはゆっくりした大きな竜巻みたいなもので、高気圧は上空から風を時計回りに吹き下ろす、ゆえに特に地上では気圧が高くなり、低気圧は反時計回りに空気を吸い上げる、ゆえに下層の空気は薄くなり気圧が低くなる。
低気圧は湿った空気を上層に運び、そこで水蒸気は冷えて飽和状態となり雨となるが、高気圧は上空の乾いた空気を下へとゆっくり吹き下ろすために、水蒸気は暖まり拡散してしまう。

上記グラフのとおり、湿度・気圧・気温をグラフにすると天気は一目瞭然。
湿度・気温・気圧計で変化を測っていればある程度天気の動きは読めるようです。


(注)それぞれのグラフは他のところからのお借りものです

2014年3月17日 (月)

自由奔放な思考

P2120031_2

1,5,10,15,20,25,30,35,40、?…さて?に当てはまる数字はとくれば

45と考えるのが画一的な人間で、本当の答えは実はどんな数字でもよいのです。

画一的な考えをしてしまう人間を作り上げてきたのが、日本の学校教育で、自由な発想や応用のない人間に育てあげてしまっているのです。

他にもある、例えばモノの値段、お店に行って、気に入ったモノがあるとその定価を見て、その値段で買う。

せいぜい○○%OFFの値札を見てにっこりと支払うのがおち。

特に男性は店員さんと交渉しない。

買い物というのは決められた値段が正価だと思い込んでしまっているのが画一的人間の証拠。

ものの値段は売る側と買う側とでその場で自由に主張して決めるものという考えが画一的な学校教育のお陰で欠損してしまっている。

ただし、なぜか大阪のおばちゃんだけには通用しないのはなぜだろう?

「にいちゃん、恰好いいな~、この店気に入ったで、次も通りかかったら買うから、まけてや、な、600円にしいや」

定価はなんと1600円なので1000円の値引き交渉でした。

「そらなんぼなんでも無理ですわ、そうやな~、1200円だったらええかな」

「もう一声、優しいにいちゃん大好きやで、650円にしい」

なんとおばちゃんは50円の妥協しかしない

「おねえさんにはかなわんな~、ほんじゃしゃ-ないわ、崖から飛び降りて1000円にしとこ」

「ねえちゃんゆうてくれてうれしいわ、あんた、チュ-したるわ、だから700円にしい」

値段は値札が決めるものではなく、売り手と買い手で折り合った数字が値段、大阪のおばちゃんが大正解なのです。

多くの日本人よ、画一性から脱却し、いまこそ自由な発想に目覚めよ。

2014年3月16日 (日)

コンパスいろいろⅣ

2



41lfgxvebtl



コンパスと地図で山座同定したり、現在地を把握するのって結構楽しいですね、因みに昨日の解答は丸亀城でした。

ところで、問題の中では方位角を下二桁まで出してましたが、この数字は普通のコンパスでは読むことはできません。

市販の求めやすいコンパスで比較的性能の高いのはレンザチックコンパス(ミルコンパス)といって、軍隊が使ってたものを市販用に改良したものです。

しかし、それでも角度はせいぜいのところ小数点までもは読むことは困難。

小数点以下を出す方法は、カシミ-ル3Dですので参考までに。

※下写真がレンザチックコンパス

2014年3月15日 (土)

コンパスで遊ぶⅢ

Photo


上記地図は飯野山とその周囲にある香川の里山です。

この山の遊歩道を歩いて登ると一周とちょいほどで山頂に着きますが、そこからはたくさんの景色が楽しめます。

北には瀬戸内海が広がっていて、ぽっかり浮かぶ島々と巨大な瀬戸大橋が白く光って見えたり、多度津の造船所にあるクレ-ンが林立している風景が楽しめる。

西方面には高速道路の先に天霧山や五岳山、南西には金毘羅さんがある大麻山、南東には大高見峰、東には城山が見える。

飯野山に限らないのですが、初めてその山に登る人にとって、それらの景色は地図を見ながらの山座同定をしないことにはどの山がなんという山なのか分からない。

そこで地図とコンパスで山座同定をしてみることにしました。

地図は1/50000、この縮尺だと遠くの山は無理ですが、近くの山はたいがいは入っているので、山座同定には便利。

まったく知らない山に登って、コンパスと地図で山座同定をするには、磁針による方角だけではできないことで、一番大切になってくるのが角度、いわゆる方位度。

オリエンテ-リング用のコンパスにはくるくるっと回る丸い方位度がついているので、これを回しながら、角度を測ります。

因みに北は0°もしくは360°、東は90°、南は180°、西は270°となります。

実際の北と地図の頭の北とをコンパスの磁北線で合わせます。
(磁北線が分かっている方はもうすでにコンパスと地図の扱いに慣れている方なのですが、地図は頭が常に真北に向いて印刷されており、コンパスの磁針は真北とはずれて、やや西に傾いて指していますので、これは別途本やネットで勉強してください。)



飯野山山頂からは周りの景色はほとんど見ることができないのですが、地図で方位度を測ると…

東北東方向にはゴルフ場のある城山、角度は67.01°

北北西にある青ノ山は323.28°

そして金毘羅さんのある大麻山は211.56°でした。

次に遊歩道のそちら方面の見える位置に移動して、その方位度でコンパスで測り、景色を眺めると、それらしき山の頂が見えています。

コンパスについている定規を地図に押し当て、距離を測ります。

城山はおおよそ4.4km、青野山はおおよそ3.7km、大麻山はおおよそ10kmでした。

実際に眺めるその山までの距離は目測になりますが、ほぼ特定は出来るようです。

お天気のいい日には山座同定は容易ですね。

また現在位置を特定するには、この方法で確認出来た山頂から角度を元に地図に線を引くと、交わるところが現在地になるということです。

山座同定が一つでは線引きは一本ということになりますので、その線の上のどこかになりますが、同定する山が二つあればおおよその位置は把握でき、三つあればより正確に把握できます。



それでは問題です。

飯野山から離れて他の場所に移動しました。

そこからは飯野山が106.74°、大麻山が186.06°の角度で見えています。

さて、どこでしょう?

ヒント…同じく青ノ山が51.56°の角度で見えていました。

2014年3月14日 (金)

コンパスあれこれⅡ

P3140001

41wcjd1gol



今日もコンパス(オリエンテ-リング用)で遊ぶ。

コンパスは容易に角度が測れるので、当然、山の斜面のおおよその角度も測れます。

その場合は板のところを水平にしてくるくるっと回すところを軸にして斜面の線に合わしてやると、だいたいの角度が分かる。

山の斜面は横から眺めてやると斜面の線がくっきりと目に映りますので、カメラを水平にして横方向に写真を写してやると、より精度が高まる。


コンパスにもいろいろありますが、山では磁針だけの丸いコンパスは使い物にならない。

上写真は普段から使っているオリエンテ-リング用のコンパス。

地図の上で方向が把握しやすく、角度も測れ、板には普通の目盛りと1/25000と/50000縮尺地図に対応した目盛りがついている。

下はちょっと変わり種で、これだと値段は高いのですが、方位がより正確に読み取ることができる。

目盛りのついた透明な板は写真上のオリエンテ-リング用と同じ。

異なるのは鏡のついた蓋様のものがあり、蓋の上にはスリットがついている。

目的の風景をここに納めて、鏡の中央に描かれた線と鏡に映った磁針の中央が重なるようにしたまま、鏡を見ながらダイヤルを回し、磁針とダイヤルの矢印を平行に合わせる。

こうすることによって目的の方向を正確に捉えることが出来ます。

また、冒頭に書いた斜面の斜度もより正確に測れるように、板の中程に赤い印がついているので、これに合わせて数字を読むだけでよいようです。

便利ですが、少し値段が高いのが玉に瑕。

2014年3月13日 (木)

コンパス

Dsc02265



今日はコンパス(方位計)でお遊び。

コンパスにはぐるりっと360度の方位度が刻まれていて、これが角度になっている。

角度を60度ずつとり、線を引くと正三角形を描くことができる。

コンパスは南北の磁石の針も大切なのですが、もっとも大切なのがこの角度。

これを応用して、進むべき方向と位置を定めたり、現在地を割り出すようになっているのですが、見知らぬ街へ出かけて、地図を片手に現在地を割り出したり、目的地へ向かってオリエンテ-リングをしてみるのも結構楽しい。

街では高くて特徴のある建物がたくさんあるので、現在地を割り出すのは比較的簡単なのですが、いざこれが山となれば、難しい。 現在地がすっと把握できたら、迷わずに歩くことができるのにな~と、いつも思うのです。

2014年3月12日 (水)

遍路道の散歩

P3080138

いつものお遍路さんが歩く散歩道

今日も69番札所観音寺から70番札所本山寺へ向かって歩く一人の方とすれ違った

不思議なことに両寺ともに山号は七宝山、観音寺は琴弾山の麓にあるのですが、山号はそうではないらしい。

因みに68番神恵院も山号は七宝山となっているので、七宝山は空海縁の山となっているようです。

川床に降りて、流れる水の中を覗いてみたが、今日は藻の中にでも潜んでいるのだろうか、小魚たちは見えなかった。

目の隅に、茶色っぽい物体が葦の茂みにツツ-ッと走って入って行った。

あちこちでウグィスがチョロチョロと走ったり飛んだりしている。

目を懲らしてみると小鳥はウグィスばかりではないようで、いよいよ活発に動いている。

ホ-ケチョ、ホケチョ、まだ練習が足りてないようだ。

ここお遍路道のある川床は葦が茂り、野鳥たちの楽園になっている。

※写真と文は無関係

2014年3月11日 (火)

P3080141


餓え来れば飯を喫し、困れ来れば即ち眠る

-大珠慧海-

腹がへったらご飯をいただく、ねむくなれば眠る、それが禅である。

ある本にそう書いていた。

あいや~、禅の修行ってえらい簡単や、と思ってたら、やはり違うかった。

ご飯を食べながら、新聞を読んだりテレビを観たりあれこれと考えたりするな、布団に入って妄想をするな、そいうことらしい。

出来そうで出来ないのが禅らしい。

2014年3月10日 (月)

一人よりは二人

P3080142_2




汽車の中で買ってきた一個の焼き芋を、くるんだ新聞紙の中から取りだした。

熱々の美味しそうなにおいがした。

隣に座っていた見知らぬ人に食べないと言って半分こにしてあげた。

一人で食べるより二人で食べるともっと美味しい。

一緒に食べてくれてありがとう。

                          -詠み人知らず-

2014年3月 9日 (日)

鶏足山Ⅱ

P3080085



P3080053



今日は自宅で布団を干したり、美味しいうどん屋さんに出かけたり

のんびりくつろいで、骨休め。

なので昨日の鶏足山の写真を再びアップ。

一枚目は鶏足山から東へ行ったところの三角点・重松南付近の残雪の小ピ-ク

二枚目は岩場の崖上から眺めた黒滝山から吉野川へと落ち込む尾根筋

眺めるほどにいい尾根です。

モデルがイマイチでしたわ。

鶏足山

P3080088_2


P3080067_3



残雪の祖谷の山並みと

雪融けのゴロゴロ斜面からひょっこり現れた福寿草

まだ咲き初めなので、葉が十分に出てなくて、チリチリ、福寿草は花が先行して咲くんですね

2014年3月 7日 (金)

モノレ-ル

P1290045_2


腹は寝るまで立っている

-光 秋-


なるほど~

2014年3月 6日 (木)

七宝山から

   P1290070


いつもなにかを学びながら年老いていく

-ソロ-ン-


ところがどっこい所さん

学んだというのは思い過ごしで、いっちょも学んでない

その場で片っ端から忘れていくわ、都合のいいように解釈したりねじ曲げるわ万事が万事そうなんですわ

そうやってお墓に行くのであります。

おだいじに~


今日も裏山へ、吐く息が白くて、途中で粉雪が舞いましたわ。

2014年3月 5日 (水)

みかん畑

P1290024


われ男の子意気の子名の子つるぎの子

詩の子恋の子あゝもだえの子


-与謝野寛-


血気盛んな男の子の歌ですが、こんな男の子がすくすくとたくさん育って欲しいものです。

午前中は雨でしたが、午後のひととき晴れ間が出ました。

トップページ | 2014年4月 »